お家が狭くて良かったと思っていること

我が家は約50平米マンションと狭い。

そこに家族4人で住んでいます。

数か月後には、3人目が生まれるので、5人で住むことになります。

 

「満足ですか?」と問われると・・

いやいや、もっと広い家に住みたいよ

正直。

 

リビング 狭い

今朝のリビング。ルンバの後が分かりますか?

子供の頃、住宅情報誌や間取りを見るのが好きだったこともあり、将来は広いお家に住みたいな・・

とボンヤリ考えていました。

 

しかし、いざ大人になり、

働いてみると、広いお家って、

簡単に買えない。

 

仮に、買えたとしても、郊外だったり・・通勤がとっても大変になります。

思いの外、働くことが嫌いではない私は、できれば働いていたい。

そうなると、駅に比較的近い方が便利。

 

また、夫婦共にフルタイムだと、家族のお家滞在時間が非常に少なくなります。

睡眠時間を引くと、合計3~4時間。

もしもお家が広くて、

メンテナンスに時間がかかるようなら、

少ない滞在時間の結構な割合を充てることに。

 

回り回って、狭いお家が合っている

となっております。

不覚にも。

 

もちろん、狭いお家というのは、生活するのにコツがいります。

  • モノを少なくする
  • モノを減らす
  • モノを持たない

一緒じゃないか・・

そう、モノは持てません。

モテない家族です

はい。

そんな話はさておき、最近、狭くて良かったと思う機会が増えました。

 

3人目の妊娠をしながら、先週まで週2の勢いで出張に行き、ガシガシのフルタイム。

髪を振り回して砂かけババアのように走り回っていました。

 

バテバテで、もう何もできません。

保育園から帰ってきた、19時にはすでに眠くて、5歳・4歳の子供達には自分達でお風呂に入ってもらい、フラフラ見守りながら夜の用事を済ませます。

何とかご飯を食べて、後から帰宅した夫とバトンタッチ。

20時にはお布団に飛び込んでいます。

何もできない・・

しんどい!

夜中に目を覚ますこともありますが、お腹が重くて起き上がれません。

 

翌朝、いい感じに荒れ果てたリビングに、ガッカリしますが、5分ほど真剣に片付けると何とかなります。

子供達にも一緒に片付けてもらう時も。

これは、一重に、

お家が狭いからかもしれません

2階に収納すべきモノもなく、

唯一の独立部屋は、お布団を敷くくらいしか用事がない。

リビングを離れなくて良いのです。

お腹の重たい妊婦には、助かる動線です。

 

また、ボロ雑巾のように帰宅した際に、お家が綺麗か汚れているかは、結構重要。

散らかっていると、

『やっぱり、こんなに生活空間が整えられないなら、仕事やめたいな』

という思考がよぎります。

 

ギリギリのラインで助けてくれているのは、

狭いお家だからかもしれません。

 

いや、やっぱり、広いお家に住みたい…

 

という夢を持ちつつ、

しばらくこのお家でお世話になろうと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(秋バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

【コメント欄について】

申し訳ございませんが、現在、でコメント対応をお休みしております。よろしければ、Twitterにお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!