ワーキングマザーの道 【まだまだ草分けの文化の我々、さぁどう生きるか】

スポンサーリンク

「あっ、帰るんだ。じゃあ片付けとかは私がやるのね。」

10年以上前、研究室時代、心の中で幾度となく思ったこと。

先にサラッと帰るワーキングマザーの先輩は、急いでいる故か、掃除や業務とは直接関係の無い目立たない仕事は、一切しない方でした。

「結局、また私達だけで掃除ですか。」

毎日のように後片づけをしている後輩が、私にぼやきにきました。

ザワザワ。
心のなかで雲が動きます。

「子供を産んで、職場に復帰するって難しいことなのかな・・」
働く女性の将来ってどうなんだろ・・と思った日。

 

それから時が流れました。

人生は長距離走に似ていると聞いたことがあります。

 

ワーキングマザーが当たり前になりつつある昨今。

何も問題もなく育休や復帰が可能な職場もあれば、復職後、人間関係がギスギスしている所もあるのではないでしょうか。

とぼしい経験からの考察ですが、ワーキングマザーが職場で市民権を得るには少なからず壁があると思います。

その中でも、独身や子供がいらっしゃらない方、シワ寄せが来てしまう方への配慮は必須であると感じます。

 

私はDINKS時代が4年ございました。

妊娠を強く望んでいましたが、なかなか恵まれませんでした。

私より後に結婚した同僚達が次々出産、育休を取得し復帰していました。

当然、仕事量は格段に増え、残業や休日出勤などそれなりに大変な時期がありました。

なかなか妊娠しない自分は、仕事量が原因かな・・と因果関係は不明なのに、変な推測をしてしまいました。

それでも、「さぁ、帰ってこい。私の時にはよろしく頼むぞ!」
と思うように気持ちを切り替え、黙々と業務を遂行していました。

子供の話をしている輪に入り辛く、陰ながら涙を流した経験もございます。

 

でも、今となっては財産です。

その作ってきた『道』みたいなものが現在、復帰後の働きやすさに繋がっています。

私が妊娠した際、同僚達は本当に喜んでくれました。

 

時代の動きにも大いに感謝したいです。

きっとこのように働けるまでには、何人もの女性が涙をのんだと思います。

先輩方の努力や悔しさの土台があるからこそ、今ワーキングマザーをしてられる。

 

閉ざす訳にはいかない。

未来のワーキングマザー達の『土台』をつくるのは、今たすきをかけて走っている私。

はぁはぁ

時につまずき、転び、前のめりになりそうになる。

覚悟を繰り返す時も。

それでも走りながら、ふと考える。

次にたすきをもらう人の道が、どうか私の道よりも平坦で走りやすいように・・

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。
ランキングに参加しております。
クリック下さいますと幸いです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

【トラコミュ】

おすすめです


ワーキングマザー

時短家事の工夫

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 素晴らしい会社ですね。たくさんの方々がそれぞれの環境の下、最大限努力されたのでしょう。ぽにさん、我が社では、私が初めてです。コケれば二度と子持ちの採用もなければ、復職もできないでしょう。だから頑張ろうと思います。このような話、他社の話は沢山知りたいです。可能な限り教えて頂きたいです。

    • まあさん

      コメントありがとうございます。
      私よりもよりずっと努力なさっている現実に、ただただ頭が下がります。

      まあさんのブログのハワイ出張、大変過ぎて読んでいる私も手に汗握りました。
      凄く励まされました。

      自分がコケたらダメな環境・・
      苦しいところですね。

      どうかお身体にはくれぐれもご自愛下さいませ。
      ブログの更新、心より楽しみにしています。

      ぽに

  • 初めてコメントさせていただきます。同じフルタイムワーキングマザーとして共感することが多くて、エキサイトブログの頃からこっそり何度も読ませていただいていました。

    その時は気がつかなくても、自分が作ってきた道が自分を助けてくれる、本当にそう思います。願わくば、次の誰かの役にも立てますように。
    私も頑張りますね!

    • あっ、憧れのAKIさんじゃないですか!

      こちらこそ、ブログ拝見しております。

      主催されているMom’s Morningに申し込もうと思っていました。
      何とか調整できないかと考えていた矢先に埋まってしまい、残念に感じていたくらい。
      関西での開催、熱望しております。

      お忙しい中、コメントまで下さり感激です。

      願わくば、誰かの役に立てますようにとおっしゃいますが、AKIさんのブログ、私も役立ててます。
      すでにミッションコンプリートです。
      素敵過ぎます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!