続編です。結局どうするの?お家問題!!

スポンサーリンク

「この11月で引っ越しするんです。お世話になりました。」

お隣で1人でお住まいだった男性が、廊下で挨拶してくれました。

そうですか。お元気で。

 

実は、我が家が住んでるフロアは個性的な住民が多かったと感じます。お年を召した女性の独り暮らし、ホスト、不思議な男性独り暮らし。

このマンションに入居して5年。当初、2軒隣のホストは注目人物でした。

この方は随分問題があったようで、管理会社にも苦情が殺到していたそうです(当時のママ友談←引っ越しましたが・・)。

駅から近いマンションのため、ホスト達のたまり場となり・・駐車場にたむろしたり、住民にはキチンと挨拶するホスト達(結構イイ奴)だったのですが、やっぱりイロイロありました。

 

ある日、泣いている派手な女の子がホスト宅の前で出待ちしていることも。

私は妊娠してすぐでいっぱいいっぱい。フルタイムで働いていましたし、里帰りもあり、実家に入り浸ったりで、さほど彼らの行動を把握していませんでした。

ルンバ 便利

 

長男が生まれて半年後くらいに、ホストは引っ越していきました。

それからでしょうか?

うちのマンションに入居する世帯は、新婚夫婦or子供が小さい家族がグッと増えました。

 

ホストの件もあり、大家さんや管理会社が、男性独り暮らしという世帯をワザと外しているのかもしれません。

 

前回の記事。

【ともばたけ】【お家】
戸建て買うの?どうするの?我が家のお家騒動

不動産会社の担当者、その名も『銀シャリ』。

この人、結構鋭い。

「奥様、今の保育園はどちらですか?」

あの~ここからは遠い○○園です。

「えっ!それは、かなりの距離がありますね。そうなると、マンションでも駐車場が近くないと大変ですね。」

それよ。マストなんすよ。近い駐車場。

立体や機械式で出てくるまでに、我が子がジッと待っていられる・・わけない。平面駐車場って助かるんですよ。

で、銀シャリは以下の要件を一緒に出してくれました。

  • 出張にも出やすい場所(帰りも比較的明るい)
  • 学童や小学校も近い
  • 駐車場がある(出しやすい)
  • 家は広くなくて大丈夫

って、こんな物件ある?

各種、計算をしたところ、この条件に該当する物件が空いた場合、35年ローンで月の支払が現在より+4万~7万の覚悟が必須。

そもそも、人気エリアで全く空きが出ない。

マンションも戸建ても。

今回の土地、やっぱり好条件か?

いや、奥さん、高いです。今回の物件は。

銀シャリ、ピシャリ。

少なくともこの値段で手を出すのは辞めとくべき。買うなら値引き交渉をしなければ。

そして、我が家の条件や生活リズムを鑑みると、戸建てより断然マンションを推すとのこと。

 

うーん。戸建てが捨てがたい私。一方で中古を手に入れてリノベも全然あり。興味アリアリ。

ということで、銀シャリと少しでも条件が合いそうな物件にはしらみつぶしに見に行くことになりました。

我が家、今回は辞めておきますが、動きます。

*************

ホストは去り、年配のご婦人も転居され、お隣の不思議な方は、今、ご自分のお家の荷物を共有廊下に並べております。

と言いますか、ごった返しています。

そこから見えるお家は、床上1メートルほどモノで溢れる汚部屋でございます。

私は汚部屋出身なので、比較的寛容なのですが、汚部屋の中でも『有段者』だと察します。

いや、もっとハイレベル。

お隣さん、師匠クラスでした。

 

師匠は感じの良い方なので、片付けられない人と人間性に相関はないと思います・・思いたい。

いやはや。

この後には、また、新婚夫婦が入居されるのでしょう。

なぜでしょう。

築年数は増えているのに、徐々にクリーンな賃貸マンションになっていきます。

転居気分になればなるほど、暮らしやすくもなっているのです・・

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お家について、コメントもありがとうございます。すごく参考になってます。そして、いつもクリックにも感謝です!!更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
汚部屋とは程遠い、ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

8 件のコメント

  • ぽにさん、お疲れ様〜!

