火曜の夜の憂鬱と戦う

スポンサーリンク

火曜の夜って憂鬱です。

一説によると、日本人は月曜ではなく、火曜にウンザリする方が多いと聞いたことがあります。

海外の方は休日を過ごした後の月曜らしいですが、日本人は火曜の傾向があると(まっ、月曜もしかりですけどね)。

週末も遠いし、まだ始まったばかりで体も頭も慣れてない。
リズムにも乗れず、ちょっと嫌だな・・

大人の都合で申し訳ないのですが、
子供が火曜の夜に具合が悪くなると、その週は水・木・金と出勤が全滅になる可能性も。

体調維持のためにも、親子共になるべく早く寝る日。

とにかく『こなす日』。

と感じていましたが、

ご存知あるドラマのおかげで楽しみに。

そう、
逃げ恥です。

ベタですみません。

主人も私も理系カテゴライズ。

星野源が演じる男性にあるあるを感じるのです。

研究室にいた頃、研究所にいた頃、こんな男子多かった。
量産です。
毎年です。

ドラマはフィクションですが、デジャブか!と思う会話が大量。

何より、
ガッキーがかわいい!!

e0349351_08340714.jpg

これはポッキーです。

滅多にドラマをみない私。
ハマっております。

それじゃなくても忙しい日々。

火曜10時なんてなかなか起きてられない。

寝かしつけの9時に一緒に寝てしまうこと8割。

 

でも、火曜だけは、火曜日だけは、、
楽しみにしています。

本日は火曜日。
明日は祝日ですが休日出勤。

そんなの関係ございません。

ガッキーをみるため、うちの大事なガッキー達に早めに寝て頂きましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!