近隣住民トラブルから学んだこと【後編】

前回のブログ記事の続き。

シルバーの激高・・近隣トラブルになってしまいました【前編】

 

起こったことは仕方がない!と殊勝に自分を慰めたけれど、やっぱりモヤモヤ、そして凹む私。

出張中だし、誰にも相談できません。

 

話しかけなければ良かった。

後悔の嵐。

東京タワー

 

今の街を気に入ってますが、両家の実家は遠く、ママ友もほぼ皆無。

保育園は、徒歩90分。車で送迎しており、もちろん学区は全然異なります。

 

要するに、

地域の情報をほとんど知りません

一見、しっかりしたおじいさん、もしかすると地域でキレる老人と有名かも。

そういう話題って、人とつながりがあってこそ、得られる貴重な情報

 

夫に相談の電話を入れてみても、携帯に出てくれません。

 

モヤモヤするので、久しぶりに母に電話をしました。

あんまり心配かけたくないけど、ちょっと相談。

一連の流れを話しました。

 

母「めずらしい。人間関係には慎重で気を使うぽにが。」

そうなのです。

私は、とかく近所には昔から愛想を振りまくっていました。

近所のおばちゃん達には、「挨拶をするぽにちゃん」と可愛がってもらっていました。

 

一方で気を使い過ぎて・・

「まっ、いいっか」で済ませられないメンドクサイ面も。

 

こんなにモヤモヤするなら、明日の朝、シルバーに謝ろうかな・・と思っていることを伝えました。

 

母「毎日会う人と人間関係がこじれるのは嫌だね。

うーん。どんな方か分からないから、1人で行くのは良くないよ。

第三者についていてもらわないと。○○くん(夫)は?

あぁ、出張なんだ・・

警察の人がいたんだよね。一度、交番に電話をして、相談してみたらどうかな。」

 

分かった。

大した事ないかもしれないけど、交番に電話してみました。

電話内容は以下です。

  • 一連のことを記録
  • 私の住所と連絡先を聞き取る
  • 次の日も同じところで見張りは確約できない
  • 何かが起こったら、警察に連絡して

特に解決には至りませんが、跳ねのけられると思っていたため、何だか落ち着きました。

 

母に報告。

母「分かった。明日、○○君(夫)が無理なら、じいさんに朝一番についていってもらうのは?」

父は週5ではないですが、まだ働いていますし、明日も出勤日みたいなので、ちょっと気が引けるな・・

母「はっきり言って、

その年代の男性は、男性が一緒に謝る方が効くと思う。」

うん。

そうか・・

母「こう言ってもらいな、

『何か、いつも立ち当番で見守ってくれているのに、うちの娘がしょーもないこと言ってすみません!』

って謝ってもらいな。」

うん。

私は特に悪いことはしてないけど、コトを穏便に済ますには、飲まないといけないこともある。

 

ということで、父にお願いしました。

 

つぎの朝。

父は5時台に実家を出発し、7時過ぎには我が家に来てくれました。

子供達は、いつもよりも早めに保育園へ。

 

シルバーが出てきそうな時間に、マンションの廊下から下を眺めます。

今日、来るかな・・

いつもの時間になっても来られません。

来ないかな・・

 

いた

いつもと同じ格好で、立っていました。

 

父と一緒に近づきます。

私達の姿をみて、シルバーの方、ちょっとギョッとしています。

すかさず、父、

「おはようございます。いつもありがとうございます。頑張ってくれているのに、うちの娘がしょうもないこと言ってすみません・・」

私も、すみませんでした。とペコペコ。

 

シルバー、

「おっ、おう・・」

と、少し嬉しそうな、バツの悪そうな顔をされていました。

 

 

よかったーーー

シルバーとの関係は、何とか解決できそうです。

でも、学びました。

 

ご近所の方のマナー違反は、その方に、直接言わない

命にかかわることならば、何が何でも止めるべきですが、

ゴミだったり、マナー違反は、

管理会社や地域の自治体にお任せするべきかな・・と。

 

余計なトラブルを生みますしね。

 

