育児休暇は1年で終了が良い?

スポンサーリンク

復帰しようか、延長して4月まで待とうか迷っていた頃。

高校時代の友人に会うことになりました。
彼女とは、テニス部でダブルスを組んでいた仲。
一見、ポワーンとしているのですが、テニス初心者からメキメキ上達し、一時期は私ではなく監督から強い後輩と組むように指示されていました(トホホ)。
当時の彼女の夢は、
『キャリアウーマン』。
はい。
90年代の女子の憧れを彷彿させる、現在は半ば死語になりつつある単語です。
高校時代から部活も勉強も頑張っていたため、スルッと進学し、それなりの名の通った会社に総合職として就職しました。
就職した会社では、女性総合職第1世代だったようで、なかなか苦労もしたようです。
ポワーンとして、優しそうにも見えますが、実は根性もありとてもバランスが取れています。
彼女の2人目出産と私の1人目出産がほぼ同時期だったため、久しぶりに会うことになりました。
職場は、ご主人、本人の実家は遠方で、日常のヘルプはしてもらえないようです。
でも夫婦で育休を取得し(ご主人は1ヶ月の育休)、会社の理解もあり、精神的に充実してる様子でした。
久しぶりの再会で昔や今の話に花が咲きました。
キャッキャ話していましたが、当時復帰にビビっていた私は、心の内を相談しました。
ポニ「育児休暇、延長しようかなぁって思ってらるの。」
彼女「そうなん。」
ポニ「やっぱ、息子がかわいいし、私が離れられなくなっててさ。金銭面でも復帰してもトントンやし。」
すると、ニコニコしながら、
彼女「1年で戻りな。」
ポニ「えっ。」
彼女「子供はかわいいのは分かる。めっちゃ。ただ、いつまでたっても戻れなくなるよ。保育園の関係もあるかもしれないけど、1年で戻りな。」
彼女「戻ってみたら、分かるから。次の子も考えてるんやろ。」
このアドバイスを受けてから、私は本格的に1年で戻る決意をし、保育園への入園営業を開始しました。
そして、戻って正解だと今は思います。
大変ですが、限りあるからこそ延長したいと感じる育休。
これがずっと続くのであれば、私は性格上、悶々と育児についてフラストレーションが溜まっていたと思います。
保育園に入る前に、先生方より断乳を強く勧められ、10ヶ月強で断乳。
11ヶ月より慣らし保育と復帰。
バタバタでしたが、そのおかげで12月には2人目を授かることができました。
1人目出産までに4年も費やした我々夫婦にとっては、信じられないくらいの奇跡です。
妊娠初期と仕事復帰と保育園スタートが重なって、意味がわからないくらい大変でした。
ただ、それはずーーーっと続くものではなく、一時期のことなので、何とかなります。
本当にアドバイスをもらって良かったと思います。
よーし。
次の子も約1年の育休と心に決めて、育児を目一杯楽しむとします。
その前に、出産。
頑張るぞーーー
最後まで読んで下さりありがとうございます。
ランキングに参加しております。
⇩⇩⇩⇩⇩この絵にクリックして下さると幸いです。
ほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!