超激戦!病児保育室の現実

スポンサーリンク

いつも9時には寝かしつけに入る我が家。

寝転んでもなかなか寝ない子供達は、結局30分くらいお話をしたり、動き回ったり。
照明を暗くしていても、眠たくないようです。

そんな子供達が先日、ビックリするくらい早く寝ました。

寝かしつけに入って2分。
いつもダラダラつられて寝てしまう私達夫婦も驚きました。

主人「子供が生まれてから、最も早い寝かしつけ時間だったね!」

私「だんだん楽になってきたね~」

喜ぶ夫婦。

10分後。
何気なく、子供達の体温を確認。

熱っ!!
長男、軽く40℃はあるのではないかというくらい熱い。

私は2時間ごとにOS1を与えるために起き、全然楽じゃない夜を過ごす。

子供の代謝は早いようで、寝る直前に少しお熱があっても、朝にはケロッとしている時もあります。
今回はどうかな・・

朝。

38℃。
本人も明らかにしんどそうです。

これは、会社を休むしかない。

主人は朝早く出勤するのですでにいない。休むのはもちろん私。

部署のトップとフロアのリーダーに連絡。お昼を一緒に食べているメンバーにも。

元気な次男だけ保育園に行ってもらい、長男は病院へ。

朝一番に並んで小児科に診てもらった結果は・・
インフルエンザA型

保育園でも流行っていますし、巷では警報も出ている地域もありますもんね。

まぁ仕方ない。

植物でもみて落ち着こう。

e0349351_15184583.jpg

本日、水曜日は私が一日看護します。

今年のインフルエンザは軽いようで、子供のお熱は37.2度。
(予防接種も効いてるかも)

全身状態は良好。

ドクター曰く、月曜になったら登園可能とのこと。

実家の母に連絡。
我が家まで1時間半ほどの距離。

父も母も多忙なので、空いているかな・・

母「木曜なら診ててあげる。でも金曜は無理だわゴメン。」

それだけでも助かります。
ありがとう。

金曜日も休むか。

待て次男も近々感染するかもしれない。

一度、病児保育を調べてみますか。

PCをパチパチ。

受け入れ時間などを考えると、我が家が利用可能な施設は2つ。

ただ、若干名しか受け付けず。

そのうちの一つは、次男が3回ほど入院した病院です。

院内保育園併設で病児保育をしています。

近所のママ友もその病院で看護師として勤務しており、お子さんは院内保育に預けています。

ドクターが検診もしてくれて、安心。

しんどそうな子供を病児保育に預けるなんて可哀そう・・ってずーーっと思っていたけど、あそこの病院ならば、大事な子供をゆだねることも出来そう。

完全核家族の我が家は近い将来どこかでお世話になる可能性大。

インフルエンザに罹っている子供の受け入れも大丈夫なので、本人の全身状態良好の今こそ初病児保育のチャンスかも。

前日の15時から受付開始。

金曜日の空きがどうなのか(木曜日に入れられるなら入れてみようかなという気持ちもあり)、15時ジャストに電話してみました。

・・・ツーツー

話し中!!

・・ツーツー

何回かけても、話し中!!

コールすら聞こえない。

そうか。

学級閉鎖がこぼれ落ちるほど発生している中、親御さんは必至で預かってもらう所を探しているのか。

10回以上トライしてもだめ。

1時間経過。

やっとかかりました!

病院「インフルエンザのお熱はいつから出ましたか?院内の規定で、発熱後72時間以降のお子さんしか受け付けしていません。」

ええーーー

私「そうなんですか・・ちなみに、現時点で空きはありますか?」

病院「現時点でキャンセル待ちです。そして、今利用しているお子さんが明日も利用する場合、そちらが優先ですので、明日電話を頂いても空いてない可能性大です。」

病児保育、超激戦!

ってか、無理やん!

ただ、心のどこかで、
体調の悪い我が子をお家で診れるとこにホッともしていました。

いつもの保育園に病児保育のことを話すと、
「えーー!!そうですか。お母さん、ご実家遠いですもんね。」

うーん。

病児保育を利用する人は少ないか・・
(なのに電話すらかからない現実。)

親御さんや親戚が近くにいる人が多いよな。
(主人の勤務地を考えると私の実家近くに住むのは無理)

何だかなぁ~

e0349351_15184387.jpg

買って2週間以上経つのに、元気なユーカリ。

元気って素晴らしい。

仕事、続けていけるかな・・

ふと頭をよぎる。

いかんいかん。

とにかく、1日1日子供達と生きていこう(あっ主人も)。

ダメならまた考えよう。
いつものパターンが巡る。

夜、次男が高熱。

主人「俺が会社休んで、2人を小児科に連れて行くよ。」

母に来てもらうのはキャンセルして、主人が対応することに。

楽になったと思ったんだけどなぁ。

もうちょっと、もうちょっとしたら、何か変わるかも。

まだ見えぬ、未来を想像し、
それが素晴らしいものであることを願うこの頃です。

 

 

にほんブログ村テーマ 幼稚園、保育園、託児所へ
幼稚園、保育園、託児所
にほんブログ村テーマ 育児へ
育児
にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ
もっと心地いい暮らしがしたい!
ランキングに参加しております。
下の写真にクリックして下さいますと幸いです。
更新の励みに致します。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!