朝の準備もラクになった、『生活に効く』レイアウト変更

前回の記事に、多数のコメントをありがとうございます。親身になって頂き本当に感謝しております。お返事、しばしお待ちを。

「やっぱり、全然違うねー」

3月。

私の職場はレイアウトが変わりました。

ルーチン業務が多い技術系職場のため、ちょっとしたことが律速になります。

この機器に使う試薬が側になく、あちらの棚に・・となると、たちまち不便に。

 

フロアには女性が多く、みんなで大掛かりなレイアウト変更をしました。

数日、業務を止め、専用業者に配置転換をしてもらい、、

 

あら、なんということでしょう。

 

今まで取りに行っていた関連資材や、見渡しにくかった周辺がスッキリ。

作業効率がアップしました。

 

*************

職場のレイアウトの変更、やっぱり効果抜群!と思ったものの、

我が家はどうなの?

 

先日、本棚をリビングに持ってきた記事を書きました。

【ともばたけ】【過去記事】

約50平米マンションで快適に暮らすために・・絵本棚やオモチャ収納のイロイロ

子供達は、今まで以上に本を手に取るようになりました。

他は?

いやいや、約50平米って、狭いよー。

特にレイアウト変更しなくても、大丈夫でしょ。と思っていましたが…一度、やってみるか。不便だったらすぐ戻せばいいし。

  • ダイニング一式
  • トースト
  • 炊飯器
  • ソファ
  • 植物

の位置を変更しました。

変更前

リビング オシャレ

地味に、私は一番窓側に座っているため、すぐに冷蔵庫・・とはいきませんでした。

子供達に席替えをお願いしても、「お外が見える方が良い」と変わってもらえませんでした。

 

それなら、大幅変更じゃ!

変更後

 

あら、なんということでしょう。

リビング レイアウト変更

めっちゃ便利。

シンクとダイニングテーブルの近さがくりなす、時短ぶりは半端無い。

  • 使った食器をシンクに戻しやすい
  • 冷蔵庫が近いため、マヨネーズなども振り向いたらすぐ取れる
  • 買い物した商品は、ダイニングにボンと置いて収納(今までは床に置き、かがんでいた)

 

リビング オシャレ

ちっちゃーい事ばかりですが、

朝の支度が3分くらい早くなりました

ダイニング 植物

大きいです!朝の3分。

特に、寝坊したギリギリの日に、恩恵を感じます。

 

子供達が自分のことを自分でするための工夫も少しずつ取り入れています。

まだまだ試行錯誤ですが・・

 

*************

レイアウトが変更され、快適になった職場。

 

そんなある日、部長から呼ばれました。

「悪いんだけど、ぽにさん、皆んなと違う所に座ってもらえるかな。」

ほえ?どういうことですか?

 

「この4月から、研究所からスピンオフした課が同じフロアに立ち上がるのは知ってるよね。そこに座ってもらえる?」

えっ、でも、私、その方々と業務全く違いますよ。

「うん。そこに入ってもらう女性スタッフが1人なんだ。さすがに可愛そうだし、ぽにさんが隣に座ってあげて。」

おっおん。

 

何でしょう。

せっかくレイアウト変更し、快適な職場となったのに、私は同僚達から30メートルくらい離れた全然違う部門のシマに座ることになりました。

なっなぜ。

 

私だけ、動線がむっちゃ悪いです。

まぁ、最近、現場に入れてないのでいいんです。うん。

いいのか?!

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。クリックが更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!