金曜日にしてはいけないことー叱るタイミングは永遠の課題ー

社会人になって、気を付けていることがあります。

『提言するタイミング』
『叱るタイミング』

です。

無印良品 バスソルト

久々に無印良品へ。
バスソルトって見てるだけで心が和む・・

お気づきの方も多々おられると思いますが、これは重要です。
タイミングを間違えると誤解されたり、嫌な印象を与えたり、お互い引きずることも。

でもあんまり考え過ぎると、言い逃したり、モヤモヤしたり・・
難しいものです。

何度も失敗を繰り返し、自分の中で一つのルールが生まれました。

『金曜日は極力 叱らない、提言しない』

もちろん会議やプレゼンがある場合は、提言自体が業務なのでルールは無視です。

この場合の『提言』は、日ごろおや?っと思っていることを敢えて言う、いわば忠告に近いものです。

先日、ワーキングマザーの友人から相談を受けました。

彼女「日頃から態度が?な後輩をきつく叱ってしまった。金曜日に。」

私「おやおや、珍しい。で、どうだったの?」

彼女「後輩も嫌な気持ちで週末を過ごさせてしまうだろうし、自分もモヤモヤして週末を過ごしそう。やっぱり、金曜日はいかんわ。」

そうです。
金曜日の『おみやげ』は持ち越します。

週初めや半ばは、他にいろんな人とのやり取り、仕事が立て込むため、そこまで持ち越しません。

叱る方も相手の心情を察しながら注意喚起するため、結構気を使いますし、逆切れ的な反応されたらどうしょうと、ビクビクしている時も。

特に、私は『チキン』なので金曜は避けたいです。

さて、本日は月曜日。

上司や先輩に怒られるかもしれません。

週初めですが・・
お手柔らかにお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!