会社を本気で辞めようかと思った話

スポンサーリンク

小学生の頃のマット運動。

開脚前転、後転、そくてん・・私は、下手でも上手でもどちらでもなく、フツーの生徒でした。

同じように教わっているのに、クラスに1人か2人は習ってもいない『ハンドスプリング』や『バク転』がいつの間にかできるようになっていました。

すごいなぁ・・

どうして同一の学び方でもこれだけ差がでるのかしら・・

コーヒー おうち

さぁ、コーヒーでもどうぞどうぞ。

**************

 

突然ですが先日、会社、辞めようと思った出来事がございました。

 

とうとう、育児と仕事の両立に限界?

パワハラが厳しい?

合わない人間関係に悩んで?

 

全部違います。

 

聞いて頂けないでしょうか。

実力の差をまざまざと感じてしまったからです。

 

この4月よりあるプロジェクトがスタートしました。

新しい学びに取り組むために、外部講師を招き入れ、月に1回講義を受ける内容です。

生徒は社内から10人。

毎回課題や復習をしてくるように宿題も出され、メンバーはそれぞれ自分のできる範囲で取り組んでいます。

1月の時点で、第10回目が終わり、自分がどれだけできたか、また他の参加者がどれだけできるか小さなお披露目会がありました。

 

小学校のマット運動、ミニ発表会のよう。

飛び込み前転→開脚前転→ブリッジ→・・・

というように、学んだことを自身で構成し、皆の前で演技。

 

さて会社。順番に発表している最中、1人、ずば抜けて素晴らしい発表をしている生徒が。

皆がマット運動をしている中、いきなり『あん馬』を出してきて、クルクル回転したり、倒立をし始めた感じ。

えっ、そんなの習ったっけ?と質問すると、

「いや、厳密には習ってはいませんが、前転の時に学習した腹筋の使い方で応用すれば、これもできるようになります。原理は単純です。」

と言い出す。

 

待て待て待て。

前転の知識で、あん馬はできないだろ。

なまじ自分も講義を受けていただけに、「うそー」と思ってしまいます。

 

そんな彼は、私の前部署である研究所のスーパーエース。コミュニケーション能力も高く、プレゼン能力も優れている。

彼の発表、私がもしもこの講義をあと5年受けたとしても、できるか・・いや無理だ。

素晴らしい。ミニ発表でこのレベル。

 

噂で聞いたのですが、センター試験理系科目全部満点。日本最高学府のテストも満点・・

ポテンシャル、違い過ぎ。

 

ここまでまざまざと見せつけれると、言い訳もできなくなります。

今まで、できないことは、『育児が大変だから』『時間が足りないから』とか思っていましたが、その根幹にある『能力が足りない』という点には正直怖くて触れられませんでした。

落ち着いたら私もできるようになる。

と思うことで周囲と差があっても平常心を保っていました。

ところが、今回、自分に余裕ができたとしても、時間をかけても追いつけないであろう実力の差を目の当たりにしてしまいました。

 

私、技術職、辞めよう。

 

 

本当に本当に泣きそうになりました。

たぶん、誰もいなければ私は泣いていました。

 

どうしたら良いのかな。

発表が終わり、私は連日考えています。

技術系を辞したからといって、営業や他の業務に経験値もなく(おそらくセンスもパワーもなく)・・異動は厳しい。

 

そんなことを考えるよりも、目の前の課題をきっちり習得するしかないのは分かっているのですが、ザワザワする心。

どうしても追いつけない能力の差に愕然とします。

 

マット運動の時はどうだったかな。

授業で多くの児童が『そくてん』を出来るようになったころ、良くできる子は合わせ技で宙返りみたいなこともしていた・・

皆の技術が上がったら、リードを奪われないように、彼らも彼らで必死に向上していました。

 

そうだそうだ。

 

スーパースターが発掘されるのは、その他大勢という挑戦者たちがいたから

 

会社はメーカー。その他大勢の技術の向上が、スーパースターの心を揺さぶり、より良いモノづくりを引き出してくれるかもしれません

 

