仕事を辞めてストレスフリーになったとしても、『繰り上げ当選』の法則がある

スポンサーリンク

「ありがとうございます。」

テレビでお礼を言っている議員。
どうやら繰り上げ当選したらしい。

ふーん。
チャンネルを変える私。

繰り上げ当選か・・

繰り上げ当選(くりあげとうせん)とは、選挙や抽選において、上位に欠員(失格者・降格者を含む)が出た場合に下位の者が繰り上げされて当選することをいう。(Wikipediaより)

 

さて、本ブログの根幹になる『共働き』。
要は夫婦共に仕事をすること。
これはいろんな経験を与えてくれます。

経済的にも、人生的にも。
もちろん、ストレスも与えてくれる。

余裕がなくなり、いっぱいいっぱいになった時、
「仕事を辞めると、この辛さから解放されるのではないか」
思う。

でも、本当に人生からストレスというのがなくなるのか?

そこには『繰り上げ当選』という法則がないだろうか?

海外出張の夫から写真が。へー。よかですな。

ー1人目の産前休暇時ー

家で初めて、何日もゆっくりすることになりました。
初産なので、ドキドキはありました。

一方で長年働いていた自分が、公式に『休んで良いですよ』と認められた休日。
こんな嬉しいことはない。

毎日ストレスになっていた仕事からは完全に開放された。
これから始まる育児は不安だが、嬉しくてたまらない。

はぁ、ストレスフリーだ~

と思っていたのですが、

♪ホーーーー

ん?

♪ホーホホホーーー

なになに?
どうやら、同じマンションで『オカリナ』を昼間に吹いている人がいるようだ。

楽器には詳しくないが、リコーダーでなく、横笛でもなく、これはオカリナだろう。
トトロ御用達の楽器である。

ホーーホーーー
申し訳ないが、上手ではない。

結構な時間吹いている。

へーと当初は思っていました。

・・・

どうやら毎日、定期的にオカリナの演奏。

仕事をしている時ならば、どうでもいいと言ってしまうだろう。

だが・・

 

当時の私には、自分の時間をオカリナが邪魔をしているような気分に。

そうっと閉めていた窓を時に腹が立ち、少し音が鳴るような閉め方をしてしまう時もありました。

 

ええ。
要するに、オカリナが『ストレスの繰り上げ当選』をしてしまったのです。

仕事のストレスがなくなったと思ったら、ちゃんと待ち構えておりました。
というより、見つけてしまった・・

『ストレス』

オカリナごときに、スパイシーな感情を抱えてしまった私。

にほんブログ村テーマ 主婦のストレスへ
主婦のストレス
皆さま、それぞれございますね。

でも、人生って、『繰り上げ当選』の繰り返しかもしれません。

 

例えば、スーパーで安い豚肉を買いたかったけど、売り切れていたから今日は鶏で・・

本当は入りたい学校があったけど、学力が足りないので他の学校・・

大人のニキビが気になるけど、もっと目立つほうれい線が・・あっ、ちょっと違うか

 

大なり小なり妥協点を見つけながら、次の選択肢を選んでいく。

いや、いや。
ストレスの次の選択肢は、なくてよい。

でも私はどうやら『作ってしまう人種』なのかもしれない。

仕事をしよう。
やっぱり、復帰しよう。
出産前に心に決めました。

 

おかげさまで現在、暫定1位のストレスは仕事です。

もちろん、辛いことも多々ございます。

でも、憂うことではないかもしれません。

上手く伝えられませんが、
私にとったら『オカリナ』よりも『仕事』をストレスにする方が、精神衛生上良いような気がします。

ランキングに参加しております。下の写真にクリックして下さいますと嬉しいです。

皆さんの応援が、更新の大きな励みになっております。

スッキリワザでストレスが減る予感
『シンプルライフ』人気ランキング

全国のワーママの皆さま、必見ブロガーばかりです
『ワーキングマザー育児』人気ランキング

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!