共働き限界・・夕食宅配に頼るか!?

約半年前、私はいっぱいいっぱいになっていました。

復帰して2ヶ月。
息子は1歳1ヶ月。
そして妊娠2ヶ月。

仕事は専門外の分野の担当になり、四苦八苦していました。
つわりもひどく本当にしんどかったです。

もちろん時短勤務をさせてもらっています。
しかし朝時短のため、夜は定時まで勤務です。

保育園にお迎えに行って、夕食の用意はバタバタ。

息子は抱っこしていないとエビのようにギャン泣きをします。
私自身の体調もすこぶる悪いです。

吐きながら、近くにサポートしてくれる人がいない事実に愕然としておりました。
続けられないかも・・正直限界かもしれないと思いました。

そんな時、ふと広告が目に入ったのです。

毎日お届け、
日替わり夕食宅配。

「うわぉ!これがあったか。」

一食500~600円。塩分やカロリーも調節しているようです。

続けられないのなら、
退職するんだったら、
徹底的に対策を講じてみよう。

帰ってきた主人にも夕食宅配を相談してみました。
「うん。いいんじゃない。」
軽いっ!
そして彼に夕食を作るという思想がないことに若干ガッカリ。

でも、その他家事の多くはヘルプするということで落ち着きました。

それから、いつでも宅配してもらえる。
と思うことで、何かとっても楽になりました。

よし、来週には申し込もう。
そうしよう!
でも今週も頑張れたから、来週もいけそうだ。
再来週かな・・
とか考えているうちに、数週間が経ち、つわりが和らいでいきました。

そしてそして・・

結局、今の今まで申し込めておりません。

ただ、この広告が、どれだけ私を助けてくれたか。

この宅配というシステムに心から感謝申し上げたいです。


最後まで読んで下さりありがとうございます。
⇩⇩⇩⇩⇩この絵にクリックして下さると幸いです。
ほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
皆さんのポチッに本当に感激しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!