シンプルライフに逆行・・かもしれませんが、今はこちらを優先に

スポンサーリンク

結婚が決まっていた約9年前。

当時、会社の部活動で生け花をしておりました。

 

講師をしていたご年配の女性(先生)と公私ともに仲良くなりました。

寮で一人暮らしをしていた私は、

「おかずを作ったからお裾分け・・」とか、

「端切れが残っていたのでこうやって工夫した」と可愛がってもらいました。

 

そんな中、弟子の結婚が決まったということで、割烹着を縫ってくれることに。

ちなみに、先生は御年70越えでございます。

 

年を取っても着れる感じで、作って下さいました。

 

ただ、友人がうちに来た時、私の割烹着姿を見て、

 

「どうしたん?まるで公民館やん。」

 

・・それ、言わないで~~

ということも、ありました。

 

先生の世代が好むファッションや小物と、

私の世代が良いと思うモノには、

少し乖離があるようです。

 

*****************

 

絶賛シンプルライフを進めたい私。

子供達の服も小物も、シンプルでできればセンス良くしたい。

と思っていましたが・・

 

私が良いと思った服は全く着ません。

仮面ライダーや戦隊モノのお下がりを頂くと、飛びつくように着ています。

何なら、2枚重ねで。

 

プールバックやタオル、毎日保育園に持っていく荷物。

以前は、私が選んだシンプルと思われるお品でしたが、今は子供達が自分で選んだキャラモノとなりました。

新幹線 プールバック
しかも、我が家は2歳差の同性なので、全く同じものでないと、ケンカ勃発。

赤と黄色の色違いとかもダメ。

全く同じでないと、「これは自分のだ~~」とお互いが主張し、保育園への出発が遅れることも。

母は、1人、ムキーーー!となる。

 

残念なことに、全く同じものを用意しているのに、それでも取り合いになる時も。

「一緒じゃ~~」

と叫ぶ私。

 

キャラモノのお話から、取り合いのお話に移行していましたね。

失礼失礼。

 

前記した通り、本当は大人が見て素敵・・とも思えるモノを持たせたいのですが、

子供には子供の世界があります。

 

「○○君もプールバック新幹線やったよ。でも、ちょっと絵が違うんだ~。へへへ~」

とか。嬉しそうに話しています。

母の私には分からない、子供の流行りだったり、イケてる感覚があるらしい。

 

できれば、できる範囲で、尊重したいな。

 

*****************

 

先生に頂いた割烹着、最近は全く着ていない。

逆に、友人からプレゼントしてもらったエプロンを結構活用。

 

・・私も好みと言うか、やっぱり着たいモノがある(先生ゴメンナサイ)

 

子供達に対して。

シンプルライフを遂行しようと思っていましたが、彼らの持ち物は、自分達の好きなモノをなるべく揃えてあげよう。

もちろん、お下がりだったり、元々家にあるモノだったり、全部が全部、彼らの好みにすることはできないし、時には我慢も必要。

 

でも、

「さ、今日は新幹線のプールバックを持って、保育園だよ~~」

と言うと、びっくりするくらいすんなりお家を出る時も。

 

シンプルライフとは逆行しているかもしれませんが、

キャラ達と上手に付き合い、子供達も私も快適に過ごしたいです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

と言いつつ、今朝もケンカ勃発。ケンカをやめて~2人を止めて~クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
やっぱりおススメサイトです
シンプルライフ ブログランキング
ワーママじゃなくてもどうぞ
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!