共働き継続のために、本年決意したこと【後編】

スポンサーリンク

前回の続きです。

『さぼること』についてお伝えしました。

後編は2つの事柄について述べます。
さっそく参りましょう。

◇高評価や出世は求めない

ここからは会社内での話。
デキる人と思われ、リスペクトされたい!
何なら、1人でも多くの人に!

恥ずかしながら、考えていた時期がございました。

チキンな性格上、他人からの評価や評判を気にしていた節はプンプンにあった私。

次第に無理が生じ、双方にやっかみが生じ、元々少ない能力が露呈し・・負のスパイラルに突入しました。

もう、高評価や出世を求めません!

決めてから、すっと気持ちが軽くなりました。

同期や学生時代の友人が出世したり、活躍しているとスタンディングオベーションで拍手喝采します。
自分のこと以上に嬉しくなります。

私は2回産休育休を取得しています。
同年代よりも働いている絶対的な時間は短いです。
すなわち、会社への貢献度も現時点では比較的低いと考えます。

近ごろ産休育休に関係なく、バリバリ働く男性と同じように出世させようという企業が増えているようです。
女性に優しいという名目かもしれませんが・・
個人的には何だか違和感。

働き盛りの男性の中には、
いろんなものを犠牲にし、
過酷な残業や転勤に耐えている方がいます。

所属する企業や組織は、是非ともその努力や大変さを評価して頂きたい。

出世、ダチョウ倶楽部なみの「どうぞどうぞ」です。

こちらは子供という宝を育てていますしね・・

熱く語ってしまいました。
若干ウルサイ文章をお許し下さい。

空でも見上げて休憩しましょう。

e0349351_08370753.jpg

青い空って当たり前にいてくれますね。
1億年前から変わらないんだろうな・・

はっ!

では、最後。

 

◇やる時はやる

これは本年のポイントだと考えています。

以前本ブログでも紹介しましたが、復帰してから10日以内に泊まりの出張をしました。
実は、精神的に負担のかかる内容の出張でした。

ただ、出張から4ヶ月。
この時の出会いが、後の仕事を大きく変える「きっかけ」になりました。

私は現在、技術的に全く異分野の仕事に取り掛かっています。
社内で「あいつで大丈夫なのか?」と疑問の意見が出ているようですが(悲しいが仕方ない)、重要な分野のリーダー格になりました。

そうです。
この分野に関しては、何としても「やってやる!」と考えています。

他の業務がややオザナリになるので、周囲の方々には謝りまくる日々が続きそうです。
全く手を付けられない仕事も出てくるでしょう。
嫌われてしまうかも・・

仕方ない!!
トップからの指示も出ています。

陰口をたたかれても、卵を投げつけられても(そんな人は社内にいないが)、やるしかない。

詳細は省略しますが、またブログでどうなったか。
新しい分野は開拓できたのか?
進捗を紹介しますね。

以上、本年決意したことでした。

2017年、始動します!

 

 

いつもありがとうございます。
下の写真にクリック下さいますと嬉しくて飛び上がります。
画面が変わるので、びっくりさせたら申し訳ないです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!