続)受賞候補!らしいけど・・『賞金』と『信頼』の狭間

前回の続き:受賞候補?まさかのお声かけだけど、こんな時こそ慎重に!

さて。

 

企業賞の候補にしてくれるらしい。

賞金は25万とのこと。

税金を抜いたとして、2人で受賞すると10万とちょっと頂ける・・

 

私の中で電卓がたたかれる。

正直、家計の足しになるし、賞金が出るのは嬉しい。とっても嬉しい。

お金 ともばたけ

でもな・・

名誉とリアルな賞金を頂くと同時に、

失うものも確認しないと

 

今回、実務として動いたのは、私と同じ研究室の佐々木君。

でもね、いろんな人のアドバイスと支えがあった。

 

必死になって実験サンプルを探してくれたメンバーもいた。

厳しい言葉をかけつつも、上手く行くように導いてくれるメンバーもいた。

 

いや、まだ成功してないけどさ。

イイ感じの波を起こしてくれたのは、彼ら彼女たちのおかげ。

 

ここで、私たちだけ企業賞を頂ける候補になると、どんな気持ちになる?

しかも、突然一斉メールとかで知らせられたら?

 

はいぃ?!

となるだろう。

 

佐々木君をチラッと見る。

たぶん、同じことを考えていると思う。マスク越しだから、目元しか分からんけど。

 

上司に質問してみます。

 

プロジェクトメンバーを全員入れることはできませんか?

 

上司は、

「ええ。もちろん良いですよ。賞金はそのメンバーで分けることになります。」

そして、その後、付け加えた言葉がエグイ。

 

「その辺りも、リーダーである、ぽにさんが決めてください」

 

隣の後輩に確認せねばならぬ。

 

うちの会社の初任給~数年はとっても低い。

いや、うちだけでなく、多くの日本企業は初任給~数年は一律で給与は控えめだ。

 

そりゃ、私も3人の子供がいますし、お金は欲しい。

でも、共働きなので比較的安定はしています(いや、どうだろ。たぶん)。

 

自分の新人~数年を思い出すと、お金が本当になかった。

後輩に、「賞金少なくなるけど我慢して」とは言いにくい。

 

すると、

佐々木君の方から、

 

「ぽにさん、全員誘いましょう」

 

と言い出した。

 

・・おそろしい子!!!

 

何このいいヤツ?

 

メンバーは8人いる。

25万を2人で割るのと、8人で割るのでは金額が全然違う。

税率を考えなければ、前者は12万5千円。

後者は約3万円。

 

隣の後輩がキレイな目で話しかけている時に、頭の中で電卓をひたすらたたくオバちゃん。

 

差し引き、9万5千円。

9万5千円って大きいぞ。

何が買える?

 

そして、2人での受賞と8人での受賞では、

周囲からの見られ方や感じられ方が違う

正直、8人では、全然印象が残らない。

 

一方で、

誘わなければ、チームとして士気も下がる。

 

というか、

賞金以上に失うものが多い

  • 信頼
  • やる気
  • チームワーク

失うだろう・・ビジネスでつながるメンバーだが、お金では得られない築いてきたものがある。

 

何なの?

隣にいる若手は、そんな計算をせずに、純粋にみんなで取りに行きましょうと言っている。

 

恐ろしい子(2回目)!!!

 

上司は、

「とにかく、ぽにさんは、11月までに申請用の資料を作成しておいて」

とのこと。

 

・・承知しました。

 

ということで、私は申請用の資料を作成します。

 

えっ?

結局どうするって?

 

もちろん、

全員誘いますよ。

 

グスン。

えっ、泣いてませんよ!

 

グズン・・ポチを頂けますと幸いです。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
◆妄想だらけのぽにの楽天ルーム ◆一切ためになることを発信しないぽにのTwitter

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在4歳、6歳の育児中。 もうすぐ3人目の出産を控える。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!