持ち家購入するか?賃貸派の夫が突然賛成。結局決め手は『コレ』なのね。

スポンサーリンク

夫は自他共に認める『賃貸派』。

家族の人数が増えれば広い所に住み、巣立ったら小さい所にすればいいじゃないかと合理主義。

私も頭では分かっている。
それは良い考えの1つだし、合理的。

でも、どこかで自らのお城を持ちたい欲がある。

これを閲覧し、指をくわえてみたり・・
にほんブログ村テーマ WEB内覧会*マンションへ
WEB内覧会*マンション

さて、久々に同じマンションのママ友にバッタリ会いました。

彼女は上の子が同い年同士。
下は0歳、男の子2人の母。

連絡先を知っている数少ないママ友。
今のまちで、家族ぐるみで親しい唯一の友人。

ワーキングマザーあるあるかもしれませんが、ママ友を作る時間は極めて短い。

唯一の機会は『育休期間』。そこで偶然友人となった。

復帰後は、独自の進化を遂げ、何かと『ガラパゴス諸島』状態となっていくワーママ達。

育休中はこの玄関でよく喋ったなぁ。

彼女「久しぶり〜〜!会いたかったよー。うちも幼稚園入れ始めたけど、楽になると思ったら余計バタバタで。」

私「私も会いたかった!そして、偉いよ。子供と、ちゃんと1日向き合うのは大変なことだよ。すごいよ。」

専業主婦とワーキングマザー。

現在、違う選択肢を選んでいる。
性格も違うし、人生も違う。
何なら年も違う。

彼女家族に関しては、夫も大のお気に入り。
ご主人も一緒に家に来てもらうことも。

彼女「あのさー。家、買うことにしてん。」

えっ・・・
まさか、地元に帰るとか。

私、顔が曇る。

彼女「ここの最寄り駅から10分以内の場所に、今度マンションが建つねん。学区は今と同じ。私達家族は、この辺りに住もうと思う。」

本当か!!
彼女が住むなら私も住みたい。

反射でそう思った。

私「えっ!本当に!てか、うちも住みたい。」

彼女「えーー!住んでや。来てよ。抽選かもしれないけど。うちは専業主婦家庭やし、1番安い間取りを選ぶ予定やねん。ちょっと背伸びかもしれないけど、同じ安いやつは残しておいてな~。」

帰宅後、即調べる。
うんうん。
いいじゃないか。

彼女達家族がいるなら、またご近所になりたい。

そうこうしてたら夫が帰宅。

この経緯を伝える。
と言っても、賃貸派だから、軽くあしらわれておしまいだろう。
今まで何度も住宅情報を見せた。
その度に、めんどくさい顔をされ、賃貸がどれだけメリットがあるかコンコンと説かれた。

今回も・・

夫「いいねぇ。〇〇家が住むなら、俺らもこのマンションにしようか。」

私「えーー!賃貸派じゃなかったの?」

夫「いいじゃん。駅近だし、この辺りの駅近だと、資産としてもあまり落ちてないみたいだもん。」

それを聞いてて、こう思った。

いや、このまちに来て早4年。

私、何度も貴方に物件情報見せた。
もっと好立地のマンションもあった。
戸建もあった。

全く食いつかなかった。

そんな石のような意志をもった貴方を何が動かしたか。

それは、結局、
住む人なのね。

夫もこのママ友の旦那様を気に入っている。

余計なことを言わずに、ニコニコお酒を飲んでいる姿は、余計な話ばかりする私達夫婦の癒しである。

私「・・資料請求、しちゃう?」

夫「しようしよう!」

我が家の堅実な予算だと、60平米台をチョイスすることになるだろう。

買うかどうか分からないけど、私達夫婦の中に芽生えた共通の認識。

『今のまち、住むのアリだな』

そう、友人家族がいる。

ワーキングマザーをしていると、地域の人脈作りは後回し。

地域とは独立して、独自の進化をとげる。

それはそれで、余計なストレスを掛け合わずラクであるが、何だか淋しい。

やっぱり、人を繋ぎとめるのは、人なんだ。

ガラパゴスの島に、橋が架かりつつある。
この橋に繋ぎとめられるかもしれない。

そんな人生も悪くない。

資料請求が届いた。パンフレットをみながら、そう思うこの頃なのです。

ランキングに参加しています。写真にクリックして下さいますと嬉しいです。皆さんの応援が、更新の大きな励みになっております。

シンプルライフ、快適生活のバイブルです
『シンプルライフ』人気ランキング

このランキングの皆さんとご飯でも食べに行きたい・・
『ワーキングマザー育児』人気ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!