兜を飾るとおうちが華やぐ季節になりました

スポンサーリンク

三姉妹の次女として生まれた私。
自分の子供は女の子が産まれるものだと勝手に思い込んでいました。

かたや、主人は三人兄弟の三男。
彼は、自分の子供は男の子が産まれるものだと勝手に思い込んでいたよう。

現在、息子2人。

完全に、私側が敗北というかたちになりました。

まぁ、勝ち負けの問題ではないですが・・

 

「兜を買ってあげたい。今、デパートにいるから、どんなのが良いか言って」

3年前、休日に突然、義父から連絡が入りました。
兜って、何?

えっ!カブトムシは困るよ。
トンチンカンな妄想をする嫁の私。

姉妹で育った私にとって、兜と言ってもピンときません。
主人「いや、そんな大きいのはいらない。」

主人「えっ、小さくて半畳は使う?いや、うちは1LDKだよ。」
自分の父親のテンションを頑張って抑える主人。

確かに。
プレゼントして下さることは非常に嬉しいですが、我が家はコンパクトタイプ。
主人「どうにか、鎧が付いているのは避けてもらった。とにかく小さくて良いと言ったから。」

それから数日後・・

兜御一行が贈られてきました。

1メートル四方ほどのダンボールで来たので、

これは・・まさか・・

と思っていましたが、一つ一つの小物が丁寧に梱包されていただけ。

組み立てればコンパクトな兜か完成。

人生初の兜。

私、気に入っています。

カッコええやん!!

それから、端午の節句が好きな行事になりました。

飾り始める3月頃に毎年ウキウキ。

本年は、直射日光が当たらず、傷みにくい所に置きました。

民芸品とバルミューダのコラボも悪くないかも。

来年はどこに飾ろうか・・
ちなみに、段ボールは全て処分しました。

違う箱を購入し、まとめて収納。

畳や屏風もカッコいいけど、それがなくて良いかもしれない。
また違った形で飾りたいな~
男の子育児も華やぐ時もあるのね。
と新しい発見をする日々です。
(義父に感謝!)

 

 

最後まで読んで下さり感謝しています。
ランキングに参加しております。
下の写真にクリックして下さいますと嬉しいです。

にほんブログ村

 

【おすすめトラコミュ】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!