日用品の『爆買い』に正直助けられています。

スポンサーリンク

シンプルライフやミニマリストに憧れて、日用品のストックを置かない生活をしていました。

それじゃなくても約50平米に4人暮らし。

あれもこれもストックできない。

 

しかし、家事や育児や仕事やとてんやわんやになると、ストックのない生活は・・

正直不便。

 

シャンプーがなくなるタイミングと、柔軟剤がなくなるそれは一緒ではない。

特に迂闊人間の私は、全く把握できず。

歯磨き粉は切れ、ハンドソープはなくなりかけ・・とかよくあって、いや何だかいつも何かはなくなりかけで。

次のコープの注文に忘れてしまい・・

 

ということで、3~4ヵ月に1度はストックを作ることに。

【ともばたけ】【くらし】

ミニマリスト断念か?『生活用品』数か月分、ストックすることにしました

 

さて、ここからはスネかじり話です。

GW、車で帰省する東京、お義父さんとお義母さんが、好きなモノを買いなさいと言ってくれるのです。

はい。

遠慮なく爆買いです。

一緒にスーパーに行き、日用品を3か月分ほど買ってもらいました。

日用品 ストック

どーん。

 

大量です。

買い物は、基本、お義父さんと旦那がメイン。

2人とも普段から頻繁に買い物をしている人ではないので、値段を見て「今日は安いかな」などの逡巡はなし。

大胆に欲しいと思った商品をカゴに入れる。

 

「じゃんじゃん入れなさい。普段何もしてあげられないから。」

と義父もお祭り気分。

 

後でレシートを見た義母は、

「どうしてこんな値段まで買えるの~~。」

と叫んでいます。

 

三男に生まれた旦那は、「ありがとうね~助かるよ~」と甘え上手。

 

散財させてしまい、申し訳ございません。

嫁は深々と頭を下げ、感謝を表しつつ、この空気が過ぎるのを待つのです。

 

 

関西に帰り、ストックボックスにしまいます。

ストック 収納

こんなにあったらもはや『シンプルライフ』とは言えないかしら。

 

ただ、前記した、柔軟剤がない、歯磨き粉がないはなくなりました。

 

それは、ある意味、生活がシンプルになったとも言えるかもしれません。

 

生活消耗品の把握という、『名もなき家事』は確実になくなりましたもの。

 

爆買いをさせてもらうことにより、

約50平米の狭いマンションの収納がパンパンになるという小さな不具合はありますが、

それは自分にとって、ほんの小さなこと。

 

名もなき家事リストが1つなくなった方が、心が軽くなりました。

義母、義父にも本当に感謝です。

 

何が正解かは、全然わかりません。

でも。今は自分の『ラク』な方を優先して、生活していきたいです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へブログランキング・にほんブログ村へ

クリック、実は本当に嬉しいです。更新の甚大な糧にします。

【おすすめ2つのランキング】

『シンプルライフ』人気ランキング

『ワーキングマザー育児』人気ランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!