狭いマンション(約50平米・4人暮らし)、快適に暮らすために、収納のマイナーチェンジに力を注いでいます。

スポンサーリンク

約50平米マンションに4人で暮らす我が家。

 

元々、汚部屋と申しますか、倉庫部屋出身の私にとって、『収納したらもうそれで良いじゃないか』という文化が自分の中に根付いております。

そのため、『模様替え』という概念すらない。

メンドクサイ。

 

ですが、子供がいる今、そこまで大がかりじゃなくとも、定期的に変えた方が自分達のためになる。

特に、収納面

 

過去にもいろんな奮闘をしてきました。

【ともばたけ おすすめ記事】
約50平米マンションで子供が走り回れる空間を実現
約50平米賃貸マンション、4人暮らしの我が家にソファがきます
約50平米マンションに新しい家具が!-絵本棚を北欧家具にー

 

2、4歳育児もそろそろ、3、4歳育児となる時期が近づいております。

そうしますと、お家の収納の多くを占めていたアレが、少なくなってきました。

 

そう。

 

オムツストック

 

リビングのスタッキングシェルフに通常使い分を入れ、残りはトイレの棚の中に仕舞っておりました。

我が家のトイレはこんな感じ。

トイレ シンプル

奥のカーテンの中に、ストックや普段使わない家電を仕舞い込んでいました。

カーテンを開けるとこう。

トイレ 収納

オムツをパッケージごと、下から3段目の棚に入れ、そこにあったおしりふきやティッシュは2段目に避難させる。

ラッキーなことに、オムツの種類はビックのみ。

次男が早々にビックサイズになったので、1枚当たりのコストは高くなりますが、収納面や手間の点では助かりました。

 

・・そんな我が家、オムツ育児が一段落しそうです。

 

夜はまだまだ履いていますが。

でも1日2人で2枚。4歳長男は、そろそろ完全卒業です。

 

ちょっと前は、1日10枚くらいを消費していたため、オムツへ注意と言いますか、切らせるわけにはいかないなという意識が高かった気がします。

・・随分とラクになりました。

おしりふきも全くと言ってもよいくらい、本来の使用法では使わなくなりました(おしぼり代わりに使用)。

 

ストックを置かなくても良くなったため、スコンと空間ができました。

ストック トイレ

下から3段目は空。

トイレットペーパーは、下から2段目に入っております。

 

我が家は男3対女1のためか、ペーパー使用頻度が非常に低いです。

共働きも相まって、お家トイレを使う機会が少ないようです。

1ヵ月4ロールくらいかな。

3姉妹で育った私にとって、信じられない感はございますが(汗)。

 

話が逸れましたね(←もはやお家芸)。

 

さて、

現在の我が家のトイレ。

トイレ 収納 共働き

突っ張り棚は取り除き、シンプルになりました。

下から3段目は空いております。

収納残高アリ。

何か入れようかな?

と倉庫部屋出身、『ぽにの関』はすぐにシコを踏みだす。

のこった!のこった!と。
でも、この空間が、精神的ゆとりにもなっています。

・・このまま空にしておこう。

また、突っ張りの棚は押し入れの他の部分で活躍してもらうこととします。

 

一時は、布おむつも紙オムツも沢山あった我が家。

当時はバタバタで、目が回っておりましたが・・トンネルを抜けるように、違うステージに登っている日が来るのですね。

 

嬉しくもあり、

・・どこか淋しい気分です。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

と言いつつ、新たに目の回ることもいっぱいございます。ふぅ~。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!