恐れていたことが起きました・・共働き重要ポイント【3つ目】

スポンサーリンク

共働き重要ポイント、最終回です。

3回もお付き合いいただき、誠にありがとうございます。

その前に、ご報告。
恐れていたことが起きてしまいました。

昨日、保育園から電話が。

先生「いつもお世話になっています。あの、今日はお弁当なんですけど・・」

私 「えっ!今月ってお弁当にまつわる行事が2回ありましたよね。」

先生「ええ。本日も遠足なんです。」

なんてこったい!!
お弁当、ど忘れしていました。

私 「申し訳ございません!!すみません。どうしましょ。」

先生「今から持って来れますか?」

子供達を送ったあと、一度家に帰ってきます。
支度をして、会社に行きます。
ちょうどその時に電話がかかってきました。

えーーっと、今からだと、
ご飯を炊いて、、
すっ少なくとも私の技術じゃ40分ほどかかる。

保育園も往復車で約30分。

会社、休むか。
いや、今は繁忙期でちょっと仕事も溜まっています。

私「すみません。持っていくことは厳しいです。」

先生「分かりました。コンビニでおにぎりを買います。何かアレルギーとかなかったですよね。」

私「大丈夫です・・(半泣き)」

ショック、やってしまった。

心の中で「ごめんねごめんね」と連呼しながら、会社に行きました。

かなり落ち込みました。

遠足セット、全て持たせていません。
虚しい思いをしていたらどうしよう。
いやしているはず。

同僚達にその旨を話し、涙がポロリ。

ダメな母親だ。

と落ち込んでいると・・

ん?

e0349351_06430298.jpg

ビスコとメモ。

そうです。

同僚からの励ましの言葉と差し入れでした。

ありがとう・・

この後も、何人もの人からの激励と、
「子供最優先でねー」
の言葉を頂きました。

保育園のお迎えから帰る時、
息子を抱きしめ、

「お弁当忘れてごめんね。」
と言いました。

息子は、
「おにぎり、おいしかったよー。シートも新しいのだったよ。」

えーーーん。
いつも本当にありがとね。

さて、本日の本題。
共働き重要ポイント【3つ目】

強い心を持つ
*****************
今回紹介した「お弁当忘れ」のように、自分以外の大事な人に、迷惑が掛かってしまうことがどうしてもあると思います。

特に、私のような迂闊人間は、往々にして。

この繰り返しにも耐えられる、強い心、乗り越える心を持つことが重要になってきます。

負担や多忙が重なると、担当している業務の質が落ちることがあります。

共働きをすると、家事や育児、仕事やその他のしなくてはならない業務が増えてきます。
否が応でも一つ一つの質は落ちます。

会社での評価も落ちるかもしれない。

実務だけでなく、人としての風評も。

子供にもいろいろ負担がかかるかも。

山あり谷ありです。
無理ならば、一休み。

私もまだまだダメ過ぎて、もう情けなくなります。

とにかく、強い心か・・
自らも反芻。

最後まで読んで下さった方。
しっかりしている自分のノウハウをお伝えできなくて、申し訳ございません。

これからも、「あちゃ~」を満載でお届けします。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ふら〜と開いてみたブログのこの記事、まさにこども2人で最近育休明けの私には涙ポロリでした。。。子どもが体調不良が続き、復帰1ヶ月もたってないのに何日もお休みをいただき、会社にも申し訳なく感じ、その度に「子どもを優先させて」という言葉に感謝と恐縮する気持ちです。。。お弁当会、息子さん楽しんでくれててよかったですね!会社の方々もとても素晴らしい方がいて幸せですね!

  • あおぺこさま

    コメントありがとうございます。
    ふら~っと開いて下さり、嬉しい限りです。
    感謝しております。

    あおぺこさんの会社の方々こそ、素晴らしい雰囲気です。
    でもでも・・恐縮するお気持ち、非常によく分かります。

    復帰間もないと子供も大人もプチパニックですよね。
    私は半年経ってもパニックの時がありますが・・ただ、確実に半年前より親子で成長していると思っております。

    お互い綱渡りなことも多いかもしれませんが・・どうぞお身体にはご自愛下さいませ。

    コメント、すごく嬉しかったです。
    お返事が遅くなって申し訳ございません。

    こりずに、また寄って頂けますと幸いです。
    よろしくお願いします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!