数十円のドケチな積み重ねが、大切なモノを失うこともある

スポンサーリンク

前回の記事に沢山のコメントを頂き、本当にありがとうございました。
私なりに、一歩一歩、進んでいけるのか?つまずいて泥んこになりつつありますが、自分のペースで進もうと思います。
見守って頂けますと幸いです。

さて、今回は趣向を変えまして、、
ドケチについてのお話。

貧しくても、笑っており、使う時は使う柔軟性を持つ人は、ステキ過ぎて惚れてしまいます。
でも心が狭い、いわゆる「ドケチ」は・・
ノーサンキューです。

そんなお話。

*********

私と夫の共通の後輩に、凄くケチな人がいます。

K君。

身長も高く、端正なお顔立ち。
経歴もルックスも申し分ございません。

この方、笑えるケチなら良いのですが、どちらかと言うと笑えない方。
えっ・・と周りが引いてしまうケチ。
突っ込ませないケチ。

ある日、
ケチのK君は、夫や数人の友人を車に乗せて、焼肉屋に向かいました。
時は師走。
寒い車内に数人で乗り込みました。

しかし、彼は暖房を全く入れませんでした。

凍える夫と友人。

乗せてもらっている手前、誰も、突っ込めず。
そのまま震えていました。

どうやら、暖房代をかけたくなかったよう。
突っ込む雰囲気すら与えず、車は走り抜けたのでした。

 

私もこのK君と何度かテニスに行ったことがあります。
テニスに関しては超絶上手く、言うことなし。

ただ、やはりケチエピソードがございます。

テニスあるあるのひとつ。
コートの自動販売機は結構お値段が高い。

もちろん、場所にもよりますが、
150円が200円だったり。
山の上の自動販売機のように、少し高い設定。

さて、K君。
私の車で一緒にコートに行くことになりました。
運転する私。
そろそろ着く。

K「あっ、ぽにさん、コートに行かずにこのまま500メートルほど直進して下さい。」

私「えっ何で?時間も結構ギリギリだし、他の先輩待たせるの嫌だし、このまま行きたいんだけど。」

K「大丈夫。すぐ終わりますから。」

コンビニに車を付けた私、車中で待つ。

颯爽と降りて買い物をするK。

買ってきたものは、100円で売ってる1Lのお茶のパック。

えっ!

K「用事がすみました。出して下さい。」

なんか、なんか、

かっこわるっ!!

ルックスが良いだけに、ガッカリ感が否めません。

コートで先輩達を待たせるかもしれないのに、買いに行くかな。
オイオイ。
そもそも私、先輩なんですけど。

でも、集合時間に間に合ったこともあり、何か言えない。

他にも、飲み会の前に、お店の前まで来てサッサと帰る。
後で聞くと、「予算と異なるから」と言っていたなど。
えー君の分も予約してるんですが、それは他のメンバーが払うのかい?

これが頻発するとさすがに誘うのもウンザリします。

ある意味ハートが強いと関心しますが・・

なんでしょ。

ケチだわ。

ひとつひとつは、
アウトよりの
グレーゾーンなんですよ。
注意するのもこちらが器が小さいような気がしてしまい…

夫にちょっとグチる。

夫「うん。そういう所あるよね。もしかしたら、Kって、1回1回の節約は数十円程度かもしれないよ。年間で試算すると数万円じゃないかな。でも、彼はその数十倍も損していると思う。」

私もそんな気がする。

節約や倹約は素晴らしいと思いますし、見習いたいです。

このトラコミュとか、神っております。
にほんブログ村テーマ 頑張らない節約へ
頑張らない節約

そんな彼には可愛い彼女がいました。

誰が見ても素敵な女子。

彼女とたまたま2人で話すことがあった時の事。

彼女「実は、式場が決まったんです。」

私「そうなんや!結婚するんや。おめでとう!」

彼女「・・・」

浮かない顔。

私「あっ、何か余計なこと言った?ごめんよ。」

彼女「いや。ぽにさん、ちょっと悩んでまして、ってもう式場も日取りも決まってるのにこんなこと言うの良くないんですけど。」

私「もしかして、合わないとか・・」

彼女「うーん。なんでしょう・・倹約家過ぎるんです。」

私「なるほど。」

いろいろケチエピソードを聞きました。

やはり、げんなりします。

彼女「両家の顔合わせも終わりましたし、今更って感じなんですけどね。」

彼女の顔は、結婚前の女性から溢れる幸福感は全然ありませんでした。

それから半年後。

どこからともなく、結婚が破談になったと聞きました。

***

ケチは罪だという人がいます。

法に触れる行為ではないので、そこまで・・とも思います。

K君はどうなったか・・
この話から、7年ほど経った今。

彼は数年前に関東圏に転勤になり、
我々夫婦とも疎遠になりました。

転勤先で、低い評価を受け、昔ほどの輝きはないと聞きました。

やはり、ケチは罪なのか?

それは分かりません。

ただ、
ドケチ貯金は『信用』という残高を確実に減らすことだけは分かりました。
ランキングに参加していますので、下の写真にクリックして下さいますと嬉しいです。皆さんの応援が、更新の大きな励みになっております。

シンプルライフは『神ブロガー』がいっぱい
『シンプルライフ』人気ランキング
ワーキングマザーの皆さまからは、エネルギーをもらっています
『ワーキングマザー育児』人気ランキング

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 初めまして。最近ぽにさんのブログに出会い、楽しみに読ませて頂いてます!

    私はケチは罪ではないと思っていますが、この方の何がいけなかったのか?色々考えさせられました。

    結局何が罪なのかと言うと、人が関わってきた場合、人に対する “思いやりがないケチ” 更には “迷惑をかけるケチ” だからですね。
    安いお茶を買いたいケチでも、それを事前に買っておけば罪はない。問題は当日遠回りさせてぽにさんに迷惑をかけている罪。
    飲み会の予算が合わなくて行かないケチでも、事前に欠席するなら罪ではない。でもそれを直前にし、他の人に払わすと言う迷惑が罪。

    結局、他人に対して不快な思いをさせたり、迷惑をかけたりしていることに気づかない “自分さえ良ければいいケチ” は罪であり、まわりまわって損をすると言うことですね。
    人との関わりなしに、人生を幸せに楽しむことはできませんから、K君がいつかそのことに気づくといいですね(^^;)

    ぽにさんのブログから自分を振り返ったり、考えされたり、
    いつも色んな気づきをありがとうございます(^^)

    • noiyaさま

      コメントありがとうございます。

      何とも素晴らしい総括!!!
      noiyaさんの国語力が高くて、羨ましくなりました。
      私自身が具現化できないことを丁寧に書いて下さり、、
      こちらが「そうそう!」と共感してしまいました。

      飲み会の件、えーっと思った経験から、
      幹事になった時は、ある一定人数以上だと1人分抜いて予約することにしました。

      この経験?のおかげです。

      全員きっちり来た時は、幹事の私の分を遠慮するか、大したことない料理で良いので、
      1人分ねじ込ませてもらうか・・
      いずれにしろ、事前に「もしかしたら1人増えるかも・・」とお店に伝えることで対応してきました。

      ある意味、K君のおかげです。

      そうそう、彼、最近結婚したそうです。
      本記事でディスってしまいましたが(ゴメンよ)、良いところも沢山あるので、幸せになって欲しいです。

      ぽに

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!