あーー高額借金か!?若かりし頃の迂闊な体験で、大いに学んだこと

スポンサーリンク

前回の続き。

【ともばたけ】【わたしのこと】
メンズ脱毛器を見ながら、むかしむかしの脱毛体験を思い出しました

 

全くでない電話に青ざめる私。

マズい。42万円を払わなくてはいけないのか。

 

くらくらして、倒れそうになります。

 

「あかん・・すでにお店自体が存在しないのでは・・」

 

****************

現代の私。

メンズ脱毛器の評判をネットでチェック。

当たり前ですが比較サイトが充実しており、実際に購入された方々の口コミが詳らかになっている。

ふぅーん。

パソコン ネット

 

家電量販店にあったのも良いけど、他のメーカーもコストパフォーマンスがそこそこいいな・・

他の商品も物色。

 

二十歳の私がネットに強ければ、こういうサイトを閲覧してからお店に向かったことでしょう。

 

無知は怖い。

 

情報は時として強力な武器となる。

 

*20 years old**********

42万円払って、お店もなくなっていて、毛もそのままで・・

目の前が真っ暗になってきました。

 

私、騙されたんだ。きっと。

 

でも、泣き寝入りはできない。

えーっと、消費者センターだっけ・・それも家庭科で習ったような。

 

電話帳を調べます。

あったあった。

ここに電話してみよう。

 

トルルルルーー

「はい。消費者センターです。」

勢いだけでかけてしまった。えーっと、えーっと。順序良く喋られません。

なかなか思い出せない有名人の名前を探るような、たどたどしい会話の末、何とか伝わったようです。

 

「なるほど。それは大変でしたね。」

落ち着いたご婦人だったと思います。そのおかげで、こちらも平静を取り戻し、店舗の名前や状況も詳しく説明しました。

「もちろん、クーリングオフ期間内ですし、解約は可能です。お店の電話が出ない・・もしかすると、臨時休業や平日がお休みのお店ではないですか?」

 

なんですと?

何度もにぎりしめた契約書。

休業日の情報は特に見当たりません。

「まだ、十分な期間内ですし、気になるのは分かります。明日かけてみて下さい。そのお店は強引なので、こちらでもチェックしておきます。」

「何かあれば、抱え込まずにまたお電話を。」

という言葉を頂き、電話を切りました。

 

何にも解決はしていません。

でも、『人に話す』ということで、私はずいぶん落ち着きを取り戻しました。

消費者センターに感謝!

自分の行動を自分で俯瞰できたのも、良かったかもしれません。

 

****************

旦那の欲しいという脱毛器は、38,000円ほどするようです。

なかなかの大金。

我が家は、おいそれと買えるモノではございません。

 

でも、誕生日とクリスマスを併せて、プレゼントにするか。今回は奮発しようかな。

 

それにしても、家庭用の脱毛器、あれから15年以上経つと技術も発達するんですね。コンパクトかつ、安価に。

情報もリッチに集めている。

使い勝手も後輩がみてくれたし、安心だな。

 

*20 years old**********

その日、私は夕食後すぐに寝てしまいました。

目の前のことは解決していない。でも、気持ちはラクになりました。

 

次の朝が来て、エステでもらったパンフレットの【本店】に連絡をすることにしました。

 

トゥルルルルー

 

「はい。✖✖エステです。」

 

やった!!

私はさっそくクーリングオフのことを話しました。

 

担当者につないでもらい、説明。

すると、この電話で断りが成立したようです。

 

後日、各種書類を送付し、また書類を送ってもらい、確認し・・

助かった。

42万円を払わなくて済むようです。

 

ちなみに、お店に昨日電話がつながらなかった理由。

定休日だったとのこと。

 

なぁ~んだ。

思いのほか、スルッと事が解決しました。

****************

時より、この経験を思い出します。

 

月日が流れたら、何ともないことのような気がしますが・・

 

実は、同時期に同じようにエステにハマってしまった友人がいました。

 

親に言えず、彼女なりに知恵を絞った結果、マルチ商法に手を出し、友人を勧誘しまくり・・

信頼と友情を喪失しました。

他人事には思えず、何とか助けたく、しょっちゅう話を聞いていましたが、話の最後に必ず勧誘がセットになるようになり、私もしんどくなってしまいました。

数年後、他の友人が法的に彼女を助けることになり、過払いって言うんですか?各種手続きの上、お金が返ってきたようです。

でも、周囲からの信用は、返却されぬまま・・今に至ります。

 

 

二十歳のエステ勧誘経験で、学んだこと。

  • 困ったら第三者や友人に相談する
  • できれば、借金はしない(夜も眠れないほど精神的負担になる自分に気が付く)
  • 興味のない勧誘にはなるべく乗らない(その場はノリでokしても、やっぱり断る勇気も必要)

 

そうは言ったものの、人生はそこそこの勧誘がございます。

 

この経験で、自分が八方美人で断り下手だと気が付きました。

そして、『断る』というスキルと勇気を徐々に身に付ける努力をし始めました。

今なお、大なり小なり失敗も繰り返し、完成形には程遠いです。

 

**23 years old**********

クーリングオフから数年。

信頼できる友人が通っていた、2年2万円の部分脱毛コースに申し込み、私は1か所をツルツルにすることが可能となりました。

感動!!

