約50平米、狭いお家に4人暮らしでも『クリスマスツリー』を楽しみたい

スポンサーリンク

十数年前、研究所に入社した私は、ある女性の先輩にこう誘われました。

 

「会社の部活で、生け花部をしてるんだけど、ぽにさんも見学に来ない?」

女子寮での初めての独り暮らし。

 

近くに友達も知り合いもいる地域ではない。

ハッキリ言って、

暇でした。

 

二つ返事で生け花部の見学に参加。

しかし、

メンバーの女性3人のうち、2人がその日をもって部を卒業するという、記念すべき日に呼ばれたようでした・・

 

*************

我が家は約50平米マンションに4人暮らし。

倉庫部屋と申しますか、いわゆる汚部屋出身の私でしたが、何とかモノを少なくして暮らしております。

 

今年も楽しい季節がやってきました。

クリスマス~~

 

残念なことに、お家にツリーを収納するスペースはございません。

ということで、3年前より生花を飾っています。

【ともばたけ】【おうち】
2017年クリスマスツリー
2016年クリスマスツリー
・・似たような50平米シリーズ記事デス。

薩摩杉です。

週末、懇意にしている花屋に行きまして、そこで良い感じの形を見繕ってもらいました。

よく、枝ごと飾っていると「高いんでしょ?」と言われますが、実は薩摩杉、そんなに高くない花材です。

小ぶりから大きいものまで様々ですが、
500~2000円の間で毎年済みます。
(お店にもよるかもしれません。大都市の花屋では1800円でした)

 

今年は、オーナメントを付けたい。

クリスマス オーナメント

北欧、くらしの道具店で購入。

オーナメントって、高いイメージがあります。5000円とか、光が出るものとか。

センスの良いネットショプだと、余裕で諭吉さんが飛んでいきそう。

こちら1620円。しかも、今の時期、シンプルな手帳が付いてます。えへへ、ラッキー。

一緒に付いてくる読み物もなかなかオサレです。

 

オーナメントは、子供達が飾ってくれました。

オーナメント 飾り付け

休日に家族で飾り付けです。

何だかワクワク。

クリスマス おすすめ 飾り

うんうん。

シンプルで、温かみがあります。

決して派手ではないですが・・子供達も大満足。

自分で飾り付けしたことが、大きなポイントだったかも。

クリスマスツリー リビング

リビングに飾りました。

眺める度に、あぁ、クリスマスだなぁ~いいなぁ〜と思います。

 

****************

生け花部。

部員が1名になる。先生もすがるような目で私を見つめました。

・・はっ、入ります。

どうしょ。ほんまに興味ないねんけど。。

 

この時は、まさかそれから先生に8年も教えを請い、研究所を転勤してからも先生のお家まで通い、

師範の免許も取ってしまう自分になるなんて、知る余地もありませんでした。

 

生け花のおかげで、私のくらしに「花を生ける」という習慣が加わりました。

バタバタの毎日ですが、少しずつ、お花やグリーンを飾っていきたいです。

 

はぁ…癒されます。
もしよろしければ、参考にどうぞ。

ブログ村テーマ お気に入りのリース&スワッグ

ブログ村テーマ 植物・グリーンのある暮らし

ブログ村テーマ シンプルに枝を活ける

ブログ村テーマクリスマスChristmasと北欧インテリア

△この季節は工夫がいっぱいです

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
こちらのクリスマスもハイレベル!
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!