    買いたい時が、買う時かもしれないですよね。
    私も会社の補助がなくなる頃に考えようかなあ。
    楽しみです!

    • まぁ様

      会社の補助!
      羨ましいです。
      うちは、夫婦共に何もなしです。
      くーーーこういうのって、本当に企業によって千差万別ですよね。

      あっ、そっか。
      まぁさんは転勤したから会社の補助がでるのかしら。そりゃ出してもらわないと。

      これからもお仕事、頑張って下さいね!

  • おそらく似たような都心に住んでいる、38歳(明日から39歳!)保育園男児2名の母です。
    我が家もマンション希望でしたが、結局中古の戸建てを買い、リフォームしました。不動産屋さんに依頼して探し始めて2〜3ヶ月したところ、今の住まいが売りに出されることになり、公開前に見せてもらってそのまま購入に至りました。ご縁ですかね。
    旧居より500メートル移動しただけなので、生活圏には変わりなかったです。

    戸建てにスイッチして今の住まいに決めたポイントは…
    ・子供(当時は長男一人)が2学年分体格が大きく、その走り回る様をみて、下の階に気をつけながら暮らすのはしんどいと思った
    ・カーシェア暮らしだったが、夫が車を欲しがった
    ・古い町でマンションも戸建ても、出回る物件数が少ない
    ・マンションが高騰してきた
    ・新居の前が私道で、私自身の子供時代(家の前が私道だった)と同じように安心して子供を遊ばせられる
    ・希望する小学校区域だった
    ・隣がマンションの駐車場で、めちゃくちゃ日当たりが良かった
    ・近隣が小さい子供がいるお宅 or おじいちゃんおばあちゃん世帯が多くて、優しい雰囲気だった
    ことですかね。築8年時点で購入し、今年で4年目に入ったところで、手入れが面倒とかはこれから出てくるのかもしれませんが、気兼ねなく子供の友達をお招きできるし、ピアノの音もそんなに漏れないし、気に入ってます。古き良きご近所付き合いも、サザエさん的だなぁと思いつつ楽しむ余裕もあります。マンションのようにいつでもゴミ捨てができたら、エントランスのお掃除してくれたりするのは本当に捨てがたかったのですが、私は、戸建てにして良かったと思います!

    • せん様

      お誕生日おめでとうございます。
      何と!私と同学年でございます。

      79生まれですよね。
      嬉しいです!!

      戸建の理由や購入時のポイントを沢山教えて頂き、ありがとうございます。
      めっちゃ参考にします。

  • 注目のお家騒動は第1章は完結しましたが、第2章が続くのですね〜
    ついに購入に向けて動きだす感じで今後もポニさんのブログから目が離せません。
    子育て、仕事、お家探しさらに忙しくなると思いますが、悔いの残らぬよう色々見てまわって下さいねー

    • あゆ様

      そうなんです!
      でも、第1章から第2章までが長そうです。

      いつのまにかおばあちゃんにならぬよう注意が必要です。
      ははははー

  • 楽しく拝見させていただいています。
    私のところは、毎月の家賃と一軒家の購入金額を比べて(もちろん月々とボーナス時の返金額も考慮)一軒家にしました。田舎なので土地は安いです。都会の半額以下かなあ。まだ支払中ですが、思わぬ出費(外壁や屋根の塗りなおし、ヒーターの故障での買い替えなど)があってびっくりです。でも、まあのびのびできるところがよいですかねえ。

    • ゆきゆき様

      なるほど。
      土地の価格は確かに大きいですよね。

      のびのびできるのは、プライスレス!!
      それはいいなぁと感じました。
      コメントありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!