言い放ったというリスクと言わないというリスク

スポンサーリンク

ここ数年、会議に参加する頻度が増えました。

昔は全くお声がかかりませんでしたが、入社10数年にさしかかると、それなりに上が抜け、繰り上げ当選でお呼ばれするようです。

ノート

で、僭越ながら会議では4パターンの人がいるような気がします。

  1. 全体を鑑みて、解決する方向に意見をひねり出す人
  2. これ知っていると顕示したい、または本筋とは逸れて自分論を発表したい人
  3. ただいるだけの人
  4. 全然聞いていない人

 

まぁ、細分化するともっと細かくなりますが、大きく分けるとこんな感じ。

そんな私、結構3番の人間でした。昼休み明けなど、ヨユーで4番の時も。

でも、同世代が積極的に1番を投げかけてる姿を見て、いかんいかんと思い、できれば自分も1番と張りきり始めた昨今。

 

ええ。

やらかしました。

私の意見により、それまで発表していた人がちょっと怒ってしまいました。

 

具体的に話しますと、ある解答がございまして。

採点した方が✖をつけました。

私から見るとその解答は、ケアレスミスなので△か限りなく〇に近くしても、ええんちゃうの?と感じました。

で、そのまま発言したところ・・

結局、採点者がやや不機嫌になり・・

会議出席者全員で、答案の〇✖よりもこの設問自体が良くないねという結論に至り、新たな最善作を練ることになりました。

 

一見、上手くいったのですが、

 

元来チキンな私。

しまった・・余計なことを言ってしまった。

と思っていました。

発言をする前には、『なるべく、その人に恥をかかせない。私欲を捨てる。』という気持ちで言っているのですが、タイミングや事次第では、なかなか難しい。

 

そして、自分が意見を放つことにより、誰かの気に障ってしまい、慌てる。

怒らせたカモ…というモヤモヤを持ち帰り、しんどいなぁと感じる。

って、私、結構ある。

これ。

 

仕事なので仕方がないですが・・

こういうことを全く気にしないタチならば良いのですが、もの凄く小心者。

しょーもない質問で、カチンとこられてもなぁ。

言わなきゃ良かったかなぁ。

でも、言わないならないで、解答者が可哀そうだしな。

 

という、自分の脳内会議をして、まーええかと留飲を下げ、次行っとこう!となります。

でも、上手くそうならない時も。

 

その時は、同席した方に、私の発言はどうだったか感想を聞いてみます。

感想というより、期待は『かばって欲しい』。

私の発言は悪くなかったよと言ってもらいたい。

誘導尋問のごとく、その文面を何とか引き出し・・

特にこれといった解決はしませんが、少しスッキリします。

 

それでも何ともモヤモヤが残る場合は、同じフロアで働く同僚に説明。

『ぽには悪くないんじゃない?』とか言ってもらって安心します。

 

ただ、20~30分の雑談というか、同席した方や同僚の時間も奪ってしまい、後で後悔。

 

こういうことを乗り越えて、次のステップと言いますか、課長や上に上がるかもしれませんが・・まだまだ発展途上の私は下手です。

あーーー

 

モヤモヤしながらも、「次いっとこう!」と、いかりや長介風に鼓舞して前を向くのです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

そういう経験をされた方おられますでしょうか…おられたら、ポチを下さいますと幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!