ブームに乗らずに、20年後にトクした話

20年前に日本人女性の間で爆発的に流行ったことがあります。

いや、20数年前と表現した方が良いか。

とにかく、一大ムーブメントになりました。

眉毛をシャープにする

 

時は90年代中頃-後半。

安室ちゃんというスーパースターの影響により、ちまたの女子達はこぞって眉毛を整えました。

基本、流行りモノには飛びつく私。

ところが、眉毛だけは飛びつきませんでした。いや、飛びつけなかった…

なぜなら、

他の案件でいっぱいいっぱいだったから

というのも、悲しいことに私の10代後半から20代前半は、肌質との戦いがありました。

  • 過剰な油分
  • 小鼻の毛穴
  • 頻発するニキビ

『肌がキレイだね』

なんて、一度も言われたことがありません。

毎日スキンケアに明け暮れていた私。

 

まゆ毛ケアに興味がなかった私をみて、友人からは何度も、

「ぽにの眉毛抜きたいわー」

と言われ続けました。

それでもやっぱり手一杯!

落ち着いたら私も手を出そうと思っていました。

 

しかし、

いつのまにか眉毛を抜くブームは去り・・

 

時は流れ・・

同年代の友人と泊まりの旅行に行くと、朝、

「眉毛だけは書かせてー」

と懇願する友人多数。

 

「あれ?ぽにって、眉毛あるんだね。いいなぁ~」

前は抜いたほうが良いと薦められていたのに、

今度は逆に羨ましがられている。

 

時が変われば、価値が変わるのね・・

********************

お家

「ぽにって家買わないの?」

これ、よく聞かれます。

会社関係者にも友人にも、日常の挨拶のごとく、いや、もしかしたら一つの挨拶になっているかもしれません。

 

そして、周りの友人、子供が産まれて落ち着いているご家庭は、結構な頻度で持ち家。

 

古風かもしれませんが、『家を買ったら一人前』みたいな考え方が、私の中にもあったりします。

正直、欲しい。

でも、タイミングを逃したり、

条件が合わなかったり、

夫が乗り気じゃなかったり・・

 

何だかんだで今年で結婚10年目。

まだ買っていない

 

欲しい?

この感情には浮き沈みがあります。

 

今の賃貸でも広さや小学校の近さを鑑みると、問題はない。

何なら、長男5歳が中学生になるくらいまでいけるか・・ともふと思ったりもします。

 

ただ、子供が同世代のご家族のほとんどが引っ越されています。

時々、衝動的に、『やっぱり欲しい!』と思う自分もいます。

そして、ループ。

グルグル。

 

数年前に駅近くの僅かな土地に、1~2つ、この地域にしては大きめのマンションが建ちました。

その時はまだ夫婦間でも機が熟しておらず、

中古で空いたら・・と不動産屋にも相談しているのですが・・

空かない

全く。

完全に、機会を逃したみたいです。

 

家探しよりも、自らの仕事や子供達との暮らし、違うことに気持ちを取られている自分もいまして・・

結局、ちゃんと直近の優先順位に入れられていないのです。

 

これ、過去にあったな・・

そうそう。

まゆ毛のときね

 

ブームが去ったあと、結局、トクしたか、どうなのかも分かりません。

 

住宅購入時に頭金になるだろう少しまとまったお金(いや、かなり少額)は、貯金したり、長期投資したり、運用しています。

費用面だけで考えるとトクになるか。

 

ただね、

子供が小さい時に、家族で過ごすお家を買って、

楽しく過ごすのは、

お金には代えがたい部分があるとも思うのです。

 

はい。

ここまで、わりとのほほんと文章をしたためましたが、

実は、即、引っ越したいという恐怖体験をしております。

現在進行形です。

次回に続く。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(夏バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!