スーツを持っていないワーキングマザーが、いたんですって

スポンサーリンク

「スーツを持っていないワーキングマザーが、いたんですって。」

「なぁにぃ~」

「やっちまったな!!」

 

*****************

さて、勤続も10年半ばに差し掛かろうとしている私。

数週間前、社内メールでこんな通達がございました。

ワーキングマザー

【採用の先輩パネラーとして出席してもらえませんか?】

 

うっそん。正気ですか?私で良いのですか?

もちろん。慶んで参りますが・・

会社のパンフレットの件から、何だか芋づる式に。

 

【ともばたけ】【仕事】
総務からの驚愕の通達と名もなき家事

 

さて、採用担当者とやりとりのメール。

【服装は、スーツでお願いします。】

 

スーツ。

 

・・持っていない。

 

本サイトをお読み下さった皆様、信じられない!どうやってスーツを持たずに仕事をしてきたんだ。

それはまるで、裸で戦場に向かうのと同じくらい非常識だと思うのではないでしょうか。

 

なぁにぃ!やっちまったなぁ!!

とこちらを向いて、こんなお顔をされているのでしょう。

コナー

とくに左のお顔。

申し訳ございません。批判は全て受け入れます。

そうなのです。

 

私は普段、作業着か制服で業務をしております。

出張は主に学会やアカデミックな場所が多く、スーツで行くには少し堅苦しい印象がするため、数年前から着ていくのを辞めました。

 

そして、あまりにも登場機会少なく・・捨てました。

必要な時は、レンタルか、その時に備えようと。

 

採用担当者にメールします。

【すみません。スーツを持っていません。大人しい私服でもよろしいでしょうか。】

おそらく、よほどビックリされたのでしょう。毎日着ている人にとってみれば、「何と!」と思ったに違いありません。

 

【そうですか。では、せめてジャケットでお願いします。】

・・ジャケット。

ごめんなさい。

持っていません。

もう、何だかメールでお知らせするのもはばかりました。

 

【承知しました。採用担当者の皆さまに恥をかかせない体裁を整えて参ります。】

とお返事。

 

やっぱり買おう。週末にデパートに駆け込みました。

この時期、婦人服はセレモニースーツが多いですね。

何着か試着し、購入。

上着のみにしました。予算もないし、パンツはそれなりに持っているので。

 

****************

「スーツを持たないワーキングマザーがいたんですって」

「なぁにぃ!」

「やっちまったなぁ!!」

 

「女は黙って裸!」ってわけにはモチロンいきません。

それこそ社会的にやっちまったなぁ状態です。

 

ちなみに、クールポコのお餅つきのネタは、「餅をつく」と「イタい所を突く」をかけているそうです。

今回、イタい所を突かれた感じですが、やっぱり新調してみました。

 

一方で、最近何もしていないのに、お声がかかる。悪い経験では決してない。正直、嬉しい。

それこそ、棚からぼた餅だと思って、行って参ります。

お後がよろしいようで・・

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

インフルエンザが猛威を振るっています。皆さま、どうぞご自愛くださいませ。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • そりゃそうですね、研究職(でしたよね?)だと、スーツは無くて行けますよね。
    私は営業職なので、スーツは着なくてもジャケットは何枚か持って、ほぼ毎日着ていますので、
    確かに言われてみれば、という感じでした。^^
    でも、特に何もしていないのにお声がかかる、というのは、我々がそれなりの年齢になってきた、ということもあるのでしょうか。
    気づけば社内も年下が多くなってきて、役職は無いですが“後輩”ばかりになってきて、
    「え?私?」みたいなタイミング、確かに増えてきた気がします。

    にしても、どんなジャケットを買われたのか、ちょっと興味がございます(笑)

    • みゆき様

      コメントありがとうございます。

      お恥ずかしいことに、全くスーツを着ない毎日でして…営業の方や意識の高い方からすると、もう絶滅危惧種でございます。

      ただ、国際学会に出席すると、スーツは日本人くらいで、何でジャパニーズはそんな格好なの?と聞かれた時も。所変わればなこともあるのですね。
      まぁ、あなた、ラフすぎよという海外の方もおられますが(笑)

      「えっ?私?」状態。
      とってもわかります。
      『子供がいる』というタグと『2回育休を取っている』ということと、何なら『時短』ということが、採用にはウケるようです。
      制度が整っている点を強調したいのかもしれません。
      本当に、思いもよらず、白羽の矢が立つこの頃です。

      さて、みゆきさん!着々と退職に向かってるではないですか!すごい!
      応援しております。
      ファイトです!!!

      あっ、ジャケットの件ですが、フツーのものものをゲットしました。
      本当にフツー。
      でも、これから徐々に出番を増やす予定です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!