「東京にこんな場所があったんだ・・」息をのむほど感動した場所

スポンサーリンク

突然ですが、この風景はどこか分かりますか?

小石川植物園 おすすめ

木々の隙間から光が射し、何とも幻想的な風景。

トトロが出てきそうな樹木。

うっそうと生い茂る雑草たち。

そう、ここは・・

東京都の植物園、『小石川植物園』

山手線の内側にあり、東京の中心部。
坪単価で考えると、おそらく目が飛び出るくらいの価格になるのではないでしょうか。

そんな場所に、広大な面積を有する植物園。

小石川植物園 イチョウ

我々夫婦は実は、大の「植物園好き」。

関西のいろんな植物園を回っております。

最近の植物園は趣向を凝らしている所が多く、面白い。

その土地の自然を個性豊かに紹介しています。

子供達も植物園で散歩をすることが好きで、
「探検だぁ~」
と言って、せっせと歩き回っています。
 
にほんブログ村テーマ 子どもと公園へ
子どもと公園

 

さて、この植物園の凄いところ。

小石川植物園 5月

手入れをわざとしていない、自然のままに任せている箇所が沢山ある。

この季節、藤棚を作ったり、つつじを咲かせたりする植物園が多い。

そういった趣向はあまりない。

ビルがもしなければ・・
民家がもしなければ・・

東京はこんな自然に溢れている街なのかなと思わせる、無造作な感じ。

 

私達が普段訪れる植物園は、元々山に近い場所にあり、野山か植物園か境があいまいな部分があります。

こちらの敷地の周りはコンクリートの道。民家やビルが数十メートルも空かずに建ち並んでいます。

ここだけ、孤立した島のように自然が隔離されています。

 

植物にあまり興味がなく、「えー行かないよ」と言っていた小学生の甥っ子姪っ子も一緒に回りました。

東京育ちの彼らは、普段ショッピングモールや都会的な散策が好き。始めは、何にもない自然だけの空間に飽きそうな様子でした。

補正されていない道を積極的に歩く。

行き止まりかな?と思うところも、地図を見ずに挑戦しました。

ちょうちょを見つけたり、タンポポの綿毛を吹いたり。

ずんずん森の中に入っていくと、
「こんなに自然がいっぱいなら、いつの間にか恐竜の世界にタイムスリップしそうだね。」
と想像力を働かせたコメントをもらいました。

私達大人が思っている以上に自然の何かを感じ取っていたみたいです。

子供の足でゆっくり回って(1歳児も含む)、だいたい70分程度。

 

特別な遊具があるわけでもなく、アクティビティができるわけでもない。

 

ただただ、自然がそこにある。

甥、姪「今度は秋に来たいね」

と提案してくれました。

 

ゴールデンウィークでも、入り口付近の駐車場は空いていました。

首都圏には、回り切れないほどの施設や遊び場があります。

どこも魅力的です。

ただ、こんな都会に・・と息をのむほど感動した場所はないかもしれません。

地方では当たり前の光景ですが、ビルが立ち並ぶこの街に、樹齢数十年もののケヤキやイチョウがすっくと生えている様子は、自然の偉大さ、強さをまざまざと見せつけられ、自分が普段悩んでいることがすごく小さいもののような気がしまてきました。

また必ず訪れようと思います。

 

【おすすめトラコミュ】


身近な自然


風景写真~♪


写真大好き、自然大好き

 

ランキングに参加しております。
下の写真にクリックして下さいますと嬉しいです。
更新の強烈な励みにします。


にほんブログ村

 

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • こんにちは〜
    ヴィラです〜すごく久しぶりにコメントします。
    東京にいらしてたんですね!小石川植物園いいですよね。
    東京の下町いがいに残ってるんですよね〜
    男子2人を遊ばせるなら新宿御苑もオススメです。芝生もいいし、「母と子の森」エリアがなかなかいけます。夏は蚊がスゴイですが…
    あとは舎人公園もいいですよ。
    あらかわ遊園は幼稚園の遠足で行きましたが、子どもたちがチケット使わない乗り物に乗りたがって散財した記憶が。でも楽しいですよね。

    GWはいいお天気だったから、子供の笑顔見たさに頑張っちゃいますよね。

    ではでは!

    • ヴィラさま

      コメント嬉しいです。
      ありがとうございます。

      新宿御苑!テレビでしか拝見したことなかったです。
      皇室や有名人しか入れない所だと思っておりました。一般人でも入れるですね(地方出身コメントお許し下さい)。
      今度、是非チャレンジしてみます。

      舎人公園は何度か遊びに行っております。
      広くて、安心して走り回れますね。でも、まだまだ未開拓のエリア満載なので、次回より深く散策してみます。

      子供が生まれる前は、東京は大人の街だと思い込んでいました。
      子供を授かってから、東京はなかなか子供に配慮した点が多いなぁと再認識。
      大好きな街です。

      今度はお盆休みに帰省予定です。

  • 初めてコメントします。

    小石川植物園、懐かしくてついコメントしたくなってしまいました。
    小さいころ、家族で楽しんだ記憶がいまだに色濃く残っています。

    私もこの4月から育休明けで2男児の共働きママです。
    ぽにさんの記事を読みながら、さつまいもを蒸して冷凍したり、これからの日々に心も準備をしているところです。(少々準備が遅いですが笑)

    お互い怒涛の毎日だと思いますが、体調だけは崩さぬよう過ごしたいですね。

    • きてぃさま

      コメントありがとうございます。
      すごく嬉しいです!

      お忙しい中ブログに寄って下さり、コメントまで頂けたこと、本当に感謝しております。

      小さい頃に、ご家族で小石川植物園に訪れたとは、なんて贅沢な想い出でしょうか。
      特にこれという派手なアトラクションはないですが、じーーんと心に残る場所ですね。

      きてぃさんもワーキングマザー復帰なんですか。
      私は本日朝、全く上手くいかない段取りに凹んでおります。
      あーあ。
      コメント欄に愚痴ってすみません。

      準備が遅い方が素敵だと思います。柔軟に対応できますし。
      準備し過ぎると、予定通り進まない自分と家族にイライラしてしまったり。
      良くないですね。

      よろしければ、またブログに遊びに来てください。
      お待ちしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!