ふるさと納税、大失敗

忘れもしません。
昨年12月26日午後11時。

子供を寝かしつけ、夫婦でパソコンに向かう。
2人とも神妙な面持ち。

視力の低い主人は眉間に深いしわをよせておりました。

スクロール・・

スクロール・・

何を見ているのか?

『ふるさと納税』

某有名サイトを開いて、これにしようかあれにしようかと思案。

人生初のふるさと納税のため、ビビりの私はその他にもあれこれ調べました。

育児休暇だった人は要注意のようです。

・育休期間は自身に所得がないため納税者対象ではない
・働いている主人名義で手続きを行わないとややこしいことになる
・クレジットカード払いやもろもろも主人で

ふむふむ。

数学や数字を見ることはは比較的得意ですが、制度や行政について全く無知な私。
不安な点は全て、インターネット先生よりご教授頂きました(素晴らしいサイト多数、感謝しております)。

あとは手続きするのみ。

2016年の寄付は12月いっぱいまで。

焦る夫婦。

スクロール・・

スクロール・・

発注したい市町村がほぼ確定しました。

初めての今回は、
北海道〇〇町
1万円の『乳製品詰め合わせ』
群馬県〇〇村
3万円の『すきやきセット』
をまず申し込んでみよう。

某有名サイトに個人情報を打ち込む。

「私でもできた~」とCMで流れていた。
大丈夫。
いけるはず。

手続きを進める。
少しサイトが遅い。
混雑しているのかな?

『すきやきセット』を頼む際に、ページが少しフリーズ。
おや?
大丈夫か?

【クレジットカード情報を入れてください】
と表示が。
戻って情報を入れる。
さっき入れてなかったっけ…

『すきやきセット』の画面に帰り、寄付完了!
よしよし。

同じ手順で『乳製品詰め合わせ』を購入。
よしよし。

マイページのような場所に戻り、寄付状況をみてみる。

なんと、

 【3万円×2= 6万円 完了】

との表示。

えっ、してませんし。

どういうこと?
焦る私。

主人「あぁ、バグったんだよ。年末だから申し込みも殺到してるからねーしょうがないよ。2件寄付しようか。」

いやいやいや。

サイトがバグったミスだが、3万円と6万円では全然違う。
乳製品も足したら7万円だし!
はっきり言って困る。

2件同じ市町村に寄付しても、お品は1つしかもらえないとインターネット先生が仰っていたし。

慌ててググりまくる。

【ふるさと納税 キャンセル】

インターネット先生いわく、

❶ふるさと納税は、寄付なので基本キャンセルはできない
❷何かあった際は、申し込んだ市町村に相談しろ

御意。

何かとドンと構えている主人は、ガーガー寝てしまいました。

私は1人焦る。

しまった・・
混んでいる時期に慌てるのではなかった・・

後悔が押し寄せます。

チキンな私は、ほとんど眠れず朝を迎えました。

出社し、休憩時間、先輩に相談。

「おおーー!〇〇さん(私)、6万円も寄付する太っ腹になったかー」
と大笑いする先輩。
私の半泣きを笑い飛ばしてくれたので、少し気が楽になりました。

そのまま6万円払った市町村の担当者に電話。

状況を全て説明しました。

担当者「それは大変でしたね。それでは、1件はキャンセルとして処理致します。」

おおおーーーー!!

数時間後、某サイトのマイページも【3万円×1完了】に変更されていました。

 

何かと失敗した初ふるさと納税のお品が届きました。

e0349351_09013289.jpg

素晴らしいお肉、新鮮なお野菜!!

この市町村の担当者は、電話でも『神』対応でした。

「某有名サイトにも、私が連絡しておきますので、ご安心を」
と言ってくれました。

e0349351_09032636.jpg

すきやき、最高に美味しかったです!!

2017年もここに寄付しようと思います。
そして、いつか、この市町村に遊びに行こうと考えています。

眠れないほど、失敗した…と焦った今回。

初めてのことをする時には、余裕を持って慎重にすべき。
・・迂闊でした。

でも、このシステムは面白い。

こんな街があるんだ〜

なんて読むんだろう〜

自分の国でもまだまだ知らないことが沢山。

特に、食べ物が充実!
どの市町村にも名産があるなんて凄い!!

日本だからこそできるワザかも。
世界でも、トップクラスのグルメ国ですもんね。

とにかく、
ふるさと納税、万歳!!

最後まで読んで下さりありがとうございます。
下の写真にクリック下さいますと狂喜乱舞します。
画面が飛ぶので、びっくりさせたら申し訳ないです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!