次男という不思議な生き物

次男とは、面白い生き物です。

 

私は、女3姉妹の次女として育ちました。

そのためか、自分の身体からは、

女の子しか生まれてこない

と思っていました。

科学的根拠は全くございません。

何となく・・

女の勘です。

 

さて、現在、私は5歳の長男と4歳の次男を育てております。

長男は、約1年前(年中の中期)まで保育園を嫌がる、ちょっと繊細な子供でした。

 

一方の次男、何だろ。

天然です

 

2人しか育てたことはございませんが、長男と全く違う特性を持っています。

例えば、長男は、トーマスにハマった時、登場人物の隅から隅まで暗記していました。

 

一方の次男、超、ザックリです

何なら、「あの黄色のヤツ」みたいな表現をします。

何?黄色ってあったけ?

「これこれ」

ジェームス

なるほど。

ジェームスな。

黄色じゃないし。

そもそも、色もザックリ覚えているため、赤を平気で『黄色』と言ってくる。

それでも気にしません。

 

保育園でも先生方にウケが良い。

何度もお伝えしておりますが、先生方は私のことを

次男君のお母さん

と言います。

長男が年長組にいるのに・・

 

この間、敬老参観があり、実家の父が保育園の長男のクラスを観に行ってくれました。

オートロックの保育園に入る際に、先生に名前を聞かれたそうです。

父は、長男の下の名前を告げました。

仮に、太郎君としましょう。

 

先生は、

「小太郎君ですか?倫太郎君ですか?」

と聞いたそうです。

『太郎』が園児は結構いるようで、迷っているようでした。

 

父は、太郎です。弟は、次郎です。

と答えると、先生はすぐに、

「分かりました!次郎君のおじいちゃんですね!」

と言ったそうです。

 

・・ちょっと切ないですが、まぁしょうがない。

 

でも、次男、

世の中で一番カッコよくて、

憧れていて、大好きなのは、

実は母の私ではなく、

長男

 

これは、彼がしゃべり始めた時から変わりません。

 

次男は、自分のクラスの友達のことはザックリしか覚えていませんが、

長男のクラスの名前は丸暗記しています。

 

どんだけ~~~

明らかなる大ファンです。

 

物欲があまりない次男は、自らの誕生日のプレゼントも、

『長男が欲しいモノ』を選びます。

 

子供達には2歳頃から、自分達でプレゼントを選ばせています。

次男、ほぼ全て、長男の要望を取り入れています。

 

と申しますか、

長男のセレクト=自分が欲しかったオモチャ

になっているような気がします。

 

ちょっと前の4歳の誕生日、仮面ライダー(ゼロワン)のベルトを購入しました。

 

もちろん、長男の進言があってのこと。

「これで、ライダーになれるよ。」

目を輝かせた次男は、意気揚々とベルトを要望し、親の私達もそれを与えました。

 

家に帰り、長男と一緒にガサガサと開封。

ライダーのベルトは、数年前にお下がりでもらった仮面ライダーゴーストも持っているので、遊び方は分かるはずです。

 

「お母さん、つけて~」

とテンション高めにおねだりされました。

 

ガチャン!ガチャン!

しばし、いろいろ試した次男。

 

長男が、「次、貸してな~」と離れた所から言っています。

 

何度もベルトを試す次男。

ガチャガチャーー

神妙な顔つきになってきました。

 

とうとう、私の所にきて、困った顔でこう言いました。

 

「お母さん、変身しない」

 

・・・そうか。

 

長男に言われた、「仮面ライダーになれるよ」。

アニキが言うなら間違いないと思っていたようです。

 

私は、

「残念やけど2019年の値段と技術では、変身は難しいわ。今回は、諦めて。」

と諭しました。

 

次男「そうなんだ~♪」

 

と持前の切り替えの早さで、

何もなかったように遊び始めました。

 

この次男の諦めの早さや、こだわりがあるのかないのか分からない天然っぷりに、私達夫婦は何度も助けられています。

 

長男はへそを曲げ易く、

小さなことで拗ねるので、

手を焼いたり、どうしても叱る機会が多くなります。

 

その度に、真っ赤になった次男が私にタックルをしてきます。

もう、サクラジャパンそのものです。

猛烈な勢いで、

「にいにをいじめるな~~」

と私に突っ込んできます。

明らかに長男が悪くても、彼の味方をします。

 

もちろん、兄弟喧嘩も沢山しますし、常に仲良しという訳ではないです。

でも、私がふんわり想像していた男兄弟よりも、仲が良いと思います。

 

では、長男は、次男を好きか?

ええ。もちろん。

自分の人生で一番好きなのは、「次男とお母さん。お父さんはその次。」と言っています(夫はその度にオメオメ泣いています)。

 

そんな我が家、

家族で妊婦検診に行ってきました

 

エコーで赤ちゃんを確認。

小さい姿が写っています。

長男も次男も、モニターをガン見。

 

赤ちゃんの足の付け根から何かが見えました。

んんん??

 

先生「お母さん、性別、知りたい派ですか?」

 

ええ。

でも、見えましたよ。

素人でも分かります。

これは・・

 

先生「おそらく、男の子ですね」

 

はい。そのようで。

我が家は、男3兄弟になるようです。

 

自分から女の子が生まれるという、女の勘は見事に外れました。

しかも3回とも。

ははは~~

 

いずれにしても、

2020年が、楽しみです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(秋バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

【コメント欄について】

申し訳ございませんが、現在、妊娠中でコメント対応をお休みしております。よろしければ、Twitterにお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!