がっつりその他大勢の私、やっぱり前に進もう。

 

きっと地味な『前転』の繰り返し。

華やかではない。

 

ただその足先の伸びや、着地点の上達に、スーパースターが「へぇ、やるじゃん」と思ってくれれば儲けもの。

技術が1ミリでも前に進むために、その他大勢として刺激を与える存在になるのは、悪くない選択かもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます。更新の強力な励みにします。

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • ぽにさん お久しぶりです。更新毎回見ています。タイトルにドキリとしました。
    そして今、同じことで悩んでいます。
    能力も足りなければ育児のワンオペが大変すぎて、頭も体も全くついていきません。
    慣れより、疲れが先に来てしまい、周りから置いていかれるような寂しさと戦っています。
    また勇気もらいました。ありがとうございます!

    • まあ様

      いつもコメントありがとうございます。

      まあさんの文章、完全コピーが私でございます。
      いや、きっともっともっと酷い。

      なんと本日は会議や資料作りに追われ、自分の仕事が全くできませんでした。
      ポテンシャルの低さにビックリです。
      あかんです。
      悩みます。

      でも、進むしかないですかね。
      止まるにもエネルギーがいる…

      そんなこんなですが、
      いつもまあさんの幸せを心から願っています。

  • ぽにさんはじめまして。
    いつもぽにさんのブログを楽しみにしている者です。

    「前転の知識であん馬はできないだろ」

    ここに笑ってしまいました、スミマセン。
    そして思わず初めてコメントしてしまいました。
    中学の頃、器械体操をしていたもので。

    いやいや、そんなのはどうでもいいのですが、
    私も2人の子供を持つワーキングマザーでして、
    立ち止まるといつも、辞めたい辞めたいと
    思っています。そんな時は「本当に限界が来たら辞めればいい」、という気持ちが御守りのようで、呪縛でもあります。自分の限界はどこなのか。自分でも分からないですー。

    そんな時、ぽにさんのブログを見ると元気が出るんです。
    クスッと笑えて。
    頑張っている人がいると思うと自分ももう少し頑張ってみようと思えるんです。

    器械体操をしていた時の部活仲間で、器械体操をしているのに体が硬くて、他の仲間より上達が遅い子がいました。でもその子はもともと体が柔らかい子が柔軟や筋トレをサボっていた間に、柔軟や筋トレを欠かさなかったんです。
    そしたらその子、体はやっぱり硬いままだったんですけど筋トレの成果で瞬発力がついて跳馬がめっちゃ上手になったんですよ!
    市の大会でで一位になってました。笑

    そんな逆転もあるかも?
    これからも楽しみに読ませていただきますね。
    突然のコメント失礼いたしました。

    • さくら様
      コメントありがとうございます。

      器械体操をされていたとは!
      すばらしい。

      跳馬のご友人のくだり、感動しました。
      周囲がサボっている間にコツコツ努力をする逆転ぶり、素晴らしいですね。

      2人の子供がおられる、ワーキングマザーのさくらさんに読んでもらっていると思うと、私こそ勇気を頂きました。
      本ブログで『頑張ろう』と思って下さっているなんて・・光栄です。
      私こそ、さくらさんのコメントに心が躍りました。
      お忙しい中書いて下さり、本当にありがとうございます。

      ただただ、嬉しいです。
      さあ、本日からまた1週間が始まります。

      寒い日が続きますし、お身体にはくれぐれもご自愛下さいませ。
      ぼちぼち、お互い頑張りましょうね!

  • お久しぶりです。ぽにさんはとても優秀だから大丈夫ですよ!
    それから、そんなスーパーマンと比べるのはやめましょうよ〜。学者とか官僚とか凄い人はいっぱいいるから上を見るとキリがないし、落ち込みます。
    更に、例え研究職であっても、会社における仕事は純粋な知的能力だけではできないことが沢山あると思います。
    ただでさえ仕事と家事の両立で疲れているのに自分を追い込んでしまわないようにして下さいね〜。応援してますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!