溢れるおもちゃ・・『おもちゃ収納』を考えなくては

近頃、子供達は、同じようなオモチャでしか遊ばなくなりました。

その割に、量の多い我が家。

  • ブロック
  • 仮面ライダーのベルト
  • プラレール
  • 木のオモチャ
  • ぬいぐるみ

・・あかん。

書ききれない。

とにかく、ここ数年で増えました。

 

これは、オモチャの断捨離時?

と思っていましたが、子供達にきていみると・・

 

片付けが面倒くさいから遊びたくない

とのこと。

なぬ!!

それはマズイ。

 

確かに、大人でも、片付けを想定すると何だか煩雑で、出さないモノってあります

数年前まで持っていた、タジン鍋とかそれに該当する…

 

せっかくオモチャ遊び適齢期の5歳と4歳。

思いっきり遊べる環境にしようということで、やってきました。

 

IKEAどすえ

神戸 IKEA

神戸のIKEA。

子供達が小さい頃には何度か足を運びましたが、ウロチョロする年代になってからはネットでの購入に頼っていました。

 

でも、オモチャ収納の場合は、子供達が主なユーザー

家族で、実店舗にいざ出陣!

 

興味ないかな・・と思っていましたが、

意外とノリノリの子供達

そういや、私も昔、「他のお家を覗ける」ような家具の展示された空間は好きだったな・・

 

展示をグルグル回った結果、

ベタですが、我が家もこちらに決めました。

IKEAオススメ、トロファスト

TROFAST/トロファスト おもちゃ収納シリーズ(IKEAホームページより参照)

展示をグルグル回った結果、

幼少期~小学生までをコンプリートしてくれそうなこの家具にしました。

本体:5990円

引き出し:大400円、小200円

 

さて、紹介が遅くなりました。

我が家のオモチャ事情。

現在のオモチャの場所はこれ

オモチャ 増えた

ジャーン!!

収まらない(汗)。

何とか床に置かないで済む、ギリギリのライン。

 

つい最近までカテゴリー別に収納をしていましたが、お盆に甥っ子にいくつかオモチャを譲ってもらってから、驚きの増殖っぷり。

 

ここで、トロファスト投入。

トロファスト

縦型タイプを2つ購入。

 

新しい収納に収めるために、まずは、一つ一つのオモチャを出して、

鬼速片付けです。

【ともばたけバックナンバー】

『鬼速片付け』を実践しました【片付けられない感情によりそう良本です】

どれがいるか、子供達に取捨選択させました。

 

うん。

全然捨てられない・・

 

そりゃそうだ。

「全部いる。」

4歳、5歳にしてみれば、全部のオモチャが大切なのだ。

 

でも、心を鬼にして、こう提案。

「じゃあ、あまり使わないかな~と思うモノだけ、このカゴに入れよう。東京のじいじ・ばあばのお家に持って行こう。」

ということで、集めました。

オモチャ いらない

マクドナルドのものや、どこかのゲームで当てた100均もどきが多いです。

 

義実家に持って行くか?

ええ、持って行きませんよ。

 

鬼はここにいます

年末まで、押し入れに収め、想い出したモノだけ救出する予定です。

 

さて、オモチャ収納を改善すると、今まで考えもしなかった発想も出てきました。

完成した我が家の収納の様子を含め、次回お届けします!!

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(秋バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!