旦那の進化に惚れ直す

スポンサーリンク

「ポニさんの所って、亭主関白だよねーー」

結婚した当初、同僚から言われました。

そうです。

うちの主人は、家事があまりできませんでした。
しかも、タチの悪いことに、台所は女性の聖地だから男性は入ってはいけないと思っていたようです。

どんな昭和や。

クッションに葦(あし)が生えてしまったかと思う時もありました。

ともかく、いろいろありまして、
今では主人のおかげで何とか過ごしてます。

ただ、比重はもちろん妻。

そんな矢先、私は1泊2日の出張に行って参りました。

朝の子供達の準備は1人でしたことのない彼は、どうやら気が付いたようです。

これは、大変だと。

今まで食洗器からしまう作業は、進んで担当してくれてたのですが、
本日のしまい方に私、感動しました。

e0349351_08300257.jpg

見て下さい。

この彼の進化を!!

コ―フンのため、説明不足で申し訳ございません。

子供達の保育園の持ち物の一つ、
お皿
コップ
お箸箱
をきんちゃく袋に入れて持っていきます。

いつもだと、別々の場所にしまわれており、私がきんちゃく片手に回収します。

ところが、

e0349351_08301587.jpg

ひとまとめにされてるではないですか!!

なんと便利な!!!

きんちゃく片手にウロウロは、日常のルーチンになっていたので、無駄な動きだと気がつきませんでした。

主人のアイデアに感謝。

さて、出張の一コマです。

e0349351_08303069.jpg

金沢は、北陸新幹線も通って、活気がある街ですね~

ひゃくまんさん

e0349351_08305302.jpg

足が生えております。

 

おあとがよろしいようで・・

ランキングに参加しています。
もしよろしければ、ポチっと応援して頂けると幸いです。
ランキング表に飛んでしまいますので、不愉快な思いをさせてしまったらごめんなさい。
にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!