共働き、やっぱり大変かも・・綱渡りな自分にがっかりしています

共働きの我が家、お互いの両親は遠く、近くに手伝ってくれる人はいない、主人は朝5時台には起きて出社・・何かとイマイチ条件が並びます。
ただ最近は長男も3歳、次男も1歳半になって、1年前や半年前よりも落ち着いてきたと考えていました。

いや、勘違いしていました。

聞いて下さい。

たかがサッカーのテレビ観戦で、日常が乱れる事実を。

先日、サッカー日本代表とUAEが対戦しました。
サッカーファンの主人は、どんなに忙しくても代表戦はリアルタイムで観たい人。

時間は木曜日の深夜。

子供達を早く寝かしつけ、仮眠してから臨むようでした。

我が家は1LDK使用。
現在、リビングの何もないスペースに布団を敷いて家族4人で寝ています。

50平米マンション リビング

サッカー当日もそのパターンで。

いざ、観戦が始まったようです。

音量は小さくしてくれていますが、聞こえますし、何か熱くなっている人が起きているなぁ~っていうのが分かります。

しばらくすると、長男が夜泣き。
我が家は週に何回か、夜泣きありの子供達なので、それは仕方がない。

ただこの日はちょっと、癇癪を起こした厄介なパターン。
主人、サッカー観たいのか必死になだめる。

「サッカー原因ちゃうの?」と冷ややかな視線を送るが気が付かず。

2時間半ほどの観戦。

私はいつもと違う部屋の灯りのせいか、浅い眠りになってしまいました。

まぁ、たまにだから我慢するか・・と考え諦める。

朝。

主人「ごめん。寝坊して片付けできていない。いってきます。」

寝ぼけまなこの私。
部屋を見渡すと、いつもたたんでくれている服がない。
その前に、部屋、ぐちゃぐちゃ。

観ながら片付けようとしたみたいですが、ガチャガチャと音がして、子供がそれも気に障って泣いてたことを思い出しました。

あーーー

毎朝、いつもは前日の洗濯物を主人が畳んでくれています。

保育園に持って行くエプロンや給食袋など、少数精鋭の我が家は、非常に重要なポイント。

それ以上に、私の精神的負担がだいぶ減少します。

洗濯物を畳もうとしていると、次男が起きてきました。
1歳児の朝は、母親から離れないのが仕事なので、ベターっとコアラのようにひっついてきます。

かわいいのーと思う自分と、どこかで、「何もできなくなるー」と焦る自分が。

洗濯物の山から重要なモノのみ取り出し、次男に構っていると、長男も起きました。

よしよし、今日は寝起きが良いぞ。

と嬉しく思っていたのもつかの間。

朝ごはん後、長男、眠いようで、
「着替えしたくない。」
とグズる。

最近頑張り始めている着替え、全くできず。私が手伝っても嫌がり、5分ほどもめる。

朝の5分はツライ。

次男は、イヤイヤ期の真っ盛りもあり、着替え自体が大嫌い。
この1ヶ月は、なんと上服はパジャマで保育園に行っています(先生方、ごめんなさい)。

下服とオムツだけ大号泣の中、着替えさせます。

玄関に行っても、全然靴を履こうとせず。
あー時間がない。

長男「おしっこ」

えーーーっ!今?
分かったよ(私、半泣き)。

トイレへ。
私の顔が怖いのか、長男、なぜか泣き出す。
「大丈夫だよー怒ってないよー」
何を言ってもグズグズ。今日は何だかダメなよう。

いかん。
予定時間を大幅にずれ込んでいる。

7時45分出発が、現在54分。

車に乗り込む。
落ち着けーと言い聞かせながら、出発。

保育園送迎後、洗濯物を畳んで、部屋を片付けて、軽く自分の朝ごはんと食器の片付けと・・

全てが後手後手に。

 

いざ、出社。

ほとん眠くなることはない勤務時間に、眠くて眠くて効率が上がらず。

それじゃなくても金曜日、一週間の疲れが溜まっています。
周りの方は気が付いていませんが、まぶたに目を描きたいくらい、眠い。

 

