36時間かかった海外旅行より ある意味ツライ旅

スポンサーリンク

主人も私も旅行が大好きです。

子供ができるまで4年の月日が流れた私達は、いろんな所に旅行に行きました。

バックパッカーのような特にあてもない海外旅行は、貧乏旅行でしたがワクワクすることが沢山。

主人は、1人でマラウィ(アフリカ)という国にも遊びに行っていました。

日本からの直行便はなく、アジアやアフリカの国を約36時間、転々としてから現地に入っていました。

空港まで迎えに行った時の彼は、なかなか疲れていました。

そんな旅よりもある意味辛かった旅。

そう。

1歳 + 2歳 + 夫婦で出かける離島旅行。

ちょっと想像しただけでも、大変なのは分かります。
実際はマジしんどかったです。

何が?

飛行機!

内地(沖縄用語で本州をさす)から那覇空港。
乗り換えて石垣島へ。

まずは、寝るはずの時間なのに寝ない!
そして、2人とも機内で大きい便をする。
おむつ替えやトイレのサポートも一苦労。

途中、パニック並みのギャン泣き。
慌てて抱っこ紐。
誰もいないトイレ近くに避難。

周りの人にもとにかくずーーーーーっと謝っていました。

謝る頻度でいくと、U字工事を遥かに上回っていたでしょう。
(ごめんねごめんね~実際はもっと神妙に)

ここまでいくと、
「親のエゴで連れて来ちゃってごめんね・・」
と帰りたくなってしまいました。

飛行機にはファミリーも多く、周りの人も親切だったので助かりました。

ただ、石垣島のビーチはそんなツライ飛行機移動を相殺してくれるぐらい、素敵でした!!

e0349351_08363154.jpg

主人は、「ちゅらさん(NHKドラマ)みたいだねーー」を連呼していました。

子供達もめちゃくちゃ喜んでいました。

天気はあまり良くなかったのです。

10月31日まで海に入れます!!
うわぉ!!

家族で泳ぎました。

e0349351_08482644.jpg

フサキビーチでは、子供に砂遊びの道具も貸してくれました(無料)。

2時間近く、夢中で遊んでいました。

e0349351_08493418.jpg

すごく良い顔で遊んでくれて、私も嬉しかったです。
ホテルのプールでも存分に遊びました。

日焼けを考えるとこれくらいの天候でも良いかも・・

 

しかし!
帰りの飛行機でも、試練が待ち受けておりました。

 

やっぱり、子連れの旅は、なかなか大変。
主人も自分1人の旅の方がどんだけ楽かと痛感していました。

何かと「ちゅらさんみたい」って言ってくる主人。

見当違いの所でも言ってくるので、

私「こんな場面、ちゅらさんにあったっけ?」

主人「俺、見たことないもん」

何それ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!