夫に会社を休んでもらってでも、行きたかった所

夫は、年に数か月『土曜出勤』になります。

その代わりに『月曜休み』に。

 

要するに、年に数か月、

土曜日にワンオペで過ごします

 

平日、朝ワンオペ。

夜は夫の帰宅までワンオペ、

土曜日もワンオペとなると・・結構キツイ。

 

乗り越えるために、土曜日にスイミングスクールを入れ、午前中に思いっきり水の中で暴れ回ってきてもらっています。

 

そんなある日の事。

さらの花

近所の沙羅双樹、今年も咲きました。

 

回覧板にて、とある情報が。

6月中旬の土曜日、近くの小学校の参観日あり

とのこと。

地域の方もよろしければ、見学どうぞ。

どうやら4時間目に地域の防災訓練も兼ねているようで、保護者以外の人もウェルカムらしい。

 

年に1回しかない土曜日の学校見学。

 

最寄りの小学校は外からしか見たことがない。

何クラスあるの?学童はどんな感じ?

全然、分からない。

是が非にでも行きたい。

 

 

様々な物議を醸しだしたブログ過去記事、地元に帰る計画は、まだ構想中ですが・・

やっぱり、

  • 夫、単身赴任
  • 姉に子供達をお願いする
  • 世帯が2つに分かれることで、経費がかかる
  • 子供達が夫に平日会えない
  • 私の通勤が往復3時間近くになる

 

各種、無理があるなぁと。

特に、保育士の姉にお願いする点は、負担もかけてしまいます。

もちろん一定のペイを払おうと思っていますが、いろんな面で苦労かけます。

 

世帯が2つに分かれるため、お金も今以上にかかります。

うーん。

何のために、家族が離れ離れになって、共働きをしているのか・・

 

総合的に鑑みると、

今の住居にステイが濃厚になってきました

 

ということで、最寄り小学校を観に行きたい。

 

夫にお願いして、彼の平日である、土曜日に休みを取ってもらうことにしました。

若干渋っていましたが、子供達2人を連れて初めて小学校に行くのは、私にはレベルが高すぎます。

 

彼には、子供達とスイミングに行ってもらい、

いざ、小学校へ。

 

どうだったか。

 

思ったより良かったデス

古い小学校なので、建物やトイレはやっぱりそれなりの年季が入っていました。

 

一方で、

ゆとりのある和室の学童教室、

学童教室の隣にあるPTA教室、

宿題をするための放課後自習室(静かにしましょうとの張り紙)・・

 

何だか、イロイロ手厚い部分を感じました。

 

たまたまですが、そこで初老の保育園の先生にお会いしました。

この先生は、子供達の保育園の先生でして、最近体調が優れず、長期で療養されている方です。

久しぶりですね~とお話しながら、この小学校のことを聞きました。

 

「ぽにさん、この小学校は間違いないわ。」

どういうことですか?

「地域の人達も、親も小学校に手厚いの。みんなが感心を持っている雰囲気よ。安心して通わせてみたら。」

 

いろいろ不安だったのですが、すーーっと、肩の力が抜けてきました。

実際に通うのは、私ではないので、どうなるか分かりませんが。

 

今の地域で子育てをしていこうかな。

少し光が射した、土曜日でした。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(夏バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

6 件のコメント

  • 百聞は一見にしかずですね^_^
    このタイミングで見れて本当よかったですね。

    私も小学校のオープンスクールに先日息子と参加してきました。やはり校舎の古さは気になりましたが、当の本人は通うイメージができたのかやる気満々で、和式トイレ練習しないとって張り切っていました(^^;)
    実は参加するまで、学級崩壊とか噂を聞いていたのでどうなんだろうと内心不安だったのですが、実際見てみるとたぶん荒れてる子は一部?なのかみんな穏やかで、少なくとも低学年のクラスは立ち歩いてる子もおらず先生との話し方とかも落ち着いていてひとまず安心しました。

    保育園の先生が太鼓判押してるくらいなら安心ですね。やはり小学校は地域性がかなり濃いと感じたので。
    また夏祭りとか運動会とか小学校見学できる機会はあると思うので、次はぜひ入学前に息子さん連れて行ってあげてください^_^

    余談ですが、先日同級生の家に遊びに行ったら、小学生の子供が2人いる家庭で長らく社宅に住んでいるけれど手狭になってきたから引っ越しを検討していたそうなのです。
    子供たちを連れて同じ校区内の新築マンションのモデルルームとか見に行ったら、テンションが上がっていたのは友人(母親)だけで、子供は「公園遠くなるから嫌だ」の一言。
    そしてご主人はそれに乗っかるように、「別に無理して引っ越ししなくても」という3人の反対にあい、白紙に戻ったようです。
    友人は残念がっていましたが、子供にとって家の狭さとかは案外気にならずそれよりも学校とかお友達との関係が大事なのかなぁと感じました。

    長文失礼しました(^_^;)