たかがサッカー、されどサッカー。

ちょっとしたイレギュラーが起きると、崩れてしまう生活。

我が家の共働き生活は本当にモロイな・・と思ってしまいました。

スゴ母でも、これと言った強みもない私。

唯一の取柄は、『忘れること』くらい。こんな一日があったことも忘れて、続けるしかないかな。

 

帰宅した主人(しかもこの日は送別会後の酔っ払い)。

私「サッカーのおかげで、いろいろずれ込んだよ。観戦しながらで良いから、洗濯物はお願いしたい。」

主人「ごめん」

私「・・で、サッカーの結果はどうだったの?」

主人「勝ったよ!もう久保がヤバくてさ~」

 

饒舌に話すが、彼の奥さんがヤバくなっていることに気が付いていないらしい。

 

 

最後まで読んで下さり感謝しています。
ランキングに参加しております。
下の写真にクリックして下さいますと嬉しいです。

にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へにほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ

 

【トラコミュ】


ワーキングマザー

時短家事の工夫

6 件のコメント

  • 身に染みて共感いたします!うちも夫はテレビ大好きです。家事能力も高くて素晴らしいのですが自分の為に時間を使おうとするところが、私とは違うなあと。同じような家庭があると知るとホッとします。

    • まあさま

      コメントを頂き、誠にありがとうございます。

      まあさんのご主人の家事能力が高い点、素晴らしいです。
      ただ、『自分のために時間を使おうとする』という文面に笑ってしまいました。
      非常に分かりやすい表現です。
      こちらこそ、激しく共感してしまいました。

      私も、愛くるしくも時より『?』になるパートナーと、これからも楽しく過ごしていこうと思います。

  • こんにちは。楽しく読ませていただいています。
    寝るお部屋ですが、リビングではなく、絵本のお部屋にはできないのでしょうか?
    大人と子供は生活の時間帯も違うし、リビング兼寝室では、大人も子供もストレスを感じてしまうと思います。
    寝るときは暗くて静かなお部屋で寝るのが、体のためには一番いいし、眠りの質も格段に違います。
    大人も、子供の眠りを妨げずにテレビを見たり、寛いだりしたいときもあると思います。
    寝る、生活するを分けた方がみんながストレスフリーで幸せな生活になるんじゃないかな?と思います。

    • あやかさま
      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りです。
      あやかさんのコメント、身に染み過ぎて、早急に対策すべきだと再認識しました。

      実は最近、試験的に絵本部屋で寝ております。
      なぜ試験的かと申しますと・・

      絵本部屋とマンション共同スペースの廊下の壁が薄く、音が漏れやすいのです。
      マンションは単身者も多く、同じ階に夜10時以降でも少し騒がしい住民の方がおられました(最近、引っ越されたようです)。
      そちらが気になっていたのと、子供達の夜泣きが音漏れしないか、少しナーバスになっていました。

      マンションは鉄筋で、両隣やリビング側の音は全く聞こえないのですが、廊下側だけなぜか薄め・・うーん。賃貸物件だしなぁと諦めています。

      ただ、あやかさんのアドバイスの通りだと思います。
      夜泣きがましになってきたので、徐々に寝る部屋変更作戦を始動したいです。
      コメントありがとうございます。

  • こんにちは。
    偶然こちらを拝見し、いつも楽しく読ませていただいてます。
    うちも共働き、子供2人(3歳、0歳)、そして1LDK住まいです。
    特にこちらの記事は共感せずにはいられない内容でした!
    自分の家事能力に限界を感じる今日この頃…しかし、やらなければ進まない!
    心から応援しています。
    お互い頑張りましょう〜^_^

    • ramoさま

      コメントありがとうございます。
      何と!共通点が多くてこちらこそ嬉しくなりました。

      1LDKで、お子さんお二人。
      0歳児さんもおられるので、我が家よりずっと、ハードだと思います。
      どうか、お身体にはご自愛下さいませ。

      私もぼちぼち進んでいきます。
      八方ふさがりに感じる時もありますが・・

      お忙しい中、コメントを下さったこと、感激しています。
      心から応援しているというお言葉、勇気付けられました。
      本当に本当に、ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!