『共働き』地味に10年目に入っております。辞めたいと思ったこと?数えきれませんが・・

時は、2009年。

今から10年前に会社の後輩に聞かれました。

 

「ぽにさんって、どれくらいまで共働きするんですか?定年までですか?子供が産まれるまでですか?」

同じ総合職で採用され、私より明らかに優秀な彼女。

会社から女子寮までの数百メートルを何度一緒に帰ったことか。

そのまま、「今日は飲むか!」と朝までベロベロに飲んでたなぁ。

 

うーん。

とりあえず、10年くらい、続けてみるよ。

青空

あれから、10年経ちました

私は2010年に部署が変わり、何なら地味にこの4月からまた仕事内容が変わり・・

相変わらず冴えない感じですが、働いております。

 

辞めたいと思ったこと?

ええ。

数えきれないほどありますし、ありました。

何とか誤魔化し、ここまできました。

 

さて、10年前に、後輩に10年続けると言ったのには理由があります。

  1. 転職しない方が当時有利だった
  2. お金
  3. 単純にワーママになりたかった

 

まず1つ目、

転職しない方が当時、有利だった

夫と結婚すれば、関西でもなかなかの田舎エリア(のどかで良い所です)の社宅に住むことになっていました。

今考えれば、そんなの気にせずに、中間地点にでも住めば?と思いますが、当時、私はお金がなかった(滝汗)。

 

その時は職種にこだわっていたので、現職(研究職)での転職を考えると、遠方通勤or条件微妙になってしまいます。

 

そして、何よりも厳しかったのは、

リーマンショックの翌年だったこと

エージェントにも登録していましたが、「2007年だったらいっぱいあったのに・・」と何度言われたか。

もうね、本当に当時、なかったんです。

氷河期にヒーヒー言いながら就職し、転職しようとした時は、リーマンショックで正社の求人ほぼなし。

しくしく。

 

正社員でいたいのなら、会社にいるしかない。

子供を産むとして、とりあえず10年?

いけるかな・・

お金

これは、単純に正社員転職が厳しいなら、アルバイトかパートかな・・と。

 

でもね、

パートで100万円ってかなり頑張らないと無理ですよね。

 

当時の時給、田舎なこともあり、お昼間は780円とかでした。下手したら、698円でしたよ。

 

さて、計算してみます。

週3で、5時間、仮に780円で働いて、

週に11700円。

月で計算(×4)すると、46800円。

年間(×12)だと、56万1600円

・・これ、現実。

 

百歩譲って、もしかしたら年間100万円もらえるようなパートにありつけるかもしれない。

当時、アラサーだった私。

パートで30年働くとして、

生涯年収・・100万×30年=3000万円

うむ。

 

では、10年正社員で働いて、年間300万円の収入だったら・・

3000万円に到達するには、10年働けば良い。

当時、何度も夫と話し合ったこと。

とにかく、10年やってみようか。

10年、長いよ。とっても長いよ・・

 

さて、最後の理由。

単純にワーママになりたかった

私は、専業主婦の母の元で育ちました。

母には感謝しており、尊敬もしていますが、

「うちのママって、お家にいて何が楽しいんだろ。」と思っていました。・・ホント、ヒドイ娘です。

 

自分は、外で働く人になりたいな・・とボンヤリ考えていましたし、『男に生まれたかったな・・』と思う事が結構ありました。

それは、生意気にも『存在価値』みたいなものを社会で試してみたい。と考えていたからかもしれません。

 

私は、幼少期からうだつが上がらず、努力したらリカバーできる?と信じていた部分があります。

 

結婚が決まった時にも、まだ自分のやりたいことを全てした!という感情や、社会から認めてもらったという認識は、ありませんでした。

きっと、社内で注目されて、褒められるような人物だったら、納得してサッサと辞めていたと思います。

 

まだまだ、全部出してないぞ・・という謎のストックを信じていました(そして、ストックはスッカラカンでした)。

というわけで、『踏ん切りがつかなかった』というのが正解です。

 

エピローグ

 

後輩に、10年発言をした私。

「10年か・・長いですよね。」

長いよ。私達、どうなってるんだろうね。

 

彼女はその後結婚。

夫の転勤で、会社を辞め、関東に移り住みました。

関東に出張すると、何度か一緒にご飯を食べています。

茨城の研究エリアに引っ越したこともあり、高い時給でパートとして雇ってもらえたようで、子供も2人育て、楽しくやっているようです。

 

一方で、私。

あれから10年です。

ノルマ、達成したかな。したよな。

 

続けていて良かった?

分かりません。

経済的には当時より豊かになったと思います。

でも、共働きだから、駅近くの利便性の高い、狭い、ある意味管理のし易いマンションを選びました。

夫の働きだけだったら、田舎で一軒家を建て・・それはそれで充実した毎日だったのではないかな。

 

ん?待てよ。

育休分を引くと、2回取得してるから、あと2年足りない?!

ありゃ?
ホントだ!!

 

しんみりしたけど、あと2年足りないか~~

クーー

 

とりあえず、今日も元気に出社します。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。『辞めたい』と思うこと、数知れず。10年前とは違い、子供がいるので、これから経済的にも本当に頑張らないと・・と思う事が増えました。この先、10年、どうなっているのかな・・皆さんにそれもお伝えできたらな。ブログもぼちぼち続けます。

本ブログトップページ☚☚

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【本ブログの過去記事】
今の30代・40代、例え大企業であっても終身雇用ヤバい説。【共働きの社会科】

『出世したい人』と『そこまでではない人』の狭間

ワーキングマザーは自転車操業?

ガッカリした人事査定について【初めて上司に物言いをしました】

プロジェクトリーダーを断った話と、シンデレラのお話と

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!