週半ばの常備菜づくり【ワーキングマザーの現実と対峙する】

スポンサーリンク

先日まで、何だか1人でバタバタしてしまい、『働く自分』で精いっぱいになっていました。

休日は、子供達と思いっきり外に遊びに行く。

家にいるとストレスがたまるようで、「外で~」と言ってくる。実際、行かないとお昼寝モードにもならない。

常備菜づくりもままならない。

そうなると週明けからたちまちハードに。

今週は、週半ばに作ってみました。
朝、30分ほど早く起きて。

共働き 常備菜

レンジでチンしたもの。
蒸しただけのもの。

冷蔵庫に残っているものでカレーを作ってみました。

 

連日、クタクタになり帰宅するため、寝落ちして気が付けば朝。

それならまだ良いのです。

問題は寝落ちを逃し、何だか冴えてしまって寝られない時。

何時間も眠れない。

以前、整体に行った時に、
「ワーキングマザーの方は、マルチタスクで、ずっと交感神経が働いている状態です。1日20分でも副交感神経が優位になるリラックスした状態をわざと作ってください。」

なるほど。

確かに、起きてからずーーーっと気が立っている。
何かしている自分。

次、次。

仕事も任されて嬉しい反面、整理ができていない自分がいる。

優先順位をつけて取り組んでいるつもりだが、ドンドン積もっていく。

必死で減らしている仕事。
うーん、泊まり出張、日帰り出張も入ってしまった。

 

そんな時、帰宅後も何もないと焦る。

我が家は、子供も小さく外食に・・というわけにもいかない。

そっちの方がお世話も大変。
経済的にも負担になる。

最近は夫も多忙で出張が多く、ワンオペの日も増えた。

 

今までこだわっていた、
『土曜日は自分が休みだし、子供を保育園に預けない』
という自分で決めた取り決め、一度破ってみようかな。

いっぱいいっぱいだ。

部屋を以前よりシンプルにしても、モノを少なくしても、全然違う所からのタスクが半端ない。

やっと、やっと仕事に脂がのってきて、専門的な話も一人前にできるようになったのに・・

男性だと、家のことは奥様がやってくれる家が多い。
帰宅したらご飯ができていて、洗濯や掃除もやってもらっている。

家でする用事がとてつもなく少ない。

そして、それで社会的にも許される。

ワーキングマザーは、家や仕事がおざなりになれば「やめれば?」的な選択肢が家族にも会社にもよぎる場合がある。

これが現実なのか。

愚痴ばかりになり、すみません。

常備菜で夕飯を作りながら、本気で立て直しをすべきかと迷うこの頃です。
 
ランキングに参加しております。クリックして下さいますと嬉しいです。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

皆さんの応援が、更新の大きな励みになっております。

このランキングは必見です。
『シンプルライフ』人気ランキング

このランキングのブロガーさんは皆おススメです!
『ワーキングマザー育児』人気ランキング

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 初めてコメントします。
    最近こちらのブログを知り、共感できる
    記事がたくさんあり、更新を楽しみに
    しています。
    私も会社勤めをしながら2歳半の男子を
    育てていまして、自分で働くことを選択
    したわけですが、なかなか家事と育児が
    上手くこなせていません。
    (*_*)

    子供2人をワンオペ育児って、本当に
    大変ですよね。
    取り決めは破ってもいいのではない
    でしょうか。
    仕事も家族も大事ですが、ぽにさんの
    身体(こころ)も大事だと思うのです。

    • やま様

      コメントありがとうございます。
      忙しい時に私に温かい文章を綴って下さり、本当に嬉しく思っております。

      感謝です。

      やまさんも2歳半のお子さんですか。
      可愛い時期ですが、大変な時期ですよね。

      私は、あーあということが多くなってきました。自分でもダメだなぁと自覚はしているのですが、なかなか抜け出せず。

      かと言って、仕事を辞めたりキャリアをスイッチするエネルギーもなく…難しい時期にいます。

      ブログを読んで下さり、ありがとうございます。
      もう少ししたら、霧が少し晴れるかな…また報告しますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!