綱渡り、落ちる~!ピンチヒッターという最強の助っ人が現れました

スポンサーリンク

『ピンチヒッター』

野球では、ここぞというチャンスや選手の故障時に、バッターを交代し、打席に立つ人がいます。

経験豊富なベテランが起用されることが多く、浮足立つこともなく落ち着いて対応する姿は、頼もしいものです。

 

さて、我が家、2月に入ってから家族の誰かが不調な状態。

前回の記事でございます。

【ともばたけ】【共働きのススメ】
共働きの難所『出張時』『この日は!』という時の・・子供の発熱

 

やっと全員復活か・・と期待していた2月7日。

 

次男がインフルB型と診断されました

 

あかん。

共働きの綱渡り、いよいよ落っこちる。

 

木曜、金曜と休まねばと算段してると、実家の母から連絡が。

 

「滅多に手伝いに行けないし、木~金曜と泊まりに行こうか?」

 

本当に?ありがとうございます。

助かります。

「朝いちばんの電車に乗ったら、ぽにの出勤時間に間に合うかな?」

ありがとう!!お願いします。

母は、予定を全てキャンセルして来てくれました。

 

ただ、イヤイヤ期真っ盛りの次男は、やや人見知りぎみ。

体調不良で常に機嫌も悪い。

おかーさん!と叫んで、お正月以来に会う母には、なかなか懐かないかもしれません。

 

相談の末、長男も保育園を休ませ、3人で家の中で遊んでもらうことにしました。

荷物

母の荷物。

登山が好きで、元祖『山ガール』の母は、寝袋も入れてくれています。頼もしい。

 

母が来てくれた効果

おかげさまで、私と旦那は通常運転で出勤することができました。

 

今週前半、会社に行けなかった彼は、仕事が溜まっていました。

週後半は、思う存分残業ができ、仕事がずいぶんと進んだようです。

 

私も、本当は休むはずだった2日間。

これ、貴重!

ということで、いつも以上に集中して業務を前に進めました。

『母に助けてもらってまでして、出社している』という心理のせいか?何だかいつもよりも張り切りました。

会議でも、良い感じの自分がいたような気がします(あくまでも自分比)。

 

母は、1日目は兄弟をみていましたが、慣れた2日目は次男とゆったり過ごしたようです。

「とにかく子供達をみてて」ということだけを頼みました。

あれやこれやお願いすると、私も甘えてしまい、母自身も疲れてしまいそうなので。

でも、いてくれるだけで十分。

大人の手があると、どんなに助かるか、身に染みました。

ありがとうございます。

 

エピローグ

ピンチヒッターは、『代打の切り札』や『代打の神様』と表現されます。

ピンチに対面していたグランドで、母はクリーンヒットを打ってくれました。

 

昨日の夜、またリュックを背負って帰って行きました。

 

元祖、山ガールか・・とその姿を見て思った私。

 

いや、待てよ。

もう60歳過ぎてるし、ガールはないか。

婆さんか。

 

もはや、

ヤマンバか・・

と、こんなに助けてもらったのに、不謹慎な発想をする、娘でございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

みなさまも、どうぞお身体にはくれぐれもご自愛下さいませ。私は、何とかしのいでいます…

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 2月に入ってからのご家族の不調大変でしたね。次男君が「B型ですね」と診断された時のお気持ちお察しします。
    それにしても、ぽにさんのお母様、頼もし過ぎます!このリュックを見れば頼もしさがひしひしと伝わってきますよ。一番扱いが難しい1歳3歳の子の面倒を一日中見てくださるとは。
    最後の最後にぽにさん自身が倒れぬよう、お体気をつけてくださいね。

    • スノーマン様

      コメントありがとうございます。

      最後の最後に倒れぬようにしたいところですが・・少し、喉が痛くなっており、怪しい雰囲気です。
      でも、スノーマンさんの温かい文面を拝見して、元気が出ました。
      まだまだ、この寒い冬を乗り切ろうと思います。

      本当にコメントありがとうございます!!
      とっても嬉しいです☆

  • ぽにさん初めまして!いつもブログ楽しみにしてます。
    次男くんの体調はどうですか?ピンチヒッターのお母さま、さすがです!本当に有り難い存在ですよね(^^)
    というのも、私はフルタイム夜勤週末勤務あり、夫毎晩遅い、6才♀と3才♂の育児中アラフォー共働き家庭なのです(これだけだと…すごく頑張ってるワーママっぽい)が、実のところ、私の実家がある同じマンションに住んでおります、正にスープの冷めない距離!何なら熱いままな距離!
    元々は職場から徒歩圏内に住んでいたのですが、一人目出産後育休中に引っ越しました。さんざん悩んだのですが…
    おかげで、通勤時間は片道1時間かかりますし(電車通勤、朝は私が先に家を出て子供たちは夫が保育園へ連れて行きます)、車も夫婦1台ずつ持つことになり出費も増えましたが、平日の保育園のお迎えや夕食、夜勤の日や、子供たちの病気の回復期など本来なら夫婦二人でしなければならないことを、実家の父母が全面協力してくれています。
    近すぎる分、しかも血の繋がった関係な分、イロイロありますが、実家の協力なくしては、うちは成り立ちません! 
    私自身は、やはり甘えてしまい、家事スキルは全く向上していませんが…(^o^;)
    だから、ぽにさんのように、たとえ綱渡りでも、夫婦二人で助け合って頑張ってるご夫婦は本当に尊敬します!スゴイです!すぐ近くに助けてくれる親がいて、いつの間にかそれが当たり前のようになっていて、つい文句言ったリしてる自分に猛反省の夜です…(;_:)
    ピンチヒッターのお母さまのお話に、コメントせずにはいられませんでした。長々とスミマセン!
    ぽにさん、九州の片隅から応援してます(^^)/

    • あきへいさま

      コメントありがとうございます。
      凄い方からコメント頂き、ただただ恐縮しています。
      ありがとうございます。

      同じマンションに住んでいるなんて、なんて素晴らしい!
      そういえば、私の友人も親と同じマンションを購入していました。憧れのシステムだぁーと思っていたところです。
      でも、登場人物が増えると家族と言えどもストレスやうーんと感じる所も増えるのではないでしょうか。

      あきへいさんは、折り合いを付けつつ、上手に暮らしてそうですね。
      近いからと言って、全てが解決ではないですもんね。それも十分に理解されており、文面からも、やっぱりちゃんとされた方なのだろうと・・頭がさがります。

      フルタイムはやはり凄いです。
      税制からしても、働き世代のフルタイムは有り難い存在。
      ご両親からの協力を得つつ、全力で働くあきへいさんは尊敬します。

      一方で、近頃、何だか、トップオブトップの人しか「しんどい」や「大変」を言ってはいけない風潮みたいなものがあるような気がします。
      私もブログでしんどいとか発信しつつ、時短で申し訳ない…と思っています。
      あきへいさんも、もしかしたら同じ心理のところがあるかな…と勝手に考えてしまいました。

      何だかよく分からない文章になってしまいましたが、お互い身体には気をつけて頑張っていきましょうか。

      いつまでも、応援しています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!