苦手な人への対処法

「またあのお客さんの所で、遅れてしまった」

学生時代、ファミリーレストランで働いていた時、時折りありました。

同じお客さんにミスや遅延が集中すること

例えば、お水やおしぼりを配っていなかったり、オーダーを他のお客さんよりも取るのが遅かったり。

しまった!

と思っていると、運悪く、その卓の料理の仕上がりも遅く、平謝りしながら運ぶ…

 

何故か重なってしまう

 

時にプンスカ怒られもしましたし、笑顔で許してもらえることも。

私だけのミスではなく、その場にいたお店の流れといいますか、

ポッカリ穴が空いたように、その卓への『注意』が抜ける現象も、たまにありました。

 

*************

丘 緑

「ぽにさん、あの書類の締め切り明日ですよ。」

すみませーん!

 

私は基本、迂闊です。

他の人よりも『うっかり』の頻度が高い。

だからこそ、人の倍、3倍くらい気を付けて、メールチェックや実験管理をしているつもり。

ハッキリ言って、多分社会人、むいていない

 

スコンと忘れたり、ちょいミスをしたり。

ホントにそんな自分に呆れてしまいます。悲しいけど、事実。

 

で、ですね。

この特性とは生まれてからずっと付き合ってるので、半ば諦めるとして、

最近の悩み。

 

ある方の前で、ミスが重なる

気がします。

 

メールのチェックや、書類提出。

その方が係わっている仕事でなぜか重なります。

 

やっぱり、何度も重なると、相手も『ん?』と懐疑的になっているよう。

一方の私。

ちゃんとやろう、ちゃんとやろうと思っていても、

何だかタイミング悪くその方への連絡が遅れたり、

たまたま他の電話対応(重要)で打ち合わせに間に合わなかったり。

 

不可抗力も何だか重なる~~

その上、ちょっと堅物の方。

絶対ご機嫌を損ねています。

 

こうなると、負のループに陥る予感。

自分の『ニガテ度』も増す(←自分が悪いんだけど)。

 

こんな時の簡易対処法。

とにかく、距離を置く

根本は何の解決にもなっていません。

 

でも、距離を置くことで、相手からも忘れてもらう。私の存在を

私の記憶からも相手の存在を忘れる

先にあげた、ファミリーレストランの時も、マズいな・・となったお客さんには、素早くリーダーに報告して担当を変えてもらいました。

お客さんにとっても、アレレ?と思っていた店員がチェンジすると気分も一転する。

これは、結構有効でした。

(もちろん忙し過ぎる時は、担当変更が無理な時もありました)

 

今回の場合は、仕事関連でのギクシャクですが、

性格が合わないとか、話が合わないのでニガテ・・という場合もあると思います。

 

それにも、『距離を置く』ことは有効(あくまでも当社調べ)。

 

問題は、元々物理的距離も近い人の場合

席が隣だったり、シマが同じだったり、半径3メートル以内に常にいる場合。

 

この場合、

必要最低限しか関わらないこと

が効いてきます。

 

人間関係、何だか上手くいかない時期やスパイラルって、あると思います。

精神的にやられそうなら、上司に相談したり、専門家に駆け込んだりが必須になりますが、まだソフトな時。

 

『関わらない』は絶大。

そして、心の中で凛とこう思う。

「私はプロの社会人よ」

むいてないよ。

知ってますよ。

でもね、お金を頂いている以上、やっぱりプロなんです。きっと。

上手にかわす人でいたい。

そして、プロ意識とは大切で、人間関係の改善に奔走する一方で、本業が何であるか、自らの業務の本質は何なのか追求する。

嫌な態度をとられたから、仕返ししてやる〜等と低俗なことも考えなくなる。

何せ、プロだから。

 

さぁ、今日も問題の方と仕事です。

つらつら書いてみたものの、なかなか高まらなかったりするプロ意識。

なるべく高めに維持して、勤めていきたいです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(夏バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

4 件のコメント

  • ぽにさん、こんにちは。
    育休明けの新米ワーママです。
    育休が明けて、慣れ親しんだ会社に戻ってみたら、環境の変化や人間関係の変化、またまた自分自身の変化に戸惑い毎日四苦八苦している毎日です。
    そんな中、ぽにさんのブログに出会い、たくさん勇気をいただいています!ありがとうございます!!
    そして、今回の記事、まさしく今の自分に当てはまり、刺さりました。
    仲が良かった同僚となぜか復帰後ギクシャクした雰囲気。気にすれば気にするほどカラ回り(笑)
    ほんと、ぽにさんの言うとおり「距離を置く」に尽きますね。

    これからもブログ楽しみにしています。
    私もぽにさんのように仕事に育児に前向きに頑張りたいと思います。

    • りょうママ様

      コメント感謝申し上げます。

      復帰後のギクシャク。
      分かります。
      激しく共感。

      特に女性の場合、いろんなバックグラウンドを抱えているので、理屈だけではない何かがあったり…
      ホント、逃げるが勝ちです。

      私も全く上手くできる人間ではないですが、逃げ足だけは速いです(笑)。

      復帰後は、四苦八苦する毎日だと思います。
      正直、もうちょい続きます。
      でも、子供も必ず成長するので、どうぞ無理のない範囲で、超手を抜いて、りょうママさんのペースでお進み下さい。

      暑い日が続きますので、お身体にはくれぐれもご自愛下さいませ。

  • いつも楽しく読ませていただいています。
    そういう間の悪さはなぜか重なるんですよね…。
    ご自身をプロとして自覚されているのはすごいと思います。
    あとぶしつけで大変申し訳ないのですが
    冒頭の「時より」は「時折」の間違いではないでしょうか?

    • みな様

      コメントありがとうございます。
      あらーー私、バカねぇ。
      気がつかなかったです。

      また見つけたら教えて下さい。

      全然ぶしつけじゃないので。

      むしろ、教えて頂き、感謝してます〜

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!