出世したい自分と距離を置く

煩悩と言えば、ハスが浮かぶのは私だけでしょうか・・

先日、植物園で咲いているハスをみて、はっとしました。

e0349351_16111677.jpg

そう、私は入社した時、出世したかったんだと。

社内で認められ、異例の出世をし、ホームページや他業種の媒体に取材され、大注目の末、取締役に・・
なぁーんて、本気で考えてました。

今思うと、顔から火が出る程恥かしいです。

もちろん現実は厳しく・・

自分の中では、そこそこのパフォーマンスをしたものの、評価は平凡そのもの。

総合職女性だからと言って、何か注目されるわけもなく、だからと言って、甘い目で見てもらえるわけでもない。
責任や残業はもちろん、休日出勤もあたり前。

顔の吹き出物も、常に出ずっぱり。
今振り返ると、「よく結婚できたな」と思います。

必死に走っていたのに、自分の理想と現実がどんどん乖離していく気がしていました。

そんな中、入社5年目で結婚。
10年目手前で妊娠し、育児休暇を頂きました。

出産をプチゴールにしていたので、完全ナメきっていました。

なかなかしんどいわ。
子供、可愛いのに。
全く思い通りにいかない。
実家も遠く、近くに手伝ってくれる人もいないことに、焦ったこともあります。

でも、子供が教えてくれました。

自分の視野の狭さを。

e0349351_16411307.jpg

出世したいと肘張って、周りの人を押しのけてまで登り詰めるよりも、
みんなで最高のパフォーマンスする人になりたいと強く思うようになりました。

今の私は、同僚や後輩が出世したいと言ったら、万歳しながら応援できます。

現在、国内のメーカーに研究・検査員として勤めています。

世界に誇れる、子供に誇れる、仕事をしていきたいです。

さあ、再スタート、頑張るぞ!!

あっ、2人目復帰だから、
再々スタートか。
失礼しました〜

 

ランキングに参加しております。
もしよろしければ、ポチをして頂けますと幸いです。
ブログ村のランキングページに飛びますので、ビックリさせてしまったらごめんなさい。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!