主人の誕生日と重要な接待が重なった件

スポンサーリンク

「先方と会議の後、食事会をしたいから空けておいてくれないか。」

この間、部署のトップから、お願いされました。
私は滅多に接待はございませんが、今回は仕事上、本当にお世話になる相手。

「はい!承知いたしました。」

自らが主担当者になるため、外す訳にはいかないことも分かっていました。
もちろん、即答でお返事。

さて、主人に子供達をお願いしなくては・・
と思っていた矢先。

・・・はっ!
その日は主人の誕生日では!

e0349351_08405216.jpg

この間、数年に1回の社員旅行がありました(と言っても、近場)。
食事会をしたホテル。
プライベートでは行けませんが・・会社よ ありがとう~

慌てて日付を見直す。

間違いない。
どこからどう見ても誕生日。

断るか。
いや、待て。

子供がいるということで、トップは常に気を配ってくれています。
配慮してもらっていることは私も自覚しまくっています。

コースは総合職、このコースにしては、無茶ぶりは少ない。

自己都合、ましてや配偶者の誕生日で外してもらうなど・・
主担当なのに・・

ぐるぐるぐるぐるぐる

子供の誕生日なら即外してもらいますが、主人は悩みどころ(ごめん!)。
悶々としながら帰宅。

主人に相談しました。

主人「行って来たらいいよ。そんなの優先しなきゃ。」

私「えっ、でも、去年はケーキもご馳走も用意したし。」

主人「それは育休中だからできたことでしょ。俺はもう何十回目だし、別になくてもいいよ。誕生日の行事にこだわらない家庭に生まれ育ったしさ。」

私「ありがとう。じゃあ行かせてもらうね。」

と話はまとまりました。

e0349351_08405246.jpg

まだ赤い紅葉が鮮やかでした…

人間とは不思議なもので、何故モヤモヤするのでしょう。

何もなければ、彼の誕生日はこんなに気になりませんでした。

いわば繰り上げ当選です。
平日が誕生日だと改めて週末にね。と軽く流すのに。

仕事に家族の行事を潰されたような気がして、大切な記念日として価値観が上昇してきます。

主人「大丈夫。ポジティブモンスターだから。ポジモン、ゲットだぜ!」

と昨夜の逃げ恥のサブキャラのセリフをさっそく引用する彼。

ちょっと意味が分からないと流す私。

そっか。
切り替えて、接待に臨みます。

ごめんよ主人。
借りは返すからねーー

余談ですが、接待の日は母が来てくれることになりました。遠いのにありがとう。
何やかんやで周りの人や、会社にも良くしてもらっています。
働ける環境にただただ感謝の毎日です。

 

 

おすすめのブロガーさん達の情報が満載です。
非常に参考になると思うので、お時間のある方は是非こちらのバナーで他のブログも寄ってみて下さい。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!