ICカードという、世にも便利な媒体と、スマホ決済と

当たり前ですが、通勤には定期を使っており、ICカードと言われる類でございます。

私の最寄駅も、下りる駅も、どこもかしこもそうですが、『切符専用』がビックリするほど少なくなりました。

時より、切符を買うと、アレ?

自動改札に切符が入れられない…どこどこ?と迷います。

カード

そういやギフトカード系は、15年以上前からありますね・・

 

これだけ切符がなくなる風潮にあるのに、

私はICカードにお金をチャージする生活だけはしたくないと、頑なに拒んでいました

 

クレジットカードを数枚持つような気分になり、何となく嫌だったのです。

お金をチャージするだけして、放置しそう…とも思っていました。

 

そんな私の小さな抵抗は、簡単に崩されました。

 

そう、

 

首都圏の鉄道網に

あのですね、関西って私鉄が便利で、JRと私鉄が並列に同じような区間を走っていたりします。

私鉄とJR、地下鉄の駅などは、それぞれの改札を出た後、少し歩くイメージ。

ところが!

大都会、東京に出張に行くと、『乗り継ぎ専用改札』みたいなものがあって、JRと地下鉄、その他交通網との連絡が近い。

乗り換え専用的な改札を利用しない場合は、

一度改札を出て、

券売機を探して、

何なら券売機専用の改札機を探して・・

って、めんどくさっ!

 

特に、誰かと一緒に出張した時、私の乗り換えのトロさに閉口されます。

 

小さな抵抗をしていましたが、

ICにチャージしてみました。

 

・・ラク!

当たり前ですが。

こうやって、人は、いままで普通にしていた作業をものの見事に簡略化するんですね。

やってしまえば何故早く取り入れなかった?と自分に問いかける日々です。

 

電子決済が便利~となると、

もしかして私でも使いこなせる?

 

と勘違いをしてしまいます。

そう、

ここ1年ほど世間をザワつかせるマネー。

スマホ決済アプリ

PayPay
楽天Pay
LINEPay
ゆうちょ Pay

・・

鈍い私でも、あと数種類は言えるほど、

乱立状態

そんなペイペイしてて大丈夫?

 

いつか、各国の通貨の価値が変動するみたいに、

ペイの種類によって変動とかするんじゃない?と思ってしまいます。

 

でもね、この流行っている時に手を挙げられる企業って、

やっぱり元気だったり、経営者がエイヤーと勢いがある企業なんだろうと感心もします。

 

ブツブツ述べましたが、

 

実は、私もあるPay系を入れてみました。

半年以上前に。

 

使ったか??

 

正直・・使わない~~

 

いや、これはスマホ決済アプリが悪いのでも何でもなく、私のお金の使い方が、

  • 日用品はほぼコープの個配(銀行引き落とし)
  • その他の買い物は全てカード決済(1種類)

 

ハッキリ言って、彼らの入る隙がないんです。

だから、私のくらしには、まぁ取り入れられないかな・・

と思っていました・・

 

が、

待てよ。

 

ICカード。

迫ってきましたよね?

あちら側から。

切符ユーザーが不便になるような、状態にされ、結局ICユーザーになりました。

 

あれあれ?

もしかすると、近い将来、スマホ決済じゃないとすこぶる不便になる時代がくるかもしれません。

 

焦ってすぐに導入!はしませんが、

静かに眺めるとします。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
電子決済とか、皆さんシンプルにされてますが・・
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム】
ぽにの楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!