そして、私はこの気に入っているけど知らない地域で、小1の壁を越えられるか不安になってきました

今回のことが良いきっかけになりました。

本気で、越える対策を講じようと思っています。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

9 件のコメント

  • おはようございます。
    覚えていただけていますでしょうか。
    久しぶりに投稿いたします。

    ぽにさん、お疲れ様でした。お父様もお疲れ様でした。時間もお金も惜しまず、最善の策で対応されたところにすごいなぁと思いながら読みました。

    うちの地域も、朝子供たちを見守って下さるシルバーの方が大勢います。本当にありがたいですし、子供たちの安全を考えてくださっている方がほとんどです。

    が、中にはよからぬことを考えている人もいるのが現実です。仕事柄、耳にすることがあります。
    地域の方と一緒に旗を持って横断歩道に立ったこともあるのですが、そこに立つんじゃない、ああしろこうしろと命令口調で話されて嫌な気持ちになったこともあります。同僚に聞くと、女性に対して上から目線で話す人だったようです。子供たちには害がないからいいのかもしれませんが。

    人様の役に立っていることをしているんだから、ちょっとくらいいいじゃないかという気持ちが沸いてくのかもしれません。

    いろんなエピソード楽しく拝読しています。
    祝日のない6月。ボチボチ頑張りたいと思います。

    • だんご三兄弟様

      貴方をどうしたら忘れられるでしょうか。
      もちろん覚えてます。
      コメント、本当にありがとうございます。

      なるほど。
      このコメントにどれだけ励まされたか。

      実は、例のシルバーの方を拝見していると、すごくその風を吹かせておられまして。
      交代で立ち当番をされる、他のお母様方に、指示を強い口調でして、距離を置かれているのを見ました。

      あっ・・
      と思いました。
      だんご三兄弟さんの言う通りの部分、あると感じます。

      時にはスルーする力をつけないと。
      と心から思いました。
      コメントありがとうございます。

  • 今回は災難でしたね。。お疲れさまです。でも優しいお父様の登場でひとまずよかったですね。お母様の助言もさすがですね。

    私は住宅街の戸建てに住んでいますが、なんとなくですが10軒に1軒くらいは要注意な住人がいるように感じています(^^;)私も引っ越した当時わからなくて、一度子供が騒ぎながら道を歩いてたらパシャって音が聞こえてあたりを見たら、要注意の方が庭から我が子の写真を撮ってたんです。。もう怖くて。
    っで、それをお隣の方に相談したら、その方はいわゆる精神疾患でちょっと奇行があるので関わらない、気にしない方がいいよって。家の外観もその方も見た目はごく普通だったのでショックだったけど、世の中には色んな人がいると痛感しました。

    住み心地って結局は隣近所の住民次第だと思いますが、こればかりは運次第というか。でも完璧さを求めると疲れてしまうので、ある程度は下調べした方がいいと思いますが、(それこそゴミ出しマナーとか。)あまり気にしない術を身につけるのも必要かと思います。

    友人は新興住宅街に住んでいて、当初は周りにママ友もたくさんいて羨ましいなぁと感じたのですが、子供が同級生と揉めると距離が近いのは面倒だと言っていました。
    その点、我が家は中に変わった方もいますが、普段関わることがないので、色んな世代が住んでいる町で程よい距離感で住めるのはよかったかなと思います。
    小学校の夏祭りとかある程度地域性も感じられると思うので、息子さんたちと楽しみながら参加して家探しに結びつくといいですね^_^

    • マイ様

      コメント、本当にありがとうございます。
      どれだけ励まされたか。
      特に、10軒に1軒の部分、ズシンと響きました。
      そうかもしれないな…
      私自身が近所の方に期待をする部分もあって、今回のことも期待の上でのやり取りだったと感じます。

      一方で、子供の年が近い新興住宅地って憧れつつも、確かに近さゆえの難しさもありそう。
      勉強になります。

      マイさんのコメント、本当にためになりました。
      ありがとうごさいます。

  • いつもブログ拝見させていただいています。

    ちょっと…アレなおじぃさんに捕まってしまったという状況、実は私も今、年配男性の無神経な言動に日々神経を削られているので勝手に親近感を持っています…。

    私がやられているのは、今2人目妊娠中で、上に続きお腹の子は男の子なのですが…仕事の相手方の年配男性がどいつもこいつも「残念だったね」「女の子がいないと老後が寂しい」「女の子が生まれるまで頑張らなくちゃね」と私の大きくなった腹に向かってデカイ声で発言するのです。
    取引の相手方だからヘラヘラしてやり過ごさなきゃなのですが、日々ブチ切れしそうです。。。

