今年、度肝を抜いて感動した商品3選『千円以下でこれは凄い』

スポンサーリンク

プチプラと言われる低価格商品ラブ高級志向も悪くないという相反する好みが混在する私。

高いモノは、紹介するまでもなく、それなりにやっぱり良い場合が多いです。

 

時より、プチプラと言われるモノに、ガッカリすることもありますが、度肝抜かれる時もございます。

本日はそんなお話。

今年、やるな~と思った1000円以下の商品を3つご紹介致します。

 

CEZANNEの下地

ドラックストアで600円前後くらいで購入可能です。

セザンヌ 下地

私、化粧品が好きで、実を言うと元々化粧品の商品開発がしたくて、生物系を専攻しました。

就活で全く採用されませんでしたが(かなちー)。

 

昔ほどではないですが、やっぱり化粧品が好きで、良さそうなお品を購入しています。

プチプラ製品も結構手を出すのですが・・期待を下回ること、数回いや数十回。

ベタつく、ヨレる・・ってことも多々ございます(無理やり使ってみるのですが・・キツイ)。

 

でもね、この下地はデパート化粧品と同等に優秀

3500円くらいするお品と遜色なし。

ノビも良く、サラッとしている上に肌になじみます。

 

ちなみに、セザンヌのクリームファンデーションは、うーん。下地ほどの感動はなく、ちとヨレやすいかな(ごめんなさい)。

お次。

 

うまい棒、シュガーラスク味

 

これ、食べたことある人いますか?

うまい棒 シュガーラスク

ハラ〇ラスクがうまい棒になった感じです。

食べた瞬間、

「うんま!」

バター香る・・いや、マーガリン香る・・

ってなります。

 

もちろん、触感はうまい棒のそれです。

本物のラスクは、特徴的な固さゆえに、『甘い』という感覚が脳に来るまでに時間差があります。

うまい棒はさすが。独特のほろっと感が、甘味をズキューーン!!と高速で届けてくれます。

 

なかなかやりますぞ。

 

ただし、注意点が。

一口目、二口目はビビりますが、

三口目くらいからはやっぱりうまい棒や~と安心し、

本家のラスクとの違いに気が付き、「全然違うやんけ!」と目が覚めます。

 

でも、10円でここまで楽しませてくれるのであれば、ありがたや。

 

お次。

ニトリ:浴室用ブラシスポンジ

 

スポンジのような消耗品は、安いモノを使ってしまいがち。

ニトリ スポンジ

これは、スポンジ界では370円と決して安くはないので、

今回のお題にはちょっと逸れるかなと思いましたが、やっぱり紹介させて下さい。

 

機能は『お値段以上』。

  • ブラシ面とスポンジ面がある
  • タオルバーに引っ掛けて保管可能
  • 不織布面が湯垢汚れをしっかり落とすが傷がつきにくい

 

ホメ過ぎたかしら。

浴室 スポンジ

スポンジって、変な色のモノ多くないですか?

派手な黄色だったり、ギンギンのピンクだったり。

いきなり、そこだけ『はい、はい、ここにいまーす!』感を出してきて、

常に外出しするのにはちょっと・・

 

でもこちらは、全然問題なくなじみ、機能性も優れています。

 

エピローグ

高くていいものも揃えたい年ごろ。

でも、お求め安くて優れたお品もおさえておきたい。

一昔前とは違い、最近はSNSやインターネットが普及し、

『企業側の謳い文句』よりも

『本当の商品の良さ』を知る事ができるようになりました。

今後も情報を入手しつつ、自分の生活スタイルや肌質に合うものを無理のない価格で求めていきたいです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。クリックに、いつも狂喜乱舞しています。

【おすすめランキング】
素敵なグッズも紹介されています
シンプルライフ ブログランキング
ワーママの年越し・・気になりますね
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!