ありがとうございます。そして、やっとできるようになったこと。

スポンサーリンク

書籍出版に関しまして、コメントを沢山いただきました。

本当に本当にありがとうございます。

お返事のまだの方、必ず返信しますので、しばしお待ち下さいませ。

ともばたけ

さて、新規のエッセイを1~2日に1つ書き、ブログを更新し、育児、家事、仕事、出張、課題発表・・

キャーーとなっておりました。

とっても光栄なお声かけなのですが、仕事も超繁忙期でしたので、てんやわんやマックス。

 

その上、旦那はちょいちょい海外出張。

「これ、できんのかいな~?いつものペースだと厳しいなぁ」と思っておりました。

 

そこで、泣く泣く年末より削ったことが3つほどございます。

ご紹介します。

年賀状

はい。出ました。

年賀状、無理でした。

寒中見舞い、間に合いませんでした。

どうしよう。

 

1枚1枚、丁寧に・・なんて無理無理無理~

惰性で書くどうでも良いハガキなら、出さない方がいいかな(元々遅れていますし、目立ちますし・・)。

でも出したい!!

ネットで検索すると、立春から2月末までに出すハガキは、『余寒見舞い』として出せるようです。

(↑知らなかった!)

ということで、ブログ出版関係も仕事も落ち着いたついこの間、ハガキを買ってきまして、現在準備中でございます。

 

会社のランチ時間にシャカリキで取り組んだ

 

ランチ時間は、週3で社内の友人と談笑しながらご飯を食べていましたが・・11月下旬ごろから一旦ストップしました。

その時間に、エッセイやブログの記事を書いたり、会社の専門分野の課題をまとめたり・・

とにかく、隙間時間は全て使ってみました。

 

この経験で気が付いたのですが、ザラっと内容を書いて、肉付けは後からして・・というスタイルが、自分には合っているなぁと。

とっても良い経験になりました。

 

土曜日の午前中、2時間ほど時間をもらう

 

土日は家族で朝から遊びに行く我が家。

ただ、時間をどうしても作りたく、土曜日の午前2時間ほど1人にさせてもらっていました。

幸い、旦那が土曜出勤の時期ではなかったため(年に3か月ほど土曜出勤の時期があります)、協力が可能となり、本当に助かりました。

その代り?日曜は私が子供達を2時間ほど午前に連れ出し、彼が専門分野を勉強できる時間を作りました。

これはこれで大変でしたが、午後からは家族全員で出かけ・・という週末。
家族に申し訳ないなぁと思っていましたが、
子供達はウキウキの様子でした。

 

こんな感じで出来上がりました

私の人生に出版という機会は2度とないと思っています。

非常に勉強になりましたし、いろんなことを吸収したつもりです(あくまでもつもり)。

は~い。

しつこいですが、書店には並ぶかどうか分からないです。
Amazonさんがおススメです。

 

さて、次回は出版の【裏話】をお送りします。

実は、嬉しいことに、他の出版の方から話がきていましたが、頓挫したお話も・・

 

次回に続きます。

 
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ランキングに参加しております。更新の甚大な励みにします。

スポンサーリンク

7 件のコメント

  • ぽにさん、書籍化おめでとうございます!
    先日初めてのコメントに、ご丁寧なお返事を頂いてありがとうございました、私は親の助けがある分、ご夫婦二人で頑張っておられる共働き家庭と同じ土俵でお話するのは、正直気が引けてしまいます…ぽにさん見事に私の気持ちを見抜いていて、さすがと思いました。
    ぽにさんの正直で飾らぬ言葉がたくさんのママたちの共感を得て本になるのですね\(^o^)/スゴイです!休み時間も利用して、時間を巧く使って、忙しい中頑張ったんですね。ご主人様も協力されて素晴らしい!理想的な夫婦だと思います。ほんとにお疲れ様でした〜!育児に仕事に家事に、休む暇はないかもしれないけれど、少しでもいいから休んでくださいね〜(^^)

