『子供の景色』と『大人の景色』

子供の頃に「なんて広いんだろ」と思っていた公園が、

大人になって来てみると、

狭く、ブランコも低く、

全くイメージが異なることってないですか。

丘 緑

今日は、そんなお話。

 

「お母さん、運動会のビデオがみたい!」

 

息子達から、せがまれました。

その日は夫の帰りが遅く、私自身もお疲れぎみだったので、

寝る前にリビングでゴロゴロするのにはちょうどいいやと、

用意をしました。

 

子供達はワクワク。

 

いざ、上映会。

入場から、準備体操、

「○○君も写ってる~」

とキャッキャ言いながら鑑賞を楽しんでいました。

 

一方で、私は心配でした。

今年もべべだった徒競走。

長男、保育園最後の運動家、また涙でした

 

昨年、ビデオで自分の姿を見た後、元気がなく、ふてくされていました。

今回もそうなるかもな・・

でも、事実は事実。

仕方がないよ(←厳しい)。

 

問題の徒競走

 

今回は、去年のように、断トツのベベでもなかったからか、特に拗ねることもなく過ごしていました。

よかった~

弟の3位には、とっても喜ぶ長男。

こういう光景を見られるのは、良いなぁ。

 

さて、うちの園で年長組だけが行う人気競技、

親子鬼とりゲーム

 

2つのチームに分かれ、

子供は背中に鬼のマスコットをつけ、

親におんぶされて相手チームのマスコットを取りに行く。

 

単純な競技ですが、毎年異常に盛り上がります。

入園してから、いつか夫と息子がするんだ・・と目を細めていました。

 

母親が出ても全く問題ないのですが、

夫が、「絶対出たい」と数年前から鼻息あらく構えていました。

 

ビデオにもバッチリ撮っていました。

親子、手をつないで入場。

 

長男、夫の背中にギュッとつかまっています。

我が子を背負って、夫、逃げ回る。

オジサン、必死(滝汗)

 

息切れが、こちらまで聞こえてきそう。

ハァハァ

長男、満面の笑顔で競技を楽しんでいます。

 

そうこうしていると、マスコットを相手チームに取られてしまい、

残念。

我が家は自分の陣地に帰ってきました。

それでも長男はお父さんの手をつなぎ、ニコニコ。

 

2回戦。

我が子を背負い、逃げる夫。

 

後ろから、若いお父さんが狙っています。

静かに近づかれ、そーっと取られそうになった瞬間、

クルッ!!

 

夫が身体ごと振り向き、

マスコットを死守しました。

長男は振り落とされないよう、しっかりしがみつく。

 

ピピーー!!

笛が鳴り、競技終了。

ビデオで観戦しているだけでも、ハラハラするので、本人達はどれだけ楽しんだか。

勝負は2回戦とも我がチームは負けてしまいました。

 

終わっても、興奮がおさまらないようで、ぴょんぴょん飛んでいる長男。

よっぽど楽しかったのかな~

 

ふと、隣でビデオ鑑賞をしている長男を見る。

青ざめている

えっ、何で?

次の競技にうつり、

次男のダンスを見ても浮かぬ顔。

 

自分達の組体操の番になった時、

テレビの前に仁王立ちを始めました。

 

長男「もうビデオみるのやめて。」

何でよ~みたいやん。

まったくその場からどいてくれない。

猛抗議の次男と私。

 

長男「いややねん。やめて。」

目に涙をうかべ、

ついに、ポロポロとこぼれ落ちました。

うっうっ・・

泣く長男。

 

さすがに、ビデオを消しました。

どうした?

一通り泣かせます。

えーん・・

おさまったころに、聞いてみました。

 

長男「鬼とりゲーム、負けてた・・」

 

うっうっ・・

今ごろ気が付いたん?

ツッコミたい感情をこらえ、そうかそうかと話を聞きます。

 

どうやら、長男は、

お父さんの広い背中にしがみつき、

そこでいろいろ戦い、

自分は一番になった。

お父さんと僕は無敵。

と思っていたようです。

 

ところが、ビデオには、思いっきり負けているチームの姿が写っていました。

 

きっと彼の記憶の中では、もっとキラキラしていて、

すごくエキサイティングで、

安心する風景だったんだろうな・・

 

子供の頃に広いと思っていた公園の現実を大人になって見るような・・

 

いやいや、私も大人になり、知恵が働き、

何かと理由を付けたがる。

そうじゃなくて、もっともっと、

息子の中でストーリーがあったのかもしれない

 

そのまま子供達を寝かしつけ、

ぼーーっと考えます。

 

子供の世界は、我々大人が思っているよりも、

素敵な世界なのかもしれない。

 

失わせたくないな・・

と思いつつ、

それもまた彼らの成長か・・

と感慨深くなるのです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(秋バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

2 件のコメント

  • いつも楽しく拝読させて頂いております。
    私は関西の大学に行き、東京でワーママしていますが、地元は遠方、、
    関西弁のノリ?!かつ、的確な視点で色々な角度から物事を捉えるぽにさんの投稿をストーカーの様に盗み見してましたが、たまらなくなってコメントさせて頂きました。
    本当におっしゃる通りですよね。大人にとっては当たり前の事が、子供にとっては特別で、その場面に遭遇したときはたまらない気持ちになりますよね、、
    今は子育て大変でも、子供が自分を頼ってくれるのは後数年、、と思うと寂しいですが、お互い、子育て、家事、育児頑張りましょうね!
    これからも様々な面での投稿、本当に楽しみにしています!
    いつもありがとうございます!

    • あいり様

      コメントありがとうございます。
      こんなに嬉しいストーカーはいませんよ。
      感謝申し上げます。

      子供にとっては特別な視点が、大人からは日常だったり、取るに足りないことだったり…って本当にありますよね。
      私は自分が子供よりで、理解のある方だと思い込んでいましたが、全然そうじゃないかもと感じております。

      子育ては、いろんな角度で親自身も育ててもらえて楽しいですね。
      大変なことも沢山ありますが、あいりさんのコメントに、そうだよねーと首がもげるほど頷いております。
      ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!