突然の入院、足りない人手

前回の続き。

0歳息子、入院です

前の日まで、あははーーと家族でご飯を食べ、図鑑を眺めたり、カルタをしたり楽しんでいたのに、一転。

原因不明の高熱と白血球の多さ。

胸がバクバクする。

先生「車で来てますよね?紹介状書きますので、このまま大きい病院へ向かって下さい。」

紹介された病院は、我が家から車で5分。比較的近い場所にある。

病室

そのまま向かうと、なーんにも用意せずに入院、しかもクルマを使ってるので、夫がバスやタクシーで後からサポートとなる。

彼の仕事のキリがつくまで働くと夕方かな…そうなると上の子達もいて、用意を持ってきてもらうのは、結構厳しい。

 

しかも、コロナで面会は基本NG。病院に来たからと言って、兄達は弟に会える訳ではない。

 

そうこう考えているうちに、紹介状を渡され、先方の病院の小児病棟はバッチリ空きがあるとのこと。

車に三男を乗せ、考えながらゆっくり進む。

 

雨が降っていて、キュキュとワイパーが交差する。

 

すぐに大きい病院に行きたいけど、一度、帰り軽く支度して、タクシーで向かうのが賢明かも。

 

先生のあの感じだと、数日の入院ではなく、最低でも1週間はかかりそうな雰囲気。

1週間…

えっ…

どうしよ。

大人の手が足りない

上の子達2人とも保育園なら、夫に早朝から車で向かってもらい、一度に預けられますが、そうはいきません。

長男は小1になりました。

早朝の学童預かりなんて、我が地域で聞いたことない(私がリサーチ不足かもしれないですが)。

朝、1時間以上ひとりで家にいさせて、、

朝ごはん食べて、顔洗って、鍵閉めて・・の練習は全くしていないし、マスクや水筒やら、準備もめちゃくちゃ多い。

大人でも忘れてしまう。

うーーん。

突然だと、いろいろ厳しい。

 

夫に対応してもらうか。

 

6時台に出勤する彼は、長男を送り届けると確実に遅刻。

定時帰宅しても、学童のお迎えに間に合わない。

ほんでもって、3週間後に育休に突入するため、あらゆる引継ぎと実験をこなしているっぽい。

男性の育休は、妊娠している訳ではないので、ギリギリまで働けるよねムードらしい。ましてや、生後5ヶ月からのタッチ交代なので、出産日を気にしなくて済む。

周りも本人も最終日まで走りきる感じ。

 

頼んだら休んでくれるけど、1週間となると、厳しいよなぁ。

 

はぁーーー

共働きって厳しい…

いやいや!私、今、育休中だし、就労してないし。

仕事していなくても即座に八方塞がり。

専業主婦でも幼児が入院すると簡単に回らなくなる。もしかすると、専業もかなり悲惨じゃない?単身赴任とかだったら、もう、想像を絶する。

お勤め・専業関係ない。

子供を育てるって、やっぱり大変!

そして、核家族って脆い

大人の人数が2人しかいないので、何かあれば簡単に人手不足。

通常運転が困難になります。

これらを打開するためにファミサポやシッターがありますが、コロナ禍の今、他の方をお家に迎えるのは気が引けます。

 

長男が小1になって、もう綱渡りではないなぁと勝手に思っていましたが、絶賛、渡っている真っ最中だった。

zzz…パチン!

と目が覚めた感じ。

 

待てよ。

藁にもすがる思いで、車を脇にとめスマホを出す。

ポチポチと打つ。

無理は承知、トイレはあっち。

母にお願いしてみよう

60歳オーバーの母世代って、何かと予定が詰まっていて、結構多忙。

私は、三人姉妹の真ん中に育ち。

姉にも妹にも幼児や乳児がいます。

そのサポート(あまりしてないっぽいが)と、自身の趣味やボランティアと、母は何かとバタバタしています。

しかも他府県在住。

1時間半以上は来るまでにかかってしまいますが、、助けて欲しい。

LINEでヘルプ要請。

 

母から即返信が。

『今週ならいけます』

奇跡!!

嬉しい!頼みます。

直ぐに、夫と3人のLINEグループを作り、何時に来れるか、三男の状況も経過報告することに。

夫も歓喜のLINEを母に入れる。

よし、状況は変わってきた。

とにかく、車を自宅に置き、軽く用意をして紹介された病院にいこう!

 

周囲の状況は整い、多少気分が晴れました。

 

しかし、

三男の病状は変わるわけではなく、

その後、病院にて、

やつれながら話を聞くことになるのです。

雨はまだ、止む気配もしていない…

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

クリック頂けると更新の励みにします。

◆妄想だらけのぽにの楽天ルーム 一切ためになることを発信しないぽにのTwitter

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在4歳、6歳の育児中。 もうすぐ3人目の出産を控える。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!