    ぽにさんも、男の子お2人、こういうご経験ありませんか?
    ぽにさんは、いつも苦いことがあったときも、ユーモアを交えて表現されていらっしゃるので、こんなわたしのモヤモヤを乗り越える心の持ち様をアドバイスいただきたいな、なんて思いました^ ^

    • キリン様

      コメントありがとうございます。
      なるほど。
      そのシルバー、本当にデリカシーないですね。
      あり得なさ過ぎます。

      さて、私は特にユーモアのカケラもなく、お褒め頂き恐縮なのですが、、このような方にお返しする場合・・

      同意からの〜貴方のことを聞くのが有効かもしれません。

      「まぁ、私も女の子欲しいー!と思っていましたが、男の子、超かわいいですよ。2人も可愛い男の子がいたら、幸せでーす!それはそうと、〇〇さんもお母様を大切に。母からするといくつになっても可愛い息子だと…」

      と訳の分からぬ相手へのエピソードにもつれこませてみたり。
      ホコサキが自分だとイライラしますが、相手だとハイハイくらいで流せたり。

      話は逸れるかもしれませんが、
      職場での基本。

      『勝てない争いはしない』
      が有効だと思います。

      裏を返せば、勝てたらすんのかい!?という所ですが、こちらに勝算があれば、先方が可哀想なのでしません。←ヒドイ

      同僚達や同じフロアの方に、ちょっと愚痴ってみて、「それないねー」と味方をつけるだけでも、勝算はあると思います。
      そして、勝てそうなら敢えて何も言わない。
      自分の価値が下がるから。

      育休前は、次のステージである復帰に向けて、周囲の人へ価値貯金も必要だったりします。
      ホルモンも関係するので、イライラしたり、悲しくなったりしますが、どうかどうか、快適にお過ごし下さいませ。

  • 読んでいてハラハラしてしまいました。
    私も地域の人とはあまり関わりがありません。幸い、両隣の家の方とは時々会話がある&とても良い方々に恵まれてます。高齢化が進んできているので生活パターンが合わないせいもあり、町内会行事もほとんど参加できてません。
    Eテレの子育て番組で、散歩するときに近所の人達に子供の顔を知ってもらって小学生になって通学時も見てもらえるようにした方がよいと紹介していて、あーそうだなーと深く心に響きました。
    ぽにさんの記事をみて、地域社会で子どもを育てるためには、自分達だけで育児を乗りきるよりも、もっとファミサポとか活用しながら地域の人と交流することも必要なんだなと思いました。小学生になってから慌てないように、地域の子供のイベントやサークルにも顔を売っておいてもいいのかも。平日の休みを一人時間にあてがちなのですが、月1日くらいはそんな時間にしてみようかなと思った私です。。

    • ミサチップ様

      コメントありがとうございます。
      そうなんですよ。
      まさに、仰せの通りです。

      私もすぐさまファミサポ登録しました。
      もうすぐ面接です。

      地域の情報を知るためにも、地域の人にいまーす!とアピールしないと。
      と思っています。
      そして、今はサポートが頻繁にいる状態ではないですが、いろんな可能性のタネを蒔いておこうと考えました。
      サポートさんから、地域情報を伺おうとも思っています。
      子育ては、情報戦ですね。
      本当に、私も情報キャッチに勤しみます。

  • ぽにさん、ブログのテーマで前のものなのに読ませていただきました。大変でしたね。そしてお父様一緒に行動して下さるなんて素敵です。うちの父親だとたぶんケンカになります。

    うちの子供は支援学級に在籍してるので、毎日送迎してます。緑のジャンパーをきたおじさんにも挨拶します。偉そうな感じの人はいませんが…住んでる地域が新興住宅ではないからだと思います。沢山子供がいるところは、マンションや沢山の新しい戸建てがばーっと増えた地域などは大変と聞きます。
    お子さんの小学校選ばれるなら、どんな地域か考えた方がいいかと。ファミサポさんも、色んな方がおられますし。

    我が家は、これから学区地域で家探しなので。
    お互いぼちぼち行きましょう。お疲れ様てした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!