お手入れはラクになり、脱毛自体は、非常に価値のある投資だとも思いました。

あくまでも予算内ならの話ですが・・

 

***エピローグ**********

そういえば・・唯一のママ友は断り上手で、以前ある集まりに行かないか誘った時、

「行かない。ありがとう。」

とハッキリ断られました。

私は嫌な気はしませんでした。

むしろ、変に気を使って、相手を気づ付けないような嘘をついたり体裁を整えた方が、お互いしんどい時があるため、彼女のような断り方は悪くないと思います。

変に断られ、でもその時間にスーパーで彼女を見ちゃったけど、どういうこと?の方が、よっぽど嫌ですし。

 

これからも、人生は勧誘や頼まれごとなど様々な出来事が待っています。

それがあるからこそ新しい世界も見れて、知らない発見に感動することもあります。

自分に合った選択をし、ダメな時は断って、過ごしていきたいものです。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます!寒い日が続きます。どうかお身体にはくれぐれもご自愛下さいませ。

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • ドキドキしながら読みました。
    そして社会人なりたての自分を思い出し
    ました。
    私も無料のお肌診断とメイクにひかれ、
    知人の紹介でエステに行ったことがあり
    ます。
    田舎から都内のエステにのこのこ出向き、
    お肌診断後にぽにさんと同じく狭い部屋
    に通され、何人ものお姉さんに数年後の
    肌が大変なことになるからと早めに処置
    をと説得され、判を押して帰ってき
    ました(泣)
    その額32万円。
    でも、やっぱり働き始めたばっかりで、
    お金もないし高額すぎるので、電話で
    断りの電話を入れましたが、知人ちゃん
    が悲しむよ~など意味のわからない説得
    をされ、半分のコースに通うことで決着。
    だいぶ高い勉強代でした。。。
    今でも上手に断るのが苦手なので、ぽに
    さんのママ友のような人に憧れます。

    • やま様

      コメントありがとうございます。
      あーめちゃくちゃ分かります。

      文面を拝読し、こちらが泣きそうになりました。
      やまさんは素晴らしい人格の方なのだろうと心が熱くなりました。

      このような商法に引っ掛かっている方は、意外に多いように思います。
      そして、その方々のほとんどが、本当に『良い方』なんだろうなぁと推測しています。

      私はただのかっこつけと言うか、断れないチキンな人間ですが、やまさんは違うような気がします。

      ええ。勉強にもなりました。
      この経験から、『自分は大丈夫』と思う事を辞めました。

      今なお、全然ダメですが・・

      そういえば、ママ友は断るのも上手ですが、断らせるのも上手です。
      私は、彼女からの誘いを2回連続断っています(・・オイオイ)。

      『忙しいと思うし、断ってくれていいから』
      と言って誘ってもらえると、何とも心がラクになります。

      聞き上手は話し上手のように、断り上手は断らせ上手?なのかもしれません。

  • 無事解約できて本当に良かったですね。クーリングオフを覚えておられたのは、素晴らしい!
    学校でももっと、キャッシングとか、リボ払いとか、マルチとか、お金の教育をした方がいいのだろうな、と思いながら読みました。

    • サイボーグ様

      いつもコメントありがとうございます。

      そうですね。
      比較的多くの方が、このような体験をしていると思いますので、是非とも学校でも教育して頂きたいです。

      実務体験は、エネルギーそして多額のお金を使ってしまう場合も。
      できれば、教育的仮想体験で済ませたいものです…
      子供に響くかは分かりませんが、大切なことですよね。

  • 前回ぽに様からコメントを頂き感激いたしました。嬉しかったです。

    続きを拝見して、消費生活センターも思い出されたということで、良かったなぁと思いました。ぽに様がスムーズにクーリングオフをなされたのは、もしかしたら消費生活センターの職員の方が業者に対して電話して下さった可能性があります。私の場合、職員の方が業者に一報を入れて下さったお陰でスムーズにいきました。また、こじれそうな時に、消費生活センターに相談してからまた連絡しますと伝えたら、業者の態度が変わったこともあります。

    このような体験を通して、法治国家なんだなぁ~とか、個人だとなめらるんだなぁ~と実感をいたしました。

    お金に関することは仮想通貨のことも含めて、今後さらに複雑になっていきそうですね。社会に出たときに役立つ内容を厳選しながら、授業をしていきたいとぽに様のブログで改めて思いました。ありがとうございます。

    寒い日が続きますので、ぽに様もどうかお身体を大切になさって下さい。ブログの更新楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!