どうも『つくりおき』に追われている気がします・・

スポンサーリンク

作り置きおかず、通称『つくりおき』をされている方は多いのではないでしょうか。
共働き、お子さんが小さくて大変な方、介護で悪戦苦闘の方・・
時間的余裕のない世帯では、取り入れることがマストのように謳われております。

まさに私もその1人、つくりおきこそ救世主だと思っていた節がございます。

以前、このブログでも取り上げた話題です。

 

『つくりおき』、意外と難易度が高いと近頃感じるのです。

本屋で山積みされてあるレシピ本。
1時間で何品とか、やさしめに書いてありますが、結構高度!!
と思うことあり。

そんな中、同じことを友人も感じていたようです。

友人「つくりおきの本を買ったんだけど、これがなかなかしんどくて。」

何でもすぐにソツなくこなす彼女。
私とは全然違うのに、意外!

私「へーどういう所が?」

友人「まず、新規のレシピを作る時点で、いちいち文章を読まなくちゃいけないし時間がかかる。」

私「ふむふむ」

友人「2時間で10品という本なんだけど、レシピ通り作ると実際3~4時間かかった。慣れるまで、毎週末3~4時間かけるなんて、重荷過ぎる。」

私「それはしんどい。」

友人「そして、子供達はいつもと違う味付けに戸惑い、10品のうち半分以上食べてもらえなかった。」

私「ゲゲ!新規で必死に作ったのに食べないとショックー」

友人「で、その週はずっと10品目を食べなくちゃいけないから、飽きる。」

そう、そうなのだ。
自分の作った物に追われるのだ。
これはツライですよ。

そして、週末に多くの時間をとられるか、毎日約30〜60分の料理をするか、どっちが大変かというと・・
ドロー
どっちも大変!!

我が家は1歳と3歳の
「抱っこしてーーー」
「手伝ってーー」
をいなすという必須事項もついてくる。

料理時間が2、3倍かかることも日常。

友人と2人で出した答え。

つくりおきは、家族が必ず食べてくれる品を数品にする。
やっぱり週末の時間は無理を感じない1時間以内がベスト。

さっそく、子供が食べるおかずを作ってみました。
不器用な私。
短時間料理のつもり(☚1時間ギリギリ)。

e0349351_07230355.jpg

目新しくも何ともないですが、こちらは家族が必ず食べてくれる『つくりおき』。
前記のブログ記事と品、色、味も似ている・・

これなら楽勝か?
いやいや。
試行錯誤がつづく日々。
やっぱりレシピも増やしたいし・・

でも、『ラクする』ために頑張った産物に追われる、カナシイ習慣は辞めようと思います。

奮闘は続きます。

あまりに大変な時は、お惣菜購入も検討しようかな・・
共働き生活、いろいろ限界なので。

またブログに書きますね。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。ランキングに参加しております。
写真にクリックして下さいますと、ワーキングマザーの方の記事に飛びます。
どの方もおすすめです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
世の中には、素晴らしいアイデアをお持ちの方がいるのですね・・

にほんブログ村テーマ *簡単レシピ*美味しいおウチご飯へ
*簡単レシピ*美味しいおウチご飯

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!