DINKSが田舎の社宅に住むという面倒

DINKS時代・・

当時住んでいた社宅は、超古い平屋3DK+手入れが必須のお庭でした。
コンビニまでは歩いて20分ほど。
駅は12分くらいですが、ラッシュ時でも1時間2本しか電車がきません。

要するに結構な田舎でした。

そこに3年住んでおりました。

理由は、主人の職場に激近(徒歩3分)なのと、家賃が1万5千円だったからです。
お家賃面では非常にありがたかったですが、DINKS夫婦が社宅に住むと何かとめんどくさいことが起こりました。

そのうちでも【ありえないランキング1位】を発表しましょう。

近所の上司の子供が勝手に家に上がって来るのです。

当時ちょっとやんちゃな小学生の男の子が隣に住んでいました。
社宅内でも有名だったみたいです。

ある日、換気のため窓や戸を開けっ放しにして、私がお庭で洗濯物を干していた時の事です。
終わって家に入ると、その子が我が家のコタツでゴロゴロしていました。

ありえません・・

そして、あろうことに、
「おやつとか食べたい」
とか言い出したのです。

ポニ「あんた、勝手に人様の家に勝手に上がったらいかんやろ。」
すごい剣幕でまくしたてる私。

その子「うん。扉が開いてたんやもん。」

ポニ「そんなん知らん!!ちゃんと言うたんか。」

その子「何を?」

ポニ「お邪魔しますって、ちゃんと言うたんかーー!!」

その子「・・言ってない。」

ポニ「そんなら出ていけ!挨拶できひん子は上がらしてやらん。帰れ!」

彼があと10年、年をとっていたら、確実に通報ですよ。

その子はいつも、他のお家に勝手に上がり込んでいたようです。
他の家も迷惑を被っていたと後になって聞きました。

やや古株の上司のお子さんなので、みんな注意しづらいと聞きました。

そんなこと知りません!!

それから、彼と私のバトルが始まりました。

何度かバトルの末、私を見るとビビって逃げて行くようになりました。
「こんにちは~」
とか言いながら走り去っていくのです。
挨拶しないと私が怒るからです。

ふふふ・・圧勝です。

やがて、お家を建てたようで、お隣一家は引越ししていきました。

しばらくして我々夫婦も今の家に引越しました。

でも、最近ふと思うのです。

あの子、元気かな・・と。

もう中学生になっているかもしれないけど、
今度うちに来たら、お茶ぐらい入れてあげようかな。

ちゃんと挨拶できたらですけどね。

最後まで読んで下さりありがとうございます。
⇩⇩⇩⇩⇩この絵にクリックして下さると幸いです。
ほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
皆さんのポチッに本当に感激しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!