ワーキングマザーの最大の敵が、今年も素通りしていきました

スポンサーリンク

就活の頃。

研究職での採用を望んでいた私はよく面接でよく聞かれたことがございます。

「転勤って可能ですか?」

毎回、こう答えていました。

「私は関西出身で、関西でしか過ごしたことがございません。なので、他の場所で過ごす自分が想像できないため、全く自信がないです。」

仕事で寄った京都駅。冬の空は高いですね・・

***********

ワーキングマザーの最大の敵。

 

それは、ギュウギュウの通勤電車でもなく、

気が合わない同僚でもなく、

機嫌がすこぶる悪い我が子でもなく・・

転勤辞令。

モチロン、夫も込みで。

【ともばたけ】【共働きのススメ】

ワーキングマザーの本当の敵

昨年の今頃、全く同じようなことを書いていました。

そして、1年たってもその想いは変わらず。

 

フリーランスの方や、起業家、様々な雇用形態もあると思いますが、やはりサラリーマン大国日本。

あちこちで、この時期に人事異動準備がされているでしょう。

 

先日、私の会社でも辞令交付がございました。

ドキドキしながら通達のPDFを開けてみました。

私…

セーフ!!

 

ホッとしながら詳細をよく見ると、とある男性が関東に出向になっていました。

彼の奥様は、私も良く知っている超優秀なワーキングマザー。

小さいお子さんもいて、ついこの間、お家を購入したところ。

 

えっ・・ということは、彼女、お勤め先辞めるの?旦那は単身赴任なの?

メールで聞いてみると・・

 

そうなんです!

困りました。どーしましょ。

とりあえず、旦那1人で行ってもらいます!

 

と返信が。

そうかぁ…

 

このようにして、母親には毎日の負荷と、1年に1度、営利団体の『コマ動かし』がのしかかってきます。

彼女、どこでも何だってやっていけると思うので、最良な道をチョイスしてもらいたいです。

 

さて我が家。

旦那にも通達が出ました。

結果は…

ステイ!!

ただ、親しい同僚がヨーロッパに転勤になったようです。彼の専門では海外転勤にはならないと思いますが…

海外だったら、私、ついていくのかな・・

場所や子供の年齢によるなぁ。

 

***********

その昔の就活時。

関西以外は不安だと言ってしまった私。

面接官は渋い顔。

ああ、ここも落ちるか…すでに何社も落ちている。

こりゃダメだな。

面接官「日本国内の転勤は難しいと言っても、我が社は海外転勤もあるからねぇ。」

 

私「あっ、私、海外大丈夫です。喜んで行きます。」

 

面接官「遊びに行くんじゃないですよー(怒)」

 

ひぃ〜〜〜〜

面接官を怒らせてしまった。

あーあ。落ちたな。

 

意外なことにその後、次の面接にも呼ばれ・・

 

あれよあれよとその会社に入社し、

勤続14年目の春を迎えようとしています。

そして、あの面接官は、今、技術系の最高責任者になりました。

人生、分からないものです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

いつも応援ありがとうございます!更新の甚大な励みにします。

いや〜本当に人生分からないもので、このブログが一冊の本に。

スポンサーリンク

5 件のコメント

  • 無事に素通りして良かったです!
    本当に良かったですね。
    我が家は色々と順調に進んでますよ。
    だんだんと新生活が楽しみになってきました。
    ぽにさん、もしもの時はどうするかも
    話し合っておくと良いかもしれないです。

    我が家は予定通りだったものの、
    残留した私が根をあげる事態になり
    計画が狂ってマイホームを
    手放すことになってしまいました。
    色々なケースがありますので
    いざという時、ではなく
    事前に考えておくことも大切かと思います。

    • まあ様

      いつもコメントありがとうございます。
      確かに。
      話合いは大切ですよね。
      嫌なことは後回しにすぐする私。
      うーん。ダメだな。

      『いざ』をきちんと想定して、話してみます。

      仮に、旦那が海外赴任に決まっても、ビザの関係で6~7月出発で・・とかもあるようです。
      向こうの新学期など考えると一緒には微妙。
      この辺りも含んでおかないと。
      更に、お金のことや私の仕事のことも。

      いつもまあさんには、励まされたり、ハッとさせられたり、
      本当に感謝しています。

      東京での新しい生活、心から応援しています!!

  • ぽにさん、こんにちは。

    オットの転勤問題、大いに頷きました。
    私はこの時期になりますと自分の上司からも旦那さん、どうなの?と伺いが立ちますね。
    そして主人の会社ですと
    『家を購入』やら『結婚』『家族の転機(子 誕生・新入学)』など、人生におけるターニングポイントに転勤辞令が重なりやすいというのです。

    我が家は
    今週子供が産まれて、これから夫婦二人三脚で進めるか!ってな状態でして、
    もしやとソワソワしました。

    有り難くステイらしいので、
    家庭円満に乗り切れるよう
    過ごしていきたいです。

    ぽにさん家のブログで
    家事関連をご紹介されてましたよね、勉強になります。
    またお気づきの事をお願いしたいです。

    断捨離のやり方を参考にしたい反面、
    踏ん切りがつかないのが正直なところです!
    長々と失礼いたしました!

    退院後にブログ本を拝読できるのが
    楽しみです^_^

    • のー様

      コメントありがとうございます。
      人生で一番大変な、珊瑚じゃない、産後の入院時にコメントを下さり、誠にありがとうございます。
      涙が出そうなくらい、嬉しいです。

      のーさんご一家がステイだと伺い、ホッとしております。
      子供が産まれることは劇的な変化なのに、更に転勤となると、大変過ぎて想像が追いつきません。
      ターニングポイントに重ならず、本当に良かったです。

      また、断捨離の踏ん切り、非常によく分かります。
      職場の後輩に、頻繁に聞かれることがございまして、
      「断捨離のやり方も本も買って、ノウハウはだいたい分かっています。問題は自分のモノを捨てる心境をどうクリアしていくかです。そして、それを具体的に伝えて下さいよぅ、ぽにさんよぉ。」
      と、半ばカツアゲ的に要求されております。

      ただ、私の文章力と断捨離に関する考察が足りなく、ブログにアップできていません。
      ちょっと頑張ってみます。

      のーさんの健やかな子育てと、お子様の健康を心からお祈りしています。
      どうか、乳児子育てライフをエンジョイして下さい☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!