共働き、大きな大きな落とし穴

育休から復帰。
出張もし、着々と以前の仕事体勢に戻りつつあります。

朝の準備と夜の過ごし方。

戸惑っていたことが、だんだんルーチンワークとして母子ともに慣れてきた矢先。

2歳の息子が一言。

「保育園、行きたくないんだ。」

e0349351_08470923.jpg

この間行った金沢は、明るいのにもやっと雲が立ち込めていました・・

息子「〇〇君が、僕のことを嫌いって言ったの。」

私「えっ!それ嫌だねーー。何か言い返した?」

息子「・・めんめーって言ったよぅ。」

e0349351_08481366.jpg

いや、多分言い返していない。

〇〇君は、息子の憧れの子。
よく会話に出てきます。

彼の中で重大なポジショニングの友人から、強烈な言葉をもらってしまったみたいです。

「今度、〇〇君に会ったら、お母さん怒ってよ」

2歳の息子が、下を向きながら言いました。

そっか。。

週末、保育園の運動会でも何となく緊張して、元気がないような・・

週明け。
朝から激しく泣き、保育園に行きたがりません。

泣き叫ぶ息子を先生に預け、モヤモヤしたまま出社しました。

心配だったので、先生方に連絡をとると・・

子供達の間で、
「だれだれ君、好き、きらーい」
と言って反応を見る遊びが流行っていたようです。

先生は、
「嫌いって言われたらイヤでしょ。そんな遊びやめなさい!」

と雷を落としたみたいです。

集団の中に息子はいなかったので、その前に一緒にいたかも・・
とのこと。

数日経ち。

息子「△△君が、だいたいみんな嫌いだってー」

△△君は、クラスの2番目くらいのヒーロー。

私「そうか。なんて言い返したの?」

息子「△△君、好き」

私「そしたら?」

息子「ぼくのこと好きだってーー」
ニコニコ

e0349351_08561019.jpg

運動会は晴れ渡った日でした。

子供もいろいろ大変だ!

今回の息子の変化、私は自分の日常にいっぱいいっぱいで気がつきませんでした。

落とし穴にはまり込む前で良かったです。

主人に話すと、
「俺は最近おかしいなぁと気づいてたよ」
と。

「大丈夫。いざとなったら俺が会社辞めるから」

なっ、何とも頼もしい言葉を頂きました・・

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。
ランキングに参加しております。
⇩⇩⇩⇩⇩この絵にクリックして下さると幸いです。

にほんブログ村
皆さんのポチッに本当に感激しております。

2 件のコメント

  • 毎日自分ばかり忙しくて大変な気がしてしまいますが、
    子供のほうがきっと大変なんですよね…
    なんかこの記事を読んで、改めて身が引き締まる思いがしました。
    いつも興味深く読ませていただいています。

    • みゆきさま

      こちらこそ、いつも拝読しております。

      コメントすごく嬉しいです。

      特にお姉さん様の記事!最高です。
      私も姉そして妹がいて、大好きですし、彼女達がいないと人生が止まってしまうほど大切な存在です。

      ですので、子供をできれば2人以上と考えるお気持ち、よく分かります。2人産んで、大変は大変ですが、精神的には落ち着いたくらい。

      これからも、お互い、ワーキングマザー、頑張りましょう!
      純日本産企業の私とは違い、外資系で働くみゆきさん、素敵です。

      ますますのご多幸をお祈りしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!