    • あきへいさま

      コメントありがとうございます。

      いやいや、あきへいさんは凄いです。
      フルタイムはダテじゃないですよ。
      前回のコメント、見当違いなことを書いてしまったかなぁ…とちょっと不安に感じていました。
      あぁ、良かったです。

      書籍化は、ただただ光栄だなぁと思っています。
      でも、これからAmazonとかで叩かれるんだろうなぁーと思うと、ガクブルします。
      って、コメントなど、誰も入れないかもしれませんが(笑)。

      我が家のことを褒めてくれましたが、やっぱりあきへいさんのシステムは理想です。もちろん!頼る人がいると、それなりのモヤモヤも増えるので、一概には言えませんが…
      その体制にした、あきへいさんご夫婦の工夫があっぱれです!!

      私は綻びが出てるかも…不安です。

      でも、いろんな共働きの形があって、各家庭、奮闘していて・・大変だけれども、社会全体が盛り上がるようになれば良いですね。

      まだまだ寒い日が続きますし、お身体にはくれぐれもお気をつけて下さい。
      コメントありがとうございます。
      心から応援しています!!

  • ぽにさーん、拙文ながら、ぽにさんのご本のことをブログに書かせていただきました。
    よろしければ、ご確認ください。
    これからも応援しております!
    お互い頑張りましょう〜!

    • ramoさま

      コメントありがとうございます。
      ramoさんの人生を諦めない姿、沁みました。
      グサーーっときました。

      諦めて、「本当はこうしたかったんだけどなぁ」と言って生きている自分。
      猛反省。
      自分で選んだというのは、言い訳ができないので本当に凄いです。
      ブログ記事を読んでから、
      実は希望していた研究職を外されたことにホッとしている自分に気が付きました。
      やりたいことができないのは、転勤という言い訳にしていました。

      いろいろ考えました。
      ありがとうございます。

      • 連投失礼します!
        ぽにさん、何をおっしゃいます!
        家庭があって仕事があって、さらにこんな素敵なブログも運営されてるぽにさん、素敵すぎます。
        そして書籍化!
        わたしがぽにさんのご主人やお子さんだったら、自慢しまくりですよ〜
        とにかくぽにさんの存在は、同じように頑張るママさんとして輝いています。
        これからも応援しています!

  • ポニさん書籍出発おめでとうございます☺️
    多忙極める日々、脱帽いたします。季節的な体調管理の困難もあるなかで、よく乗りきって達成したなーと感心しっぱなしです

    年賀状、我が家もヤバくて絶対絶命ですが…
    一言手書きメッセージを諦めて、全員に同じ写真同じレイアウトで同じメッセージにして、しまうまプリントに投函までお願いしてます。確認できないので自分宛にも出します。喪中とか引っ越ししたとか住所録の管理は必要ですが、とりあえず「出す」だけはクリアできました(笑)寒中見舞いとか、先延ばしするのも気を遣ったり、繁忙期と重なって辛いですよね(T_T)
    夫婦共に夜勤あり、妻の私が管理職の「ともばたけ」です。いつもブログで励まされて頑張れてます。これからも応援してます❗頑張りましょう❗

    • ミサ様

      コメントありがとうございます。
      年賀状の提案、めちゃめちゃ参考になります。
      しまうまプリント利用ですか。
      賢いなぁ~~
      そうなんですよ。先延ばしになるとそれはそれで試練が待っておりまして・・

      そして、夫婦共に夜勤ありなんて、
      なんという『ハイパーともばたけ』ですか!?
      ひれ伏します。
      尊敬です。
      しかも、管理職!!
      ひぇーーー
      ヒラの私にとっては、眩しくてしょうがないです。
      このブログのどこに励まされるのでしょうか。
      ミサさんの方が素晴らし過ぎて、全く参考にならないと思いますが・・
      シェーー

      とにかく、ありがとうございます。
      コメント、感謝しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!