    • マイ様

      いつもためになるコメント、本当にありがとうございます。
      マイさんの同級生の引っ越しのお話、うなりました。

      なるほど。
      子供達にしてみれば、マイホームよりも学校やお友達との関係か・・
      危うくすっ飛ばしそうになりました。
      ありがとうございます。

      子供達を連れて、夏のお祭りや運動会にも参加してみます。
      ためになるコメント、感謝しています☆

  • はじめてコメント致します。
    いつも楽しく読ませて頂いている、小6、小4姉妹の母です。
    小学校選び、迷いますよね。私の住む地域も、通える範囲で数校あり、選択制なので、
    かなり迷いました。
    1学年1学級のアットホームな小規模校、小中一貫の新設校(設備がめちゃくちゃ良い)、一番近い中規模のいたってフツーの小学校。
    結局一番近い小学校にしました。
    今言えることは、校長が変わると、学校運営ががらりと変わるので、
    良くも悪くも、学校の雰囲気は変わります。
    また、クラス運営は先生、または生徒次第。これも、当たりはずれ、入れ替わりが結構あります(汗)

    結果、姉の場合、入学したら、良いと思っていた校長は異動でおらず、
    新1年生クラス担任は、1週間で辞め、そのまま学級崩壊へ。
    緊急保護者会やら、保護者による見守りetc
    どうなることかと思いましたが、高学年から新しい校長と先生の尽力で安定しはじめ、
    今は、かつてがウソみたいに落ちき、低学年の模範となる6年生です。

    妹は、1,2年は、スーパー学年と言われるほど落ち着いた学年、クラスでしたが、
    たった一人の転校生がかなりのヤンチャで、
    その子にひきづられるように、かつてがウソみたいに、ざわざわしたクラス、学年となりました。

    言えることは、とにかく悩むとは思いますが、
    公立校を選ぶ時点で、色々な人間関係にもまれることを良しとし、
    長い目で見て、子供を信じるしかない!
    ということでしょうか。

    あと、古い学校は良いですよ。
    環境レベル(学校施設レベル?)を上げると、なかなか下げるのはつらいですから。。。
    災害時とか、将来海外で生活する時とかのために、慣れさせておく必要があると
    私は考えて、古い学校も子供にとってよしとしました。
    (親にとっては、本当は新しい方が何かと気持ち良いですけどね)

    • みゆきりん様

      コメントが鬼遅い私をどうかお許し下さい。
      本当にごめんなさい。

      さて、初めてコメント、ありがとうございます。
      そして、何度もみゆきりんさんのコメントを読みました。
      もう、先輩ママのアドバイスって、何故こんなに沁みるんでしょう。

      そうか。
      そうなんだ。
      生徒1人で変わることもあるし、子供を信じるしかないなぁ。と思いました。

      このコメントに、深く頷いた人は、私だけじゃないはず!!
      本当にありがとうございます。

      はあー嬉しいです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

  • ぽにさん、いつもブログを楽しく拝見しております。
    我が家も小4と年長の娘がいます。小1の壁。本当に悩みますよねー。去年、勤務が1か月だけフルタイムになり、ファミリーサポートをお願いしました。学童から習い事への送迎をしてもらい、その後、習い事先へ私がお迎えする。時間的に厳しい時はそのままお預かりしてもらったりしました。有償ですが、うまく使えるといいですね^^
    小学校は・・・コメントにあった通り、本当に様々です。年配の男性教諭にも関わらず、長女は1年の時学級崩壊。2年次はマンモス校ので教室が足りなくなったため、無理やりクラス替えで落ち着きました。3年生もけっこう危ういクラスだなーと思いながらも、厳しい学年主任が担任だったため、どうにか落ち着いて過ごせた1年。そして4年生になり、クラスは持ち上がりだけれど、担任が変わった途端に学級崩壊・・・先生次第の公立だと思います。
    そんな学級崩壊を2年目の我が家は中学受験をするか悩みどころ。毎年3割強は私立に進学しているため、悶々と悩む日々です・・・

    • Yuzurina Mama様

      コメントありがとうございます。
      遅くなってすみません。
      ナルホド。
      担任の先生のさじ加減で、こんなに簡単に学級崩壊すると、そりゃ中学受験も視野に入れたくなりますよ。
      当たり前の流れだと思います。
      でも、それもそれで、また違う戦いが始まると言いますか。
      難しい部分ですよね。

      私は、自分の出身小学校から私立に行った子が多かったので、受験前の独特の雰囲気も何となーく肌で感じてきました。

      私は公立に進みました。
      時代かもしれませんが、私立に行った子は殆どの子が今は専業主婦の道を歩んでいます。
      良いお嫁さんを求められた時代なのでしょうね。

      今は全然違うと思いますが、私立受験もなかなか難しいんだろうな…と。
      何だろ、特に女子は難しい気がします。はい。

      でも、いつか、あの時悩んだなぁーははは。
      という時代になりますよう。
      お祈りしております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!