小学校に入学前に絶対に教えたいこと、交通事故【7歳児ピーク】

スポンサーリンク

交通事故

それは誰にでも起こる可能性があり、非常に怖いこと。

あっ!と思った時に、子供がすり抜けたり、ヒヤッとすることってあります。

交通事故分析センターの統計によりますと、実は1歳~4歳は他の年齢よりも少ないようです。これは親が一緒に通園したり、お出かけをすることで目を見張っているからこそ。

問題は、小学校に入学する年齢。

交通事故は、7歳が最も起こりやすい

えっ!そうなの??
私、知らなかったクチです。

小学校に入り、1人で行動する時間が増えると、どうしても起こりやすくなるようです。

しかも事故に遭う場所のほとんどは、自宅から1キロ圏内、親も近所だからと油断し易いところで起きるとのこと。

小学生は自由に走り回るのが醍醐味ですが、やっぱり危険なこと、交通ルールは叩き込まないと・・

小1の壁

また、傾向は夏休み前くらいでピークになりますが、夏休みが終わってもまだ続き、本格的に減ってくるのは12月。

ピーク、結構長い。怖いです。

男子児童は、女子児童よりも事故に遭う確率が2倍。男子の方が外で遊ぶ機会が多く、より危険な行動を取るからとも言われています。

あー、思い当たる節があり過ぎて、ゾッとしてきました。

 

ただ、ここで1つ、大きなポイント。

2年生になると事故件数が急激に減る

 

ということは、1年生の間に怖い思いをした経験から、慎重になっていくのか・・

怖い経験と本当の事故は僅かな違い、そこに待っている未来は全く違い・・

何だかそんなことを考えると、心配と恐怖にあおられます。

恐ろしいなぁ。・・そういえば、交通ルールに関するパンフレットがあったような。

ゴゾゴソ

あったあった。

 

地元の交通ルールの冊子に、にためになることが書いてありました。以下引用します。

  • 子供の視線に立って、見えにくい場所は確認する
  • 飛び出しや不注意に繋がりそうな道は、何度も何度も危ないことを認識させる
  • 具体的に「ここは、木で見えないから」など危ない原因をきちんと説明する

なるほど。

これ以外にも、ちょっと目からウロコだったのが、

疑似体験をみてもらう

が良いとのこと。

ネットや配信が高度になったからこそ叶うシステム。

 

子ども安全リアルストーリー

NHKが作成している子どもと一緒に勉強できる動画のようです。

その他にも、連れ去りや、留守番の注意、水の事故・・

日常に潜む「危険」例が動画で紹介されていました。恐ろしいし、ちょっとみるのも勇気がいりますが。

でも、未就学児の時だからこそ、いろいろ準備しておきたい。

小1の壁は、仕事続けられるかに関すること。

それももちろん大事です。

 

もっと重要な、

小1前に大切な生活の心得を親子で考えること

・・徐々に始めたいと思います。

今回は真面目にお届けしました。では。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
ワーママブロガーさんから得る勇気は半端ないです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 交通事故、本当に怖いですよね。。。我が家の小3の娘が入学した3年前。個人面談でちょうど子供たちの下校時に遭遇。まー、皆飛び出してくる、走ってくる、ひどい子は信号無視。もちろんそばに居合わせたおばあちゃまたちが注意してくれるようですが、そんなことは無視!なかなかカオスでした・・・男の子がさすがに多かったですねー。けれど、周りの女子が注意したり、入学後すぐに警察の交通安全教室もあり、今では随分と落ち着いたようなー。
    我が家は女の子だったので、走っていないと思っていましたが、年4-5枚のスパッツ、パンツが破れて帰宅されていました(笑)

    • Yuzurin mama様

      コメントありがとうございます。
      なんとなんと。
      小学生の下校、カオスですか!

      そうですよね。
      これこそ、知らぬが仏。
      って、仏頼みと言いますか。

      娘さんのスパッツの件も笑いました。
      